乱脈な気孔/Shambling Vent

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
6行: 6行:
  
 
[[構築]]で[[白黒]]を含む[[ミッドレンジ]]、コントロール全般に投入されている。
 
[[構築]]で[[白黒]]を含む[[ミッドレンジ]]、コントロール全般に投入されている。
 +
 +
*カード名の Shambling には「よろよろ歩く」という意味があり([[よろめくグール/Shambling Ghoul]]など)、ミシュラランドである事も考えればこちらの意味合いが強いかもしれない。
 +
 
==関連カード==
 
==関連カード==
 
===サイクル===
 
===サイクル===

2020年3月26日 (木) 07:03時点における最新版


Shambling Vent / 乱脈な気孔
土地

乱脈な気孔はタップ状態で戦場に出る。
(T):(白)か(黒)を加える。
(1)(白)(黒):ターン終了時まで、乱脈な気孔は絆魂を持つ白であり黒である2/3のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。これは土地でもある。


白黒ミシュラランドは、2/3絆魂持ち。

起動にかかるのは3マナと比較的軽量でありながら、絆魂によってダメージレースを制する力が高い。回復手段を土地スロットで用意できるというのはコントロールデッキアグロの中盤戦にとって大きな意味を持つ。

構築白黒を含むミッドレンジ、コントロール全般に投入されている。

  • カード名の Shambling には「よろよろ歩く」という意味があり(よろめくグール/Shambling Ghoulなど)、ミシュラランドである事も考えればこちらの意味合いが強いかもしれない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

戦乱のゼンディカー・ブロック対抗色ミシュラランドサイクルタップインデュアルランドでもあり、対応する2マナ支払うことでクリーチャー化する。

[編集] 参考

QR Code.gif