不可解な終焉/Baffling End

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
3行: 3行:
 
[[絹包み/Silkwrap]]の変形版。戦場を離れると[[追放]]された[[クリーチャー]]が[[恐竜]][[トークン]]になって戻ってくる。
 
[[絹包み/Silkwrap]]の変形版。戦場を離れると[[追放]]された[[クリーチャー]]が[[恐竜]][[トークン]]になって戻ってくる。
  
[[環境]]にもよるが[[構築]]における強力なクリーチャーは[[点数で見たマナ・コスト]]が3以下であっても3/3[[トランプル]]より厄介であることが多く、それを2[[マナ]]で除去できるこのカードは絹包みと比較しても決して引けを取らない。また[[赤]]や[[黒]]は[[エンチャント]]を除去できないため、それらの[[色]]の[[アグロ]]に対しては有力な除去になりうる。構築で使われるかどうかは[[メタゲーム]]次第か。
+
[[環境]]にもよるが[[構築]]における強力なクリーチャーは[[点数で見たマナ・コスト]]が3以下であっても3/3[[トランプル]]より厄介であることが多く、それを2[[マナ]]で除去できるこのカードは絹包みと比較しても決して引けを取らない。また[[赤]]は[[エンチャント]]を除去できないため、それらの[[色]]の[[アグロ]]に対しては有力な除去になりうる。構築で使われるかどうかは[[メタゲーム]]次第か。
  
 
[[リミテッド]]でも使いやすい[[除去]]だが、相対的に3/3トークンが強力な戦力となるため、戦場を離れた際のリスクは大きくなる。特に対戦相手が恐竜[[デッキ]]を使っている場合は恐竜トークンを有効活用されやすく注意が必要。
 
[[リミテッド]]でも使いやすい[[除去]]だが、相対的に3/3トークンが強力な戦力となるため、戦場を離れた際のリスクは大きくなる。特に対戦相手が恐竜[[デッキ]]を使っている場合は恐竜トークンを有効活用されやすく注意が必要。

2020年5月23日 (土) 08:28時点における版


Baffling End / 不可解な終焉 (1)(白)
エンチャント

不可解な終焉が戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしていて点数で見たマナ・コストが3以下であるクリーチャー1体を対象とし、それを追放する。
不可解な終焉が戦場を離れたとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはトランプルを持つ緑の3/3の恐竜(Dinosaur)クリーチャー・トークンを1体生成する。


絹包み/Silkwrapの変形版。戦場を離れると追放されたクリーチャー恐竜トークンになって戻ってくる。

環境にもよるが構築における強力なクリーチャーは点数で見たマナ・コストが3以下であっても3/3トランプルより厄介であることが多く、それを2マナで除去できるこのカードは絹包みと比較しても決して引けを取らない。またエンチャントを除去できないため、それらのアグロに対しては有力な除去になりうる。構築で使われるかどうかはメタゲーム次第か。

リミテッドでも使いやすい除去だが、相対的に3/3トークンが強力な戦力となるため、戦場を離れた際のリスクは大きくなる。特に対戦相手が恐竜デッキを使っている場合は恐竜トークンを有効活用されやすく注意が必要。

  • 2つの能力は独立して機能する。
  • イラストには海賊と思しき人型の影と、それを見つめる恐竜が描かれている。

参考

QR Code.gif