人質取り/Hostage Taker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hostage Taker / 人質取り (2)(青)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) 海賊(Pirate)

人質取りが戦場に出たとき、アーティファクト1つかクリーチャー1体を対象とし、人質取りが戦場を離れるまでそれを追放する。そのカードが追放され続けているかぎり、あなたはそのカードを唱えてもよい。あなたは、その呪文を唱えるために、任意のマナを望むタイプのマナであるかのように支払ってもよい。

2/3

WHISPERのテキストは最新のオラクルに未対応です。対象の文は「他のクリーチャー1体かアーティファクト1つを対象とし」に読み替えてください。

放逐する僧侶/Banisher Priest系の能力を持った海賊ルール文章の前半だけ読むとまるでカードのようだが、コストさえ支払えば誘惑蒔き/Sower of Temptation龍王シルムガル/Dragonlord Silumgarなどのコントロール奪取のような挙動をする点が青黒らしい。

誘惑撒きなどに比べると唱える分のコストがかかるものの、一度唱えてしまえばこのカードが除去されても奪取したカードのコントロールが相手に戻らないのは大きな強み。そのため唱えたあとはこのカード自身も遠慮なく戦闘に参加させることができる。

アーティファクトクリーチャーの両方に対応できるため、単に擬似除去としても汎用性が高い。本来青黒では難しいアーティファクト対策ができる点も強み。もちろん、フィニッシャーを味方につけることができれば大きくアドバンテージを稼げる。

  • 既存の放逐/Banish系クリーチャーと違い「他の」が抜けてしまっていたため、発売と同時に訂正が発表された。
  • 人質を取っている割には、攻撃を躊躇させるような機能はない。むしろ人質を取り戻したいのであれば速やかに除去戦闘を試みるのが効果的である。

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif