ブロール

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(構築ルール: MTGAで「サイドボードの用意もアウト」という制限がなされているため、そのあたりを踏まえて書き足し)
(使用カード: 真髄の針追加。公式仕事しろ。)
 
45行: 45行:
 
*[[魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass]]
 
*[[魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass]]
 
*[[軍団のまとめ役、ウィノータ/Winota, Joiner of Forces]]
 
*[[軍団のまとめ役、ウィノータ/Winota, Joiner of Forces]]
 +
 +
また、公式の発表はないものの、[[2021年]]9月17日時点の[[Magic: The Gathering Arena]]で以下のカードが使用禁止となっている。
 +
 +
*[[真髄の針/Pithing Needle]]
  
 
==旧ルール==
 
==旧ルール==

2021年9月18日 (土) 11:43時点における最新版

ブロール/Brawlカジュアル変種ルールの1つ。統率者戦のバリエーションで、一口で言えばスタンダードカードプールで遊ぶ統率者戦。

目次

[編集] 解説

統率者戦は人気フォーマットであるが、カードプールの広大さに伴う参入障壁の高さに問題があった。より気軽に遊べる統率者戦としてGerritt Turnerによって考案され、ウィザーズ社に持ち込まれたのがブロールである。

カードプールがスタンダード限定、かつハイランダー制により各カードは1枚ずつしかデッキに入れられないため、トーナメントレベルのスタンダード構築では用いられにくいカード(特定カードの下位互換に近いカードなど)であっても投入されることが多く、様々な顔ぶれを見る事ができる。統率者として使用できる能力の有無に関わらず、全てのプレインズウォーカー統率者に指定できるというのもポイント。

スタンダードを遊んでいれば自然とデッキを構築できるため、参入障壁は非常に低く、この点がブロールの大きな魅力と言える。統率者戦では新規参入時に障壁・負担となりがちな要素として、「太陽の指輪/Sol Ringなどといった、スタンダードで使用できない過去のカードを入手するためシングルカード統率者戦用セットを買い求める必要がある」「旧いオラクルで印刷されたカードや過去のキーワード能力などを把握しておく必要がある」といった点が挙げられるが、ブロールはそれらの点に悩む必要がなく、カード資産の少ない初心者プレイヤーや復帰プレイヤーにとっても取っつきやすく遊びやすい。スタンダードを主に遊ぶプレイヤーが、主力デッキを作った余りでブロール用デッキを作るような事も比較的容易であり、複数個のデッキを持ち歩いてデッキを持たない相手にその場で渡し、ゲームを楽しむといった光景も見られる。

  • ブロールとは「(公衆の面前での騒々しい)喧嘩・殴り合い」、転じて「賑やかなパーティー」のこと。

[編集] ルール

基本的なルールは統率者戦に準ずるが、以下にブロール特有のルールを記載する。

統率者戦の項も参照のこと。

[編集] 構築ルール

伝説のクリーチャーカードを1枚、あるいはプレインズウォーカー・カードを1枚選び、それを統率者とする。

統率者の固有色ルールに従い、ハイランダー構成でデッキを構築する。ただし、固有色が無色である統率者を使用する場合のみ、プレイヤーが選んだ1色の基本土地1種類を選んでデッキに投入可能である。

デッキの枚数は、統率者と合わせて60枚である。サイドボードは使用せず、また用意も許可されない(=統率者戦同様、ゲームの外部から「他のカード」を持ってくる効果は機能しない)。

[編集] ゲームルール

プレイヤー開始時のライフの総量‎は30点である。2人対戦の場合に限り、開始時のライフの総量‎は25点になる。

対戦人数に関係なく、多人数戦マリガンルールを適用する。すなわち、最初の1回はマリガンした回数に含めず、カードをライブラリーの一番下に置く枚数を増やすことなくマリガンすることができる(いわゆるフリー・マリガン)。詳細はマリガンの項を参照。

統率者ダメージのルールは適用しない。

[編集] 使用カード

現行のスタンダードセットに含まれるカードが使用可能だが、禁止カードはスタンダードのものではなく、ブロール独自の禁止リストを用いる。

2020年10月12日現在、以下を禁止カードとする。

また、公式の発表はないものの、2021年9月17日時点のMagic: The Gathering Arenaで以下のカードが使用禁止となっている。

[編集] 旧ルール

  • 2018年7月9日のルール改定[1]以前の旧2人対戦用ルールは以下の通り。
    • 下記2018年5月10日のルール改定により開始時のライフの総量は20点に変更されていたが、このさらなる改定で25点となった。
    • マリガンルールは2人対戦用マリガンルールに準じたものだった。この改定でいわゆる「フリー・マリガン」が採用された。
  • 2018年5月10日のルール改定[2]以前の旧ルールは以下の通り。
    • 固有色が無色である統率者を使用する場合、通常の統率者戦と同様、固有色を持つカードをデッキに入れることはできなかった。
    • 2人対戦であっても開始時のライフの総量は30点であった。この改定により20点に変更された。
    • 禁止カードはスタンダードに準じたものだった。この改定により独自のリストを用いることになった。

[編集] 脚注

  1. Checking in on Brawl(Feature 2018年7月9日 Gavin Verhey著)
  2. ブロールの展望/The Future of Brawl(News 2018年5月10日 Gavin Verhey著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20210922.1

QR Code.gif