フォーマット

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(非公式フォーマット)
(公式フォーマット)
 
14行: 14行:
 
**[[モダン]](Modern)
 
**[[モダン]](Modern)
 
**[[エターナル]](Eternal) - 旧[[ヴィンテージ]]
 
**[[エターナル]](Eternal) - 旧[[ヴィンテージ]]
***[[レガシー]](Legacy) - 旧[[タイプ1]]
+
***[[レガシー]](Legacy) - 旧[[タイプ1.5]]
***[[ヴィンテージ]](Vintage) - 旧[[タイプ1.5]]
+
***[[ヴィンテージ]](Vintage) - 旧[[タイプ1]]
 
**[[Pauper]]
 
**[[Pauper]]
 
**[[多人数戦]]向け
 
**[[多人数戦]]向け

2019年9月12日 (木) 23:56時点における最新版

フォーマット/Formatとは、デッキを作る際の取り決めの総称である。以前は「レギュレーション」と呼ばれていたが、そちらは現在では廃語となっている。総合ルール日本語版では、形式と訳されている。

目次

[編集] 解説

何の制限もなくデッキを組んでゲームをすると、昔からやっている人と新しく始めた人とで「持っているカードの量の差」が顕著に現れてしまい、「古参=強い」というつまらないゲームになってしまう。これを解消するため、トーナメントでは「ここからここまでの範囲の中のカードだけでデッキを組む」「使用してはいけないカード(禁止カード)を指定する」といったルールを決めてデッキを作る。この「どのカードが使えてどのカードが使えないか」に関する取り決めや「どのようにデッキを作り対戦するか」に関する取り決めを総称して「フォーマット」という。

この具体的な内容はマジック・イベント規定という文書で規定されている。

[編集] フォーマット一覧

[編集] 公式フォーマット

現在、DCI認定しているフォーマットは以下の通り。

[編集] Magic Onlineフォーマット

Magic Onlineでは、公式フォーマットに加え以下のフォーマットが認定されている。

[編集] かつて存在した公式フォーマット

[編集] 非公式フォーマット

カジュアルや特別なイベントなどで用いられている、非公式フォーマット。なお一部フォーマットはフライデー・ナイト・マジックなど認定イベントにも使用可能。

[編集] フォーマットの変遷

各フォーマットの使用可能セットの変遷を中心に、その時期の禁止カードや主要なデッキのまとめ。

[編集] 脚注

  1. マジック:ザ・ギャザリングTM DCIフロアルール 2004年9月20日発効
  2. マジック:ザ・ギャザリングTM DCIフロアルール 2004年12月20日発効
  3. Retiring the Extended Format
  4. April Magic Tournament Rules Release Notes/4月マジックイベント規定リリースノート

[編集] 参考

QR Code.gif