マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
5行: 5行:
 
ルールがややこしいカードであるが、[[コンボパーツ]]として様々な利用方法が考えられるカード。[[ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall]]が一方的な[[激動/Upheaval]]になったり、[[古きものの活性/Ancient Stirrings]]にハズレが無くなったり、[[コジレックの伝令/Herald of Kozilek]]が万能な[[コスト減少カード]]になったりする。中でも[[機械の行進/March of the Machines]]と組み合わせた[[マイコマーチ]]と呼ばれる[[デッキ]]が有名。
 
ルールがややこしいカードであるが、[[コンボパーツ]]として様々な利用方法が考えられるカード。[[ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall]]が一方的な[[激動/Upheaval]]になったり、[[古きものの活性/Ancient Stirrings]]にハズレが無くなったり、[[コジレックの伝令/Herald of Kozilek]]が万能な[[コスト減少カード]]になったりする。中でも[[機械の行進/March of the Machines]]と組み合わせた[[マイコマーチ]]と呼ばれる[[デッキ]]が有名。
  
[[スタンダード]]から[[落ちる|落ちた]]あとは奇抜な[[コンボデッキ]]に使われる程度であったが、[[灯争大戦]]で[[大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator]]が登場して一変。カーンで[[サイドボード]]から持ってきて[[戦場]]に出すだけで対戦相手の土地の[[マナ能力]]を含む[[パーマネント]]の[[起動型能力]]がすべて禁止されるというお手軽な[[ロック]][[コンボ]]が誕生した。[[モダン]]で[[ウルザトロン#モダン|緑単トロン]]に採用されるようになり、評価(と[[シングルカード]]価格)が一気に上昇した。
+
[[スタンダード]]から[[落ちる|落ちた]]あとは奇抜な[[コンボデッキ]]に使われる程度であったが、[[灯争大戦]]で[[大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator]]が登場して一変。カーンで[[サイドボード]]から持ってきて[[戦場]]に出すだけで対戦相手の土地の[[マナ能力]]を含む[[パーマネント]]の[[起動型能力]]がすべて禁止されるというお手軽な[[ロック]][[コンボ]]が誕生した。[[モダン]]で[[緑単トロン#モダン|緑単トロン]]や[[エルドラージ・トロン]]に採用されるようになり、評価(と[[シングルカード]]価格)が一気に上昇した。
  
上記コンボを搭載するためのデッキ[[構築]]上の制約は小さく、競技プレイにおいて楽しいと感じる限度よりも頻繁に使われているとして、[[2020年]]1月14日よりモダンにおいて[[禁止カード]]に指定された<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/news/january-13-2020-banned-and-restricted-announcement January 13, 2020 Banned and Restricted Announcement]/[https://mtg-jp.com/reading/publicity/0033630/ 2020年1月13日 禁止制限告知]</ref>
+
[[2020年]]1月14日より、モダンにおいて[[禁止カード]]に指定される<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/news/january-13-2020-banned-and-restricted-announcement January 13, 2020 Banned and Restricted Announcement]/[https://mtg-jp.com/reading/publicity/0033630/ 2020年1月13日 禁止制限告知]</ref>。上記の大いなる創造者、カーンとのコンボを搭載するためのデッキ[[構築]]上の制約は小さく、楽しくないプレイパターンを頻繁に引き起こしていたため。また、各種[[ウルザトロン#モダン|トロン]]を弱体化させる意図も含まれている。
  
 
==ルール==
 
==ルール==
20行: 20行:
 
*[[マイコシンスのゴーレム/Mycosynth Golem]]
 
*[[マイコシンスのゴーレム/Mycosynth Golem]]
  
==参考==
+
==脚注==
 
<references />
 
<references />
 +
 +
==参考==
 
*[[コスト変更カード]]
 
*[[コスト変更カード]]
 
*[[アーティファクト化]]
 
*[[アーティファクト化]]
27行: 29行:
 
*[[カード個別評価:ダークスティール]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:ダークスティール]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:バトルボンド]] - [[神話レア]]
 
*[[カード個別評価:バトルボンド]] - [[神話レア]]
 +
__NOTOC__

2020年1月16日 (木) 19:35時点における最新版


Mycosynth Lattice / マイコシンスの格子 (6)
アーティファクト

すべてのパーマネントは、そのタイプに加えてアーティファクトである。
戦場以外にあるすべてのカード、すべての呪文、すべてのパーマネントは無色である。
プレイヤーは、マナをすべての色のマナであるかのように支払ってもよい。


大規模なルール破壊アーティファクト。すべてのカード無色にし、パーマネントはアーティファクトになり、色マナさえも不特定マナのような扱いになってしまう。

ルールがややこしいカードであるが、コンボパーツとして様々な利用方法が考えられるカード。ハーキルの召還術/Hurkyl's Recallが一方的な激動/Upheavalになったり、古きものの活性/Ancient Stirringsにハズレが無くなったり、コジレックの伝令/Herald of Kozilekが万能なコスト減少カードになったりする。中でも機械の行進/March of the Machinesと組み合わせたマイコマーチと呼ばれるデッキが有名。

スタンダードから落ちたあとは奇抜なコンボデッキに使われる程度であったが、灯争大戦大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creatorが登場して一変。カーンでサイドボードから持ってきて戦場に出すだけで対戦相手の土地のマナ能力を含むパーマネント起動型能力がすべて禁止されるというお手軽なロックコンボが誕生した。モダン緑単トロンエルドラージ・トロンに採用されるようになり、評価(とシングルカード価格)が一気に上昇した。

2020年1月14日より、モダンにおいて禁止カードに指定される[1]。上記の大いなる創造者、カーンとのコンボを搭載するためのデッキ構築上の制約は小さく、楽しくないプレイパターンを頻繁に引き起こしていたため。また、各種トロンを弱体化させる意図も含まれている。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] 脚注

  1. January 13, 2020 Banned and Restricted Announcement/2020年1月13日 禁止制限告知

[編集] 参考

QR Code.gif