ミラージュ・ブロック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ミラージュ・ブロック/Mirage Blockは、ミラージュビジョンズウェザーライトの3つのセットからなるブロック。別名ジャムーラ・サイクル(Jamuraa Cycle)。

セット名 略号 発売日 セット枚数 製品情報(WotC) カードリスト(Wisdom Guild)
ミラージュ/Mirage MI,MIR 1996年10月 350枚 製品情報 カードリスト
ビジョンズ/Visions ST,STH 1997年2月 167枚 製品情報 カードリスト
ウェザーライト/Weatherlight WL,WTH 1997年6月 167枚 製品情報 カードリスト

概要

もともと開発当初は、アイスエイジアライアンスのように独立型のミラージュとその追加セットのビジョンズの2作で構成される予定だったが、その後ブロック単位での発売、運営を行う事になったためウェザーライトが追加された。

ブロック固有のキーワード能力フェイジング側面攻撃。他にはアイスエイジから引き続き累加アップキープが登場している。また、Magic Onlineでリリースされるに際してキーワード能力「実存」がインスタントメントサイクル用に作られた。(基本セット2010での終了ステップ関連のルール変更に伴い、現在では廃語となっている。)

教示者ダイアモンドフェッチランド魔除けサイクルや優秀な187クリーチャーが登場しているほか、多色カード多色支援のカードにも恵まれている。

  • このブロックには、リバー・ボア/River Boa火炎破/Fireblast衝動/Impulseなどといった強力なコモンカードが多数存在している。
  • このブロック以降、クリーチャー・タイプの過剰な新設が控えられる(イシュトヴァーンおじ/Uncle Istvanのようなカード名とクリーチャー・タイプが同じカードが少なくなる)。
  • 大型セットであるミラージュのカード枚数は350種類で他と同じなのだが、小型セットのビジョンズとウェザーライトは167種類で後のものよりやや多かった。
  • 「ミラージュ・ブロック」までのカードセットは社外のプレイテスター・グループによって作られており、このブロックはRichard Garfieldがコントラクト・ブリッジで知り合った「ブリッジ・チーム」(ビル・ローズ、ジョエル・ミック、チャーリー・カティノ、ドン・フェリス、ハワード・ハーレンベルク、エリオット・シーガルら)によって作られている。マジックで始めてドラフト戦を導入したのも彼らである。(参考:ブロックで遊ぼう/神啓を受けて その2
  • 開発時は「見世物小屋/Menagerie」という開発名で呼ばれており、クリーチャー自体にメカニックの焦点が当てられた。マジックのセットでは初めてリミテッド環境での楽しさを念頭において作成されたのもこのブロックである。

参考

QR Code.gif