ロークスワインの元首、アヤーラ/Ayara, First of Locthwain

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
(3人の利用者による、間の8版が非表示)
1行: 1行:
 
{{#card:Ayara, First of Locthwain}}
 
{{#card:Ayara, First of Locthwain}}
  
[[エルドレイン/Eldraine#ロークスワイン/Locthwain|ロークスワイン/Locthwain]]の指導者である[[伝説の]][[エルフ]]・[[貴族]]。自身か他の[[黒]]の[[クリーチャー]]が[[戦場に出る]]たび[[ドレイン]]する[[誘発型能力]]と、クリーチャーを[[生け贄に捧げる|生け贄に捧げて]][[引く|ドロー]]に換える[[起動型能力]]を持つ。
+
[[ロークスワイン/Locthwain]]の指導者である[[伝説の]][[エルフ]]・[[貴族]]。自身か他の[[黒]]の[[クリーチャー]]が[[戦場に出る]]たび[[ドレイン]]する[[誘発型能力]]と、クリーチャーを[[生け贄に捧げる|生け贄に捧げて]][[引く|ドロー]]に換える[[起動型能力]]を持つ。
  
[[黒]]の[[クリーチャー]]の[[ETB]]でドレインした後、[[攻撃]]を受け止めさせつつ生け贄に捧げてドローし後続でもこの動作を続ける、典型的な[[アリストクラッツ]]戦略を1枚で実現する[[カード]]。黒のクリーチャーしか扱えないエンジンだという欠点はあるが、「生け贄は1体でよい」「このカード自体もETBでドレインを行う」といった点から、クリーチャーが並ばないと動きがおぼつかない[[スタンダード]]に存在する他のアリストクラッツエンジンよりも最低限の活躍を担保しやすい強みを持つ。伝説性のデメリットはあるが、このカードの連打のみでライフ数点の詰めが可能なのも無視できない強み。
+
[[黒]]の[[クリーチャー]]の[[ETB]]でドレインした後、[[攻撃]]を受け止めさせつつ生け贄に捧げてドローし後続でもこの動作を続ける、典型的な[[サクリファイス]]戦略を1枚で実現する[[カード]]。[[タップ能力]]なので[[無限ループ]]は難しく、黒のクリーチャーしか扱えないエンジンだという欠点はあるが、「生け贄は1体でよい」「このカード自体もETBでドレインを行う」といった点から、クリーチャーが並ばないと動きがおぼつかない[[スタンダード]]に存在する他の[[サクり台]]よりも最低限の活躍を担保しやすい強みを持つ。伝説性のデメリットはあるが、このカードの連打のみでライフ数点の詰めが可能なので膠着状態も打破しやすいのが強み。
  
どちらかといえばライフを重視した戦略に向いており、[[大釜の使い魔/Cauldron Familiar]]+[[魔女のかまど/Witch's Oven]][[コンボ]]との併用は[[対戦相手]]の攻撃をいなしつつ数[[ターン]]で優に致死量のライフを吸い取る事ができ強力である。
+
どちらかといえばライフを重視した戦略に向いており、[[大釜の使い魔/Cauldron Familiar]][[魔女のかまど/Witch's Oven]][[コンボ]]との併用は[[対戦相手]]の攻撃をいなしつつ数[[ターン]]で優に致死量のライフを吸い取ることができ強力である。ただし、[[トリプルシンボル]]の[[色拘束]]が苦しいため、[[デッキ]]によっては似た役割をこなせる別の代替カードが用いられることも多く、[[赤黒]]では[[波乱の悪魔/Mayhem Devil]]や[[災いの歌姫、ジュディス/Judith, the Scourge Diva]]、[[白黒]]では[[残酷な祝賀者/Cruel Celebrant]]が優先されがち。[[サクり台]]を兼任しているという独自の長所を活かしたい。
 +
 
 +
[[スタンダード]]では[[黒ウィニー#ラヴニカのギルド~基本セット2021期|黒単アグロ]]や[[サクリファイス#ラヴニカのギルド~基本セット2021期|黒単サクリファイス]]で採用されるが、大きな結果は残せていない。
  
 
*誘発型能力は[[多人数戦]]の場合各対戦相手のライフを失わせるが、得られるライフは失わせたライフの総量にかかわらず1点である。
 
*誘発型能力は[[多人数戦]]の場合各対戦相手のライフを失わせるが、得られるライフは失わせたライフの総量にかかわらず1点である。
11行: 13行:
 
==関連カード==
 
==関連カード==
 
===サイクル===
 
===サイクル===
{{サイクル/エルドレインの王権の指導者}}
+
{{サイクル/エルドレインの王権のトリプルシンボルの伝説のクリーチャー}}
  
 
==ストーリー==
 
==ストーリー==
'''アヤーラ'''/''Ayara''は[[エルドレイン/Eldraine]]の[[エルフ]]。女性。[[エルドレイン/Eldraine#王国/The Realm|王国/The Realm]]側に残った数少ないエルフであり、[[エルドレイン/Eldraine#ロークスワイン/Locthwain|ロークスワイン/Locthwain]]の指導者。
+
'''アヤーラ'''/''Ayara''は[[エルドレイン/Eldraine]]の[[エルフ]]。女性。[[エルドレイン/Eldraine#王国/The Realm|王国/The Realm]]側に残った数少ないエルフであり、[[ロークスワイン/Locthwain]]の指導者。
 +
 
 +
詳細は[[アヤーラ/Ayara]]を参照。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[トリプルシンボルカード]]
 
*[[トリプルシンボルカード]]
*[[エルドレイン/Eldraine#ロークスワイン/Locthwain|ロークスワイン/Locthwain]]([[背景世界/ストーリー用語]])
+
*[[ロークスワイン/Locthwain]]([[背景世界/ストーリー用語]])
 
*[[カード個別評価:エルドレインの王権]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:エルドレインの王権]] - [[レア]]
 
__NOTOC__
 
__NOTOC__

2020年5月28日 (木) 09:59時点における最新版


Ayara, First of Locthwain / ロークスワインの元首、アヤーラ (黒)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — エルフ(Elf) 貴族(Noble)

ロークスワインの元首、アヤーラか他の黒のクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、各対戦相手はそれぞれ1点のライフを失い、あなたは1点のライフを得る。
(T),他の黒のクリーチャー1体を生け贄に捧げる:カードを1枚引く。

2/3

ロークスワイン/Locthwainの指導者である伝説のエルフ貴族。自身か他のクリーチャー戦場に出るたびドレインする誘発型能力と、クリーチャーを生け贄に捧げてドローに換える起動型能力を持つ。

クリーチャーETBでドレインした後、攻撃を受け止めさせつつ生け贄に捧げてドローし後続でもこの動作を続ける、典型的なサクリファイス戦略を1枚で実現するカードタップ能力なので無限ループは難しく、黒のクリーチャーしか扱えないエンジンだという欠点はあるが、「生け贄は1体でよい」「このカード自体もETBでドレインを行う」といった点から、クリーチャーが並ばないと動きがおぼつかないスタンダードに存在する他のサクり台よりも最低限の活躍を担保しやすい強みを持つ。伝説性のデメリットはあるが、このカードの連打のみでライフ数点の詰めが可能なので膠着状態も打破しやすいのが強み。

どちらかといえばライフを重視した戦略に向いており、大釜の使い魔/Cauldron Familiar魔女のかまど/Witch's Ovenコンボとの併用は対戦相手の攻撃をいなしつつ数ターンで優に致死量のライフを吸い取ることができ強力である。ただし、トリプルシンボル色拘束が苦しいため、デッキによっては似た役割をこなせる別の代替カードが用いられることも多く、赤黒では波乱の悪魔/Mayhem Devil災いの歌姫、ジュディス/Judith, the Scourge Diva白黒では残酷な祝賀者/Cruel Celebrantが優先されがち。サクり台を兼任しているという独自の長所を活かしたい。

スタンダードでは黒単アグロ黒単サクリファイスで採用されるが、大きな結果は残せていない。

  • 誘発型能力は多人数戦の場合各対戦相手のライフを失わせるが、得られるライフは失わせたライフの総量にかかわらず1点である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権トリプルシンボル伝説のクリーチャーサイクル。自身と同じオブジェクトを参照する能力を持つ。稀少度レア

公式記事「Singing in the Eldraine/エルドレインに唄えば」では、エルドレイン/Eldraineの五つの宮廷の指導者を描いた貴族のサイクルであるとされているが、ガドウィックのクリーチャー・タイプは貴族ではない。またトーブランはエンバレス/Emberethの関係者ではあるが、指導者ではない。

[編集] ストーリー

アヤーラ/Ayaraエルドレイン/Eldraineエルフ。女性。王国/The Realm側に残った数少ないエルフであり、ロークスワイン/Locthwainの指導者。

詳細はアヤーラ/Ayaraを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif