不朽

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
不朽/Embalm
種別 起動型能力
登場セット アモンケット
CR CR:702.127

不朽(ふきゅう)/Embalmは、アモンケットで登場したキーワード能力。その能力を持つカード墓地にある場合にのみ機能する起動型能力である。


Trueheart Duelist / 信念の決闘者 (1)(白)
クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)

各戦闘で、信念の決闘者は追加で1体のクリーチャーをブロックできる。
不朽(2)(白)((2)(白),あなたの墓地からこのカードを追放する:マナ・コストと不朽を持たない白のゾンビ(Zombie)・人間(Human)・戦士(Warrior)であることを除き、これのコピーであるトークンを1体生成する。信念の決闘者はソーサリーとしてのみ行う。)

2/2


Vizier of Many Faces / 多面相の侍臣 (2)(青)(青)
クリーチャー — 多相の戦士(Shapeshifter) クレリック(Cleric)

多面相の侍臣が不朽を行われていたなら、あなたはそのトークンを、マナ・コストを持たず、白であり、それを他のタイプに加えてゾンビ(Zombie)であることを除き、戦場にある他のクリーチャー1体のコピーとして戦場に出してもよい。そうでないなら、あなたはこれを戦場にある他のクリーチャー1体のコピーとして戦場に出してもよい。
不朽(3)(青)(青)

0/0

[編集] 定義

不朽 [コスト]/Embalm [コスト]は、「[コスト], このカードをあなたの墓地から追放する:であり、マナ・コストを持たず、これの他のタイプに加えてゾンビであることを除き、このカードのコピーであるトークンを1体生成する。この能力は、あなたがソーサリー唱えられるときにのみ起動できる。」を意味する。

トークンが「不朽を行われる/embalmed」とは、それが不朽能力の解決により生成されることである。

[編集] 解説

古代エジプトの代名詞の1つであるミイラのフレーバーを元にしたメカニズム。アモンケットでは以外の各色に存在するが、主にに割り振られている。

アモンケットのトークン・カードには不朽を持つカードすべてに対応するトークン・カードが収録されている。

[編集] ルール

  • そのトークンは、他のタイプに加えてゾンビでもあり、他の色の代わりに白である。それはマナ・コストを持たず、その点数で見たマナ・コストは0である。これらはそのトークンのコピー可能な値であり、他の効果によってコピーされ得る。
  • 元のクリーチャー・カードは不朽のコストとして追放される。不朽に対応して墓地のカードを追放することで不朽を妨害することはできない。
  • トークン・カードには不朽は書かれていないが、実際は不朽を失うわけではない。ター一門の散兵/Tah-Crop Skirmisherのトークンは実際の特性バニラではないので、ムラガンダの印刻/Muraganda Petroglyphs効果を受けることはできない。
    • 日本語版カードの注釈文には、トークンは不朽を持たないというルールに存在しない文章が追加されている。日本語版リリース・ノートによれば、トークン・カードと整合を取るためである。
    • WHISPERの注釈文には誤りがある。「不朽はソーサリーとしてのみ行う」が「[クリーチャー]はソーサリーとしてのみ行う」となっている。

[編集] その他

  • Embalmとは「ミイラを作成する」「死体に防腐処理をする」といった意味。エンバーミングと言えば分かる人もいるだろう。日本語にはこれに相当する語が無いため「不朽」という語が充てられている(参考)が、一見してミイラ関連の能力と分かりづらいのは残念なところ。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif