万能薬/Panacea

提供:MTG Wiki

2018年8月10日 (金) 18:46時点におけるTaxin (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Panacea / 万能薬 (4)
アーティファクト

(X)(X),(T):クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。このターン、それに与えられる次のダメージをX点軽減する。


ダメージ軽減を行うアーティファクト

コストタップを含むため1ターンに1回しか使えないが、マナ次第では結構な軽減が可能。対象に制限がない事も含め、リミテッドでは有用。構築は、あまり軽減カードは使われないのとマナ・コストが少々重いので、無理があるか。

  • 起動コスト効果のXは、いずれも同じ値をとる。例えば、2点軽減したいなら4マナ支払う必要がある。
    • コストに(X)を2つ含むカードは当時まだ珍しく、これについての質問が雑誌やウェブの質問コーナーなどでよく見られた。同様のカードに第6版で再録されていた回想/Recallなどがある。
  • ひどすぎた(=弱すぎた)ラカライト/Rakaliteの調整版と言えなくもない。
  • 万能薬という名前なのにアーティファクト。ちょっと変な気がしないでもない。イラストを見る限り、それ(=万能薬)を作る容器のようにも見える。

[編集] 参考

QR Code.gif