伐採地の滝/Lumbering Falls

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(参考)
 
6行: 6行:
  
 
スタンダードでは[[緑白青トークン|バントトークン]]や[[5色デッキ#タルキール覇王譚ブロック+マジック・オリジン+戦乱のゼンディカー・ブロック期|5色コントロール]]で採用されている。
 
スタンダードでは[[緑白青トークン|バントトークン]]や[[5色デッキ#タルキール覇王譚ブロック+マジック・オリジン+戦乱のゼンディカー・ブロック期|5色コントロール]]で採用されている。
 +
 +
*カード名の Lumbering には「伐採」に関する意味もあるが、動き回る土地というフレーバーも加味すると形容詞用法の「(重い足取りで)進む」とする方が意味が通りそうだ。
  
 
==関連カード==
 
==関連カード==

2020年3月26日 (木) 07:05時点における最新版


Lumbering Falls / 伐採地の滝
土地

伐採地の滝はタップ状態で戦場に出る。
(T):(緑)か(青)を加える。
(2)(緑)(青):ターン終了時まで、伐採地の滝は呪禁を持つ緑であり青である3/3のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。これは土地でもある。


緑青ミシュラランドは、3/3呪禁持ち。

呪禁によって単体除去に強く、P/Tもそれなりに高い。回避能力は持たないため、どちらかと言えば除去打ち消しブロッカーを排除しやすいコントロールデッキ向けの性能と言える。ただし登場時のスタンダードには対抗色2色地形が不足しているため、ビートダウンでも採用する価値は高い。

スタンダードではバントトークン5色コントロールで採用されている。

  • カード名の Lumbering には「伐採」に関する意味もあるが、動き回る土地というフレーバーも加味すると形容詞用法の「(重い足取りで)進む」とする方が意味が通りそうだ。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

戦乱のゼンディカー・ブロック対抗色ミシュラランドサイクルタップインデュアルランドでもあり、対応する2マナ支払うことでクリーチャー化する。

[編集] 参考

QR Code.gif