ヨーグモス/Yawgmoth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ヨーグモス/Yawgmothは、ウェザーライト・サーガのキャラクターにしてウェザーライト・サーガ最大の悪役。

目次

[編集] 解説

ファイレクシア/Phyrexiaを統べる「荒廃の王/Lord of the Wastes」にして「機械の始祖/Father of Machines」。多相の戦士(シェイプシフター)でもある。

もともとは古代スラン帝国人間であったが、その姿は異形の怪物と成り果てている。人間時代は筋肉質で背が高い男だったが、INQUEST誌で公開された「機械の始祖」としてのイラストでは、ローブに覆われていてその姿をはっきりと見ることができず、頭部は虚ろな髑髏でローブの下からは無数の触手が出ている。

[編集] 前半生

スラン帝国における優生学者/Eugenicistという一派は、肉体を人工的に改造することでより優れた生命を生み出そうとする思想を持っていた(後のファイレクシアの技術の源流である)。しかしこの一派は主流派にはなりえず、異端として追放された。若き日のヨーグモスも優生学者であった。

追放された優生学者一派はドミナリア各地を放浪していたが、その時期のヨーグモスはおぞましい残虐な所業―彼に言わせれば「研究」のための「実験」―に手を染めていた。以下はそのほんの一例である。

  • 猫人の国に狂犬病(rabies)を流行させ、彼らが互いを爪で引き裂き殺し合う様子を記録した。
  • オリン/Orynの伝統あるドワーフの王国に黒咳病/Black Coughを流行させた上で労働者階級の反乱を扇動し、1000年の伝統あるドワーフ王国を滅ぼした。
  • 癒し手12人を拉致した上で、アルゴス/Argothエルフに悪性の疫病を撒き散らした。癒し手の返還と疫病の治療手段を求めてきたら身代金を要求し、支払いが確認されたら癒し手全員の死体と「治療薬」(実際はただの砂糖水)を送付した。
  • タールルーム・ミノタウルス/Talruum Minotaurに白死病/White Deathを感染させて観察した。
  • シヴ/Shivヴィーアシーノを生きたまま解剖した、あるいは脊髄を抜き取った。
  • 人間の集落に毒を放って汚染した。

そんなある日、当時最高のアーティファクト使いであるグレイシャン/Glacianが下層市民の一人ギックス/Gixによってパワーストーン/Powerstoneで刺されるという事件が起きた。その怪我のあと、グレイシャンは奇妙な後遺症(後のファイシス症)に悩まされることになった。この症状は魔法では治療ができなかったため、グレイシャンの妻レベック/Rebbecによって優生学技術による治療のためヨーグモスが呼び戻された。

ヨーグモスはファイシス症がパワーストーンの放射によって起きたこと、またパワーストーン鉱山の近くに住んでいる最下層の不可触民たちも同じ症状に悩まされていることを突き止めた。これを聞きつけたギックスは、不可触民を扇動してスラン帝国中枢への叛逆を企てようとした。ヨーグモスはこれを巧みに利用し、反乱鎮圧とファイシス症治療のためと称してハルシオン/Halcyonの貴族たちから資金と権力を得るとともに、「鎮圧」した不可触民たちを工作員としてハルシオンの街に紛れ込ませた。すなわち、血清治療に成功したものは政敵に対する暗殺者として、そして治療を施していないものはファイシス症をより流行させるための感染源として。このファイシス症の新流行を強調し公衆衛生の必要性を宣伝することで、ヨーグモスはさらなる予算を我が物にすることができたのだ。この頃、ヨーグモスはレベックとの不倫関係も結んでいる。

グレイシャンの治療中、彼を訪ねてプレインズウォーカーダヴェッド/Dyfedがやってくる。そこに居合わせたヨーグモスは多元宇宙/Multiverseの存在を知り、成り行きから人工の次元と、そこに放置された統治者の遺骸が蓄積していた膨大な知識とを手に入れることになる。ヨーグモスはその世界を「ファイレクシア」と名づけた。

[編集] スラン戦争

自分だけの楽園を得たヨーグモスはグレイシャンに作らせたアーティファクトを用いてハルシオンの警備システム/Halcyte Guardを機能停止させ、同時にギックスに大反乱を起こさせた。ハルシオンの混乱の最中、ヨーグモスはドミナリア-ファイレクシア間のポータル/Portalを開いてファイシス症患者をファイレクシアに運び込み、彼らに治療(すなわち優生学に基づく改造)を施した。スラン帝国同盟がヨーグモスの真意に気付いた時には既に遅し、ファイレクシアの王ヨーグモスと、彼に従う異形のファイレクシア人の軍勢との全面対決は避けられないものとなった。ファイレクシア・スラン戦争の開戦である。

2日目、「虚無球の戦い」においてヨーグモスが打ち上げた虚無球/Null Sphereは、人工衛星となってドミナリア/Dominaria第2の月、虚月/Null Moonとなった。この月の影響ですべてのアーティファクトは停止、その後に続いたメギド峡谷の戦い、ハルシオンの戦いでスラン文明は崩壊した。

しかし、土壇場でレベックが裏切ってファイレクシアとドミナリアを繋ぐ亡者の洞窟(後のコイロスの洞窟/Caves of Koilos)のポータル/Portalをパワーストーンで封印し、ヨーグモスはファイレクシアに封印された。この時使われたパワーストーンこそが、後にウルザ/Urzaミシュラ/Mishraによって発見されるマイトストーンウィークストーンである。そしてヨーグモスはファイレクシアの奥深くで復活の時を待つことになった。

[編集] ファイレクシア・ドミナリア戦争

そして数千年後、ファイレクシア軍はドミナリア侵攻を開始する。

戦争はドミナリア全土に拡がり、乾坤一擲を狙うウルザたちナイン・タイタンズ/Nine Titansはファイレクシアに侵入、内部からファイレクシアを直接破壊しようとする。ウルザを捕らえたヨーグモスはジェラード/Gerrardとウルザを操って戦わせ、ジェラードにウルザを殺させた。そしてハナ/Hannaに化けてジェラードを騙そうとするが、彼に正体を見抜かれ、魔法のハルバートで刺される。フレイアリーズ/Freyaliseらナイン・タイタンズの生き残りは霊魂爆弾を起動し、ファイレクシアの大部分は破壊された。

ヨーグモスは巨大な暗黒雲となり、ナイン・タイタンズのガフ提督/Commodore Guffボウ・リヴァー/Bo Levarを飲み込みつつドミナリアへ帰還、ドミナリアを第二のファイレクシアにしようとした。しかし、虚月/Null Moonが数千年間蓄積していた莫大な白マナを照射されて負傷し、一度ファイレクシアに撤退しようとするが、Stone Druid達の妨害(ラース/Rathの火山を噴火させ、唯一の出入口である火口を塞ぐ)によって果たせなかった。

そしてついには、真の力を発動したレガシー/Legacyによって消滅させられた。

[編集] ヨーグモスの生死

大戦の最終段階で死亡したとされるヨーグモスであるが、小説Scourgeカローナ/Karonaがそれぞれの色に対応する「神」を呼び寄せた際、黒の門から死んだはずのヨーグモスが姿を現し、カローナと言葉を交わしている。このためヴォーソスの中には、ヨーグモス生存説を支持する者が一定数存在した(「消滅したのは本体ではなく、機能の大部分を失いながらもファイレクシアで生存している」など)。 また、別の解釈として「ヨーグモス本人はとうの昔に死んでいて、彼の『データのようなもの』がファイレクシアの中央部に記録されている」というものもあった。

公式では幾度か「ヨーグモスはもういない」「死んだ」旨の発言がされていたが、上記や復活希望の声が消えないためか、コラム「The Golem's Legacy/ゴーレムの遺産」にて「痕跡も残らず抹消された」とあらためて明言した。

[編集] その後

次元アージェンタム/Argentumを乗っ取る形で成立した新ファイレクシア/New Phyrexiaに住む新世代のファイレクシア人たちは、時折ファイレクシアの油/Phyrexian oilが与えるインスピレーションとして始祖ヨーグモスの幻影を見る。 もともとはであり、単一化による「完成」を目論むファイレクシアだったが、ミラディン新ファイレクシア/New Phyrexiaの軍勢は5色の太陽に触れたことで多様化している。そのため、自身の派閥の目的と幻視との間に違和感を覚える新ファイレクシア人もいるようだ。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

ヨーグモス本人はカード化されてない。

[編集] カード名に登場

アンティキティー
Priest of Yawgmothヨーグモスの悪魔/Yawgmoth Demon
ウルザズ・サーガ
ヨーグモスの勅令/Yawgmoth's Edictヨーグモス騎士団/Order of Yawgmothヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will
ウルザズ・デスティニー
ヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargain
ネメシス
ヨーグモスの眼/Eye of Yawgmoth
インベイジョン
ヨーグモスの行動計画/Yawgmoth's Agenda
次元の混乱
ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth

[編集] イラストに登場

アポカリプス
次元の絶望/Planar Despair(最奥の人物)

[編集] フレイバー・テキストに登場

ストロングホールド
要塞の監督官/Stronghold Taskmaster
エクソダス
弱者選別/Culling the Weak
ウルザズ・サーガ
堕落/Corrupt暗黒の儀式/Dark Ritual真に暗き時間/Darkest Hour東の聖騎士/Eastern Paladinスカージの使い魔/Skirge Familiar卑しき死者/Unworthy Dead西の聖騎士/Western Paladin
インベイジョン
滅殺/Annihilateファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altarファイレクシアの浸透者/Phyrexian Infiltrator塹壕のワーム/Trench Wurm
プレーンシフト
死の爆弾/Death Bombファイレクシアの暴政/Phyrexian Tyrannyウルザの罪/Urza's Guilt歪んだ愛着/Warped Devotion
アポカリプス
死のわしづかみ/Death Grasp偽り/Jilt破滅的な行為/Pernicious Deed、次元の絶望/Planar Despair、魂の結合/Soul Link
第7版
ヨーグモスの勅令/Yawgmoth's Edict
アンヒンジド
Cheap Ass

[編集] 参考

QR Code.gif