ヴィンテージ

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(禁止カード)
 
2行: 2行:
  
 
==解説==
 
==解説==
[[マジック:ザ・ギャザリング|マジック]]に存在する[[カード]]をほとんどすべて使うことができる。
+
[[マジック:ザ・ギャザリング|マジック]]に存在する[[カード]]をほとんどすべてを使うことができる。
  
[[禁止カード]]になっているのは、[[策略]]カード、[[アンティ]]に関するカード以外ではたったの3枚だけであり、それらはいずれもカードを高いところからはじいたり[[サブゲーム]]をしたりと言った、ゲームバランスとは別のところで問題があるものである。それ以外は、[[パワー9]]をはじめとするどんな[[パワーカード]]であっても[[制限カード]]止まりであり、1枚であれば使用することができる。
+
[[禁止カード]]の数はごく限られており、[[策略]]カード、[[アンティ]]に関するカードの他には、「カードを高いところからはじく」「[[サブゲーム]]を始める」と言ったゲームプレイとは別のところで問題があるものや、[[相棒]]のような[[メカニズム]]自体が制限カード指定を無意味にしてしまうものなどである。
 +
 
 +
[[環境]]における[[メタゲーム]]のバランス調整は基本的にはカードを[[制限カード]]に指定することで行われ、これにより[[パワー9]]をはじめとした[[パワーカード|強力なカード]]であっても1枚は使用することができる。
 +
 
 +
マジックの黎明期から[[プレイ]]しているような古参の[[プレイヤー]]が多いが、上記パワー9のようなカードを一種の「ゴール」として目指した結果参入したプレイヤーたちも少なくない。
  
 
*[[プレミアイベント]]の[[サイドイベント]]などで行われているので、興味のある方は観戦してみてはいかがだろう。大都市圏や東海地方では草の根大会の数もそれなりに存在しているため、参戦・観戦の機会は意外と多い。また、[[Magic Online]]でも[[Vintage Masters]]の発売に伴いヴィンテージのフォーマットが開始されたため、こちらでも参戦・観戦は容易。Magic Onlineではパワー9をはじめとする高額カードも紙と比べると一部を除いて非常に安価で入手可能なため、比較的現実的な値段で[[デッキ]]を組んで参戦することが可能となっている。
 
*[[プレミアイベント]]の[[サイドイベント]]などで行われているので、興味のある方は観戦してみてはいかがだろう。大都市圏や東海地方では草の根大会の数もそれなりに存在しているため、参戦・観戦の機会は意外と多い。また、[[Magic Online]]でも[[Vintage Masters]]の発売に伴いヴィンテージのフォーマットが開始されたため、こちらでも参戦・観戦は容易。Magic Onlineではパワー9をはじめとする高額カードも紙と比べると一部を除いて非常に安価で入手可能なため、比較的現実的な値段で[[デッキ]]を組んで参戦することが可能となっている。

2020年5月19日 (火) 00:14時点における最新版

主な公式フォーマット

ヴィンテージ/Vintageとは、公式フォーマットの1つ。エターナルフォーマットの1つとして分類されている。昔はタイプ1と呼ばれていたが、2004年9月20日から名称が変更になった。それまではタイプ1とタイプ1.5の総称、今で言うエターナルをヴィンテージと呼んでいた。

目次

[編集] 解説

マジックに存在するカードをほとんどすべてを使うことができる。

禁止カードの数はごく限られており、策略カード、アンティに関するカードの他には、「カードを高いところからはじく」「サブゲームを始める」と言ったゲームプレイとは別のところで問題があるものや、相棒のようなメカニズム自体が制限カード指定を無意味にしてしまうものなどである。

環境におけるメタゲームのバランス調整は基本的にはカードを制限カードに指定することで行われ、これによりパワー9をはじめとした強力なカードであっても1枚は使用することができる。

マジックの黎明期からプレイしているような古参のプレイヤーが多いが、上記パワー9のようなカードを一種の「ゴール」として目指した結果参入したプレイヤーたちも少なくない。

  • プレミアイベントサイドイベントなどで行われているので、興味のある方は観戦してみてはいかがだろう。大都市圏や東海地方では草の根大会の数もそれなりに存在しているため、参戦・観戦の機会は意外と多い。また、Magic OnlineでもVintage Mastersの発売に伴いヴィンテージのフォーマットが開始されたため、こちらでも参戦・観戦は容易。Magic Onlineではパワー9をはじめとする高額カードも紙と比べると一部を除いて非常に安価で入手可能なため、比較的現実的な値段でデッキを組んで参戦することが可能となっている。

[編集] 傾向

Moxをはじめとするマナ基盤が極めて強力なため、環境は総じて高速。特に速度に特化したコンボデッキでは、1ターンキルを始めとした超高速での決着もしばしば発生する。また通常のデッキでも、1ターン目での無限ターン成立や修繕/Tinkerから超巨大クリーチャー降臨など、スタンダードしかやらない人にとっては信じ難い展開が見受けられる。

とはいえ、パワーカードを使った瞬殺や極端に速いリソースの展開は強烈な印象を持つためか、この辺が過剰に解釈され、バランスも何もないぶっ壊れたフォーマットと認識されがちだが、実際には速度のみが重要視される訳ではない。それも、あくまで勝つ確率を高めるための1つの手段に過ぎないのである。ただ、勝率を高めるために何かに突出していこうとする傾向は強い。コンボデッキでは速度や確実性、コントロールでは一度コントロールするとそのままゲームが決まったり、なかなか抜け出せないような強いコントロール力を発揮することで、勝ちを見出している。アグロの場合は攻撃力を犠牲にする代わりにメタゲームを利用し、戦略性に特化したデッキが多い。

とにかくパワー9を全てそろえないと戦線に立てないようなイメージがあるが、そういうわけではない。ヴィンテージはコンボデッキやアーティファクト系デッキがメタの中心にあり、クリーチャー対策が割と甘いため、制限カードを1枚も使用していなくとも、メタを上手く読んだフィッシュ系のウィニーデッキが高額カード満載のデッキを打ち倒す場面は少なくない[1]。その意味で、しっかりした環境対策ができれば、どんなデッキでもそれなりの勝負にはなる環境ではある(ただ、勿論のことながら、それらもパワー9、特にMoxのようなマナ加速の類を入れればさらに強化できる)。

[編集] 使用可能カードセット

2017年9月1日現在、原則として以下のカードが使用可能である。

銀枠金枠)のカード、プレイテスト・カードと、チャレンジ・デッキなど裏面のデザインも通常とは異なるカード(両面カード合体カード除く)は、エターナルで使用することができない。

  • ポータル系列のカードは、最初期のエターナル環境では使用できなかったが、2005年10月20日から使用可能になった。

[編集] 制限カード

[編集] 禁止カード

[編集] 主なデッキ・その他

[編集] 脚注

  1. ヴィンテージにマジックを見た~ヴィンテージトーナメント観戦記~(Happymtg.com)

[編集] 参考

QR Code.gif