ブースターパック

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(テーマ・ブースターパック)
(セット・ブースター)
 
46行: 46行:
 
'''セット・ブースター'''(''Set Booster'')は、パックを開封すること自体の楽しさに重点を置いたブースターパック。
 
'''セット・ブースター'''(''Set Booster'')は、パックを開封すること自体の楽しさに重点を置いたブースターパック。
  
[[ゼンディカーの夜明け]]から導入された。プレイヤーのすべてがドラフト目的でパックを開封するわけでは無い事に着目し、パック開封の楽しさを最大限にする目的で開発されたブースターである<ref>[https://mtg-jp.com/reading/mm/0034191/ セット・ブースター]([[Making Magic]] 2020年7月25日)</ref>。封入順序に関連性を持たせるなど、パック開封の時間を最も楽しめるように様々な工夫が凝らしてある。内容は12枚のカードと、[[イラスト]]が全面に印刷されたアート・カードなどが含まれる。内訳はセットごとに異なるため、詳細については各カード・セットの項を参照。
+
[[ゼンディカーの夜明け]]から導入された。プレイヤーのすべてがドラフト目的でパックを開封するわけでは無い事に着目し、パック開封の楽しさを最大限にする目的で開発されたブースターである<ref>[https://mtg-jp.com/reading/mm/0034191/ セット・ブースター]([[Making Magic]] 2020年7月25日)</ref>。封入順序に関連性を持たせるなど、パック開封の時間を最も楽しめるように様々な工夫が凝らしてある。内容は12枚のカードと、[[イラスト]]が全面に印刷されたアート・カードなどが含まれる。また25%で1枚が[[ザ・リスト]]と呼ばれる再録枠に変わる。内訳はセットごとに異なるため、詳細については各カード・セットの項を参照。
  
 
===テーマ・ブースターパック===
 
===テーマ・ブースターパック===

2021年3月2日 (火) 16:49時点における最新版

ブースターパック/Booster Pack, Boosterは、マジックカードがランダムに封入されたパックの総称。様々な製品形態が存在する。

目次

[編集] 概要

ほとんどのカード・セットはブースターパックの販売形式を含んでおり、マジックのカードを入手するための最も一般的な未開封製品となっている。各ブースターパックには、基本的にそのカード・セットに含まれるカードが一定の枚数、一定の封入率に従ってランダムで封入されている。製品によってはカード・セット外のカードが含まれることもある(→Masterpiece Seriesなど)。ブースターパックには複数の製品形態が存在している。

[編集] 製品形態

[編集] ドラフト・ブースター

ドラフト・ブースター(Draft Booster)はブースターパックの中で最も一般的かつ基本的な製品形態。基本的に15枚のカードが封入される。その名の通り、ブースター・ドラフトシールドなどのリミテッドフォーマットにおける使用を考慮されて作られており、リミテッドのトーナメントではドラフト・ブースターが用いられる。

基本セットミラージュ以降のカード・セットのものは、1つにつき15枚のカードが封入されており、基本的にレア/神話レア1枚、アンコモン3枚、コモン11枚の率で封入されている。ただし、コモンが10枚である代わりに基本土地カードが1枚封入されているセットもいくつかある。第10版以降は豆知識カードまたはトークン・カードが1枚追加で封入されるようになり、実質16枚となっている。

長らく、ブースターパックの製品形態はカード・セットごとに15枚(もしくはそれ未満)入りの1種類、つまり現在のドラフト・ブースターしか存在していなかった。コンフラックスで登場したコンパクトブースターを皮切りに、様々な製品形態が登場するようになった。エルドレインの王権以降はプロジェクト・ブースター・ファンと銘打ち、様々なプレイヤーの趣向に沿った製品展開を標準のものとすることが決まった。この際、コレクター・ブースターなどの他の製品と区別するためにつけられた名前がドラフト・ブースターである。エルドレインの王権以前の15枚入り(もしくはそれ未満)の製品は、単に「ブースターパック」と呼ばれていたが、ドラフト・ブースター登場に伴い、マジック・イベント規定においてはそれらの製品も「ドラフト・ブースター」と呼ばれるようになった。現在でも、単に「ブースターパック」と言えば、ドラフト・ブースターを指すことがほとんどである。

  • エルドレインの王権から名称が変更されたが、日本語版では基本セット2021まで「ブースターパック」表記のままだった。ゼンディカーの夜明けからは日本語版でも「ドラフト・ブースター」という名称が使われるようになった。

[編集] 15枚未満のドラフト・ブースター

以下のカード・セットのブースターパックは1つにつき8枚のカードが入っている。稀少度の配分はアンコモン2枚、コモン6枚だが、アンコモンやコモンの中でも変則的な稀少度が設定されている。

アライアンスクロニクルは12枚入り。ポータル三国志アングルードは10枚入りである。

[編集] 16枚以上のドラフト・ブースター

[編集] 基本土地カード

リバイズド以前、および第7版以降の基本セット」「アングルード」「アンヒンジド」「アラーラの断片以降に発売された、ブースターパックの販売形式を持つ各カード・セット」のブースターパックには、一部の例外を除き、基本土地カードが1枚封入されている。例外に関しての詳細は変則的な稀少度#アラーラの断片以降の基本土地枠の項を参照。

また、リバイズドまでの基本セットのブースターパックには、レア枠を含めてランダムに基本土地カードが入っている可能性がある。ベータ版アンリミテッドでは1パック中にレア枠に3.31%、アンコモン枠に21.5%、コモン枠に38.02%の比率で、リバイズドではアンコモン枠に21.5%、コモン枠に38.02%の比率で入っている可能性がある。なお、それらは各稀少度の印刷シート上に基本土地カードも合わせて印刷されていたためであり、ベータ版におけるレア枠に入っている可能性があるのは島/Islandのみとなる。他の稀少度上においては5種類すべてが分布している。

[編集] コレクター・ブースターパック

コレクター・ブースターパックもしくはコレクター・ブースター(Collector Booster)は、文字通りコレクション向けのブースターパック。

2019年ラヴニカの献身で英語版/日本語版限定で少量試験販売された。内容は3枚のレアまたは神話レア、2枚のプレミアム・カード、10枚のアンコモンが封入され、希望小売価格1150円。値段や内容量的に通常版パック3つ分に相当し、コモンが出ない代わりに2枚プレミアム・カードが確実に封入されている。また、外箱に光沢があるなど、装丁も豪華になっている。

エルドレインの王権以降は内容や価格を一新して販売された。内容は15枚のカードと1枚のプレミアム版トークン・カード。拡張アート枠ショーケース・フレームなど、コレクション向けの特殊なデザインのカードがドラフト・ブースターと比べ大幅に出現しやすくなっているほか、一部のカードはコレクター・ブースターにしか封入されない。15枚の内訳はセットごとに異なるため、詳細については各カード・セットの項を参照。

[編集] セット・ブースター

セット・ブースター(Set Booster)は、パックを開封すること自体の楽しさに重点を置いたブースターパック。

ゼンディカーの夜明けから導入された。プレイヤーのすべてがドラフト目的でパックを開封するわけでは無い事に着目し、パック開封の楽しさを最大限にする目的で開発されたブースターである[1]。封入順序に関連性を持たせるなど、パック開封の時間を最も楽しめるように様々な工夫が凝らしてある。内容は12枚のカードと、イラストが全面に印刷されたアート・カードなどが含まれる。また25%で1枚がザ・リストと呼ばれる再録枠に変わる。内訳はセットごとに異なるため、詳細については各カード・セットの項を参照。

[編集] テーマ・ブースターパック

テーマ・ブースターパックもしくはテーマ・ブースター(Theme Booster)は、特定のテーマに沿ったカードのみが封入されたブースターパック。

初めて販売されたのは2018年ラヴニカのギルド2019年ラヴニカの献身(英語版のみ)。各セット毎に、それぞれ取り上げられたギルド/Guildに対応した5種類が販売され、そのギルドの色の組み合わせに属するカードのみが封入されていた。

エルドレインの王権以降も再び販売され、各色ごとの5種類が存在しその色のカードのみが封入される(英語版のみ)。テーロス還魂記ではアーティファクト多色のカードも含まれるようになったほか、通常のブースター・パックには封入されないテーマ・ブースター限定のカードが封入される。(それらの日本語版はコレクターブースターから入手可能)

[編集] コンパクトブースター

コンパクトブースター(Six card booster)は、コンフラックスからドラゴンの迷路まで販売された、廉価版パック。これは販売経路拡大を目的としたものである。日本語版は基本セット2010ゼンディカー2009年12月18日に発売されたが、新たなるファイレクシアを最後とし、基本セット2012からは販売されていない。1パックにつき6+1枚のカードが封入されており、アンコモン1枚、コモン3枚、基本土地1枚、完全ランダム1枚のゲームカード、それに豆知識カードまたはトークン・カードいずれか1枚によって構成されている。

まれにだがコモン5枚というパックもあるが、逆にアンコモンが3枚やレアが2枚などといったパックはないとされ、ブースターやスターターにもあるようにエラーパックの範疇と思われる。

プレミアム・カードの封入率は通常のブースターパックと異なり、74枚に1枚である。

  • ランダムカードの封入比率としては神話レア:レア:アンコモン:コモンで1:7:4:8となり、コンパクト5パックでブースター2パック分の設定。

[編集] ブースターバトルパック

基本セット2012からイクサランまで、ブースターバトルパックが販売されていた(参考)。

ブースターパックと未完成状態のミニデッキがそれぞれ2人分封入されている。ブースターを開封し、好きなカードを5枚まで追加してミニデッキを完成させることでその場でゲームを始められる。ルール解説シートも封入されており、新規プレイヤーや初心者プレイヤーがコレクションを増やしつつ手軽にゲームに触れる事ができる。

当初は英語版のみだったが、ラヴニカへの回帰ギルド門侵犯基本セット2014に関しては日本語版も発売された。

[編集] 特殊なブースターパック

市販品でないブースターパックも存在する。

[編集] デモゲームブースター

デモゲームブースターDemogame booster)は、1997年ポータルから導入された。イベントやショップで無料配布された初心者向けブースターパックである。

日本語版が作られた事は無く、海外でのみ配布された。

内容は固定で24枚のカードが封入されている。基本土地も9枚ほど入っており、そのままマジックをする事が出来る。
入門用の配布品である事も有り、バニラクリーチャーが多くあまり強いカードは入っていない。

その後、初心者向けセットや基本セットが発売される毎に当該セットのデモゲームブースターが作られてきたが、第10版からハーフデッキがその役目を担うことになり新規のデモゲームブースターは作られていない。

日本では配布されなかった事もあり、国内での知名度は低い。そのため2人対戦用入門セットに付く拡張パックと間違われやすいが別の商品である。

[編集] サンプルパック

サンプルパックSampler Pack)は、1999年スターターから導入された。デモゲームブースターと同じく、無料配布用のブースターである。

基本的に海外でのみの配布だが、唯一日本語版では第8版のサンプルパックが作られ各種イベントで配布された事がある。

サンプルの名の通り、販促用の試供品である。内容は固定で、10枚のカードが入っている。
デモゲームブースターよりカード枚数が少ないため、安いコストで多くの人に配布する事ができた。

[編集] ウェルカム・ブースターパック

基本セット2021からウェルカム・デッキの後継として新規プレイヤーに無料で配布されるブースターパック。中身はシーズン毎に、開発部が選んだスタンダード統率者戦など様々なフォーマットに注目された固定の10枚のカードと、広告カードやMagic: The Gathering Arenaで使用できるコードが封入されている。

[編集] 参考

  1. セット・ブースター(Making Magic 2020年7月25日)
QR Code.gif