不屈の巡礼者、ゴロス/Golos, Tireless Pilgrim

提供:MTG Wiki

2019年10月16日 (水) 10:08時点におけるブラー (トーク | 投稿記録)による版
移動: 案内, 検索

Golos, Tireless Pilgrim / 不屈の巡礼者、ゴロス (5)
伝説のアーティファクト クリーチャー — スカウト(Scout)

不屈の巡礼者、ゴロスが戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから土地カード1枚を探し、そのカードをタップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。
(2)(白)(青)(黒)(赤)(緑):あなたのライブラリーの一番上からカードを3枚追放する。このターン、あなたはそれらをそれらのマナ・コストを支払うことなくプレイしてもよい。

3/5

ETB能力土地サーチし、5色起動コストライブラリーの一番上から3枚をマナ・コストを支払うことなくプレイ可能にできる伝説のアーティファクト・クリーチャー

ETB能力は汎用性こそあるが、ただ土地を増やす目的に使うにはマナ・コストに見合ったものとは言えない。ライブラリーからあらゆる土地をサーチすることができるため、デッキキーカードとなりうる基本でない土地をサーチするといった目的を持って初めて価値のある能力と言えるだろう。

やはりマナ・コストが只になる衝動的ドロー3枚という派手な起動型能力が特徴。57マナが必要だが、ETB能力である程度はサポートできるため順調に行けば次のターンには起動できる。ゴロス自身が多色ランプ戦略を推奨しているため、重めカード手札に来てしまっても普通に唱える選択肢も取れる。

大ぶりな能力からスタンダードよりカジュアルな統率者ブロール向けの伝説のクリーチャーかと思われたが、同基本セット2020収録の強力な土地カード、死者の原野/Field of the Deadとの相性の良さが注目された。死者の原野の貴重なサーチ手段でありいつ出しても有効、死者の原野の能力との兼ね合いで5色化する意義ができたため起動コストを支払える可能性がある、しかも本人は無色なので色事故リスクもないと相方として非常に優れた存在となっている。

登場時のスタンダードでは死者の原野と組んでスケープシフトターボゲートなどで採用された。ローテーション後はゴロス・ランプとしてトップメタデッキの看板にまで昇り詰めている。

リミテッドではほぼETB能力目当てと思いがちだが、先述の通り自力で任意の土地を持ってこれるため、他のマナサポートと合わせると案外5色揃ってしまうことも。基本セット2020環境では、マナ加速しつつ好きな色のマナが出せる楽園の贈り物/Gift of Paradiseがベストパートナー。仮に色が揃わなかったとしても、そのままランプデッキとして動けるため、リスクも大きくない。一方、起動コストが7マナと重いため、プリズマイト/Prismiteによるマナフィルターにはあまり期待しないほうがよい。

参考

QR Code.gif