ミュータント

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(ストーリー)
 
21行: 21行:
 
;[[ラヴニカ/Ravnica]]:[[シミック連合/The Simic Combine]]
 
;[[ラヴニカ/Ravnica]]:[[シミック連合/The Simic Combine]]
 
:[[ラヴニカ・ブロック]]におけるミュータントとは、[[シミック連合/The Simic Combine]]によって造られた強化調整を可能とする生命体「細胞質胞」を埋め込まれたものである。[[ラヴニカへの回帰ブロック]]以降におけるミュータントは、[[シミック連合/The Simic Combine#混成体/Krasis|混成体/Krasis]]と呼ばれるシミック連合が魔法を用いて既存の生物から編み出した新たな形態の一つである。
 
:[[ラヴニカ・ブロック]]におけるミュータントとは、[[シミック連合/The Simic Combine]]によって造られた強化調整を可能とする生命体「細胞質胞」を埋め込まれたものである。[[ラヴニカへの回帰ブロック]]以降におけるミュータントは、[[シミック連合/The Simic Combine#混成体/Krasis|混成体/Krasis]]と呼ばれるシミック連合が魔法を用いて既存の生物から編み出した新たな形態の一つである。
:*[[ヒレバサミダコ/Sharktocrab|魚・タコ・カニ]]のように、ミュータント然とした組み合わせにもかかわらず、ミュータントでないシミックのクリーチャーは多数存在する。[[Doug Beyer]]によれば、シミックのミュータントは「遺伝子的に何らかの調整を受けた単一[[種族]]のクリーチャー」を指すとされている。前述したような複数の種族タイプを持つクリーチャーは遺伝子実験の産物(混血)であり、それらにミュータントのタイプは与えられない<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/making-magic/odds-ends-ravnica-allegiance-2019-01-28 Odds & Ends: Ravnica Allegiance]/[https://mtg-jp.com/reading/mm/0031698/ こぼれ話:『ラヴニカの献身』]([[Making Magic]] [[2019年]]1月28日 [[Mark Rosewater]]著)</ref>。
+
:*[[ヒレバサミダコ/Sharktocrab|魚・タコ・カニ]]」のように、ミュータント然とした組み合わせにもかかわらず、ミュータントでないシミックのクリーチャーは多数存在する。[[Doug Beyer]]によれば、シミックのミュータントは「遺伝子的に何らかの調整を受けた単一[[種族]]のクリーチャー」を指すとされている。前述したような複数の種族タイプを持つクリーチャーは遺伝子実験の産物(混血)であり、それらにミュータントのタイプは与えられない<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/making-magic/odds-ends-ravnica-allegiance-2019-01-28 Odds & Ends: Ravnica Allegiance]/[https://mtg-jp.com/reading/mm/0031698/ こぼれ話:『ラヴニカの献身』]([[Making Magic]] [[2019年]]1月28日 [[Mark Rosewater]]著)</ref>。
  
 
;[[アラーラ/Alara]]:[[グリクシス/Grixis]]
 
;[[アラーラ/Alara]]:[[グリクシス/Grixis]]

2019年8月16日 (金) 19:14時点における最新版

ミュータント/Mutantは、クリーチャー・タイプの1つ。何らかの原因で肉体に変異を起こした者達がこのタイプに属する。


Goblin Mutant / ゴブリンの突然変異 (2)(赤)(赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) ミュータント(Mutant)

トランプル
防御プレイヤーがパワーが3以上のアンタップ状態のクリーチャーをコントロールしている場合、ゴブリンの突然変異は攻撃できない。
ゴブリンの突然変異はパワーが3以上のクリーチャーをブロックできない。

5/3


Krosan Cloudscraper / クローサの雲掻き獣 (7)(緑)(緑)(緑)
クリーチャー — ビースト(Beast) ミュータント(Mutant)

あなたのアップキープの開始時に、あなたが(緑)(緑)を支払わないかぎり、クローサの雲掻き獣を生け贄に捧げる。
変異(7)(緑)(緑)(あなたはこのカードを、(3)で2/2クリーチャーとして裏向きに唱えてもよい。これの変異コストで、これをいつでも表向きにしてもよい。)

13/13


Biomancer's Familiar / 生術師の使い魔 (緑)(青)
クリーチャー — ミュータント(Mutant)

あなたがコントロールしているクリーチャーの起動型能力を起動するためのコストは(2)少なくなる。この効果は、能力の起動コストのマナの点数を1点未満に減らせない。
(T):クリーチャー1体を対象とする。このターン、それが次に順応を行うなら、それはその上に+1/+1カウンターが置かれていないかのように順応を行う。

2/2

初出はオンスロート・ブロックオラクル更新などで仲間を増やしたほか、ラヴニカ/Ravnicaを舞台として扱ったカード・セットではシミック連合/The Simic Combineの主要タイプとして多数登場した。その他のセットでもフレーバーは違えど時折登場している。

ラヴニカのセットの影響でに数が多いが、どのにも存在している。

「変異体」を意味するため、ほぼ全てが他のクリーチャー・タイプを併せ持つ(例外は生術師の使い魔/Biomancer's Familiarのみ)。オンスロート・ブロックのものは、併せ持っているクリーチャー・タイプの平均的なものに比べ、マナ・コストP/Tの大きめになっているものが多い。また、そうでないものも多くがコスト効果の派手な能力を持っている。レギオンでは「発動者サイクルが作られ、共通して起動コストが8マナである起動型能力を持っている。ラヴニカを舞台としたセットではシミック連合固有のキーワード(移植進化順応)を扱うものが多い。

伝説のミュータントは、スリヴァーでもあるスリヴァーの首領/Sliver Overlordウーズでもあるクラージ実験体/Experiment Kraj人間でもある混種の頂点、ロアレスク/Roalesk, Apex Hybridの3枚が存在する。(「伝説の(Legendary)・ミュータント(Mutant)」でWHISPER検索

ミュータントに変化させるカードは練達の生術師/Master Biomancerがある。

[編集] ストーリー

ドミナリア/Dominariaオタリア/Otaria
オンスロート・ブロックにおけるミュータントとはオタリア/Otaria大陸のクリーチャーがミラーリ/Mirariの魔力により変異した者を表している。
ラヴニカ/Ravnicaシミック連合/The Simic Combine
ラヴニカ・ブロックにおけるミュータントとは、シミック連合/The Simic Combineによって造られた強化調整を可能とする生命体「細胞質胞」を埋め込まれたものである。ラヴニカへの回帰ブロック以降におけるミュータントは、混成体/Krasisと呼ばれるシミック連合が魔法を用いて既存の生物から編み出した新たな形態の一つである。
  • 魚・タコ・カニ」のように、ミュータント然とした組み合わせにもかかわらず、ミュータントでないシミックのクリーチャーは多数存在する。Doug Beyerによれば、シミックのミュータントは「遺伝子的に何らかの調整を受けた単一種族のクリーチャー」を指すとされている。前述したような複数の種族タイプを持つクリーチャーは遺伝子実験の産物(混血)であり、それらにミュータントのタイプは与えられない[1]
アラーラ/Alaraグリクシス/Grixis
アラーラの断片ブロックでは、グリクシス/Grixisオーガ不治と呼ばれる呪いに侵されてミュータントと化している。

[編集] 脚注

  1. Odds & Ends: Ravnica Allegiance/こぼれ話:『ラヴニカの献身』Making Magic 2019年1月28日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif