ホネツツキ/Bone Picker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bone Picker / ホネツツキ (3)(黒)
クリーチャー — 鳥(Bird)

このターンにクリーチャーが死亡していたなら、ホネツツキを唱えるためのコストは(3)少なくなる。
飛行、接死

3/2

通常は4マナだが、陰鬱と同じ条件で1マナで唱えられるようになる飛行接死持ちの

素出しではそこそこ止まりの性能な反面、1マナで出せれば破格のコスト・パフォーマンスに化けるため、いかにコスト軽減能力を機能させられるかが運用の肝。積極的に狙っていくならば、自分クリーチャーを自発的に死亡させる(例えば傲慢な新生子/Insolent Neonate歩行バリスタ/Walking Ballistaなどの能力を早い段階で使っていくなど)とよいが、極端な使い方だとアドバンテージを失いやすいため、できるだけ戦闘除去などを絡めて自然な流れで満たしてやりたい。

スタンダードでは黒緑巻きつき蛇で4枚採用される。致命的な一押し/Fatal Pushメイン・フェイズに使用して強引に2ターン目から展開するパターンもあれば、対戦相手がこちらのアタッカー除去せざるを得ないように追い込んで第2メイン・フェイズに悠々と登場するパターンもある。

リミテッドでは4マナ3/2飛行・接死の基本性能自体が十分に高性能であり、能力を加味せずとも積極的に採用したい。マナ軽減能力もはまるとテンポ・アドバンテージを稼げて強力である。

[編集] 参考

QR Code.gif