下位互換

提供:MTG Wiki

2018年8月24日 (金) 01:44時点におけるTaxin (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

下位互換 (Strictly Worse)とは、カードの性能の比較で用いられることがある表現。


Giant Octopus / 大ダコ (3)(青)
クリーチャー — タコ(Octopus)

3/3


Weldfast Wingsmith / 速接会の翼鍛冶 (3)(青)
クリーチャー — 人間(Human) 工匠(Artificer)

アーティファクトが1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、ターン終了時まで、速接会の翼鍛冶は飛行を得る。

3/3


Phantom Monster / 幻影獣 (3)(青)
クリーチャー — イリュージョン(Illusion)

飛行

3/3

同じ能力でありながらマナ・コスト重いとか、同じマナ・コストでありながらパワータフネスが低いなど、2種のカードを比べた時に一方がもう一方に明らかに劣るような場合を言う。例えば、大ダコ/Giant Octopus速接会の翼鍛冶/Weldfast Wingsmithの下位互換であり、速接会の翼鍛冶と大ダコはそれぞれ幻影獣/Phantom Monsterの下位互換である。

詳細な解説は上位互換の項を参照。

  • ソフトウェア・ハードウェアの用語の「下位互換(Lower Compatibility)」とは意味が異なる(→Wikipedia:ja:下位互換参照)。

[編集] 参考

QR Code.gif