フェアリーの導母/Faerie Guidemother

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
5行: 5行:
 
クリーチャーとしては最小[[サイズ]]ながらも[[飛行]]を持ち、[[ウィニー]]の先鋒としてはまずまずの性能。強化呪文としては小型版[[天使の祝福/Angelic Blessing]]といったところで、[[コンバット・トリック]]として使えないながらも[[マナ・コスト]]は[[軽い|軽く]]、[[パワー]]寄りの[[修整]]と[[回避能力]]という組み合わせは攻め気のある[[デッキ]]とよくマッチしている。どちらも単独では若干見劣りする性能で、特にソーサリーの単体強化呪文はよほど性能が高くなければ[[構築]]水準に満たないことが多いが、[[カード]]1枚で両方が使えるのであれば十分に評価できる。クリーチャーを[[引く|引か]]ないと完全に[[腐る]]という、強化呪文全般が抱える問題が解消されているのも嬉しいところ。
 
クリーチャーとしては最小[[サイズ]]ながらも[[飛行]]を持ち、[[ウィニー]]の先鋒としてはまずまずの性能。強化呪文としては小型版[[天使の祝福/Angelic Blessing]]といったところで、[[コンバット・トリック]]として使えないながらも[[マナ・コスト]]は[[軽い|軽く]]、[[パワー]]寄りの[[修整]]と[[回避能力]]という組み合わせは攻め気のある[[デッキ]]とよくマッチしている。どちらも単独では若干見劣りする性能で、特にソーサリーの単体強化呪文はよほど性能が高くなければ[[構築]]水準に満たないことが多いが、[[カード]]1枚で両方が使えるのであれば十分に評価できる。クリーチャーを[[引く|引か]]ないと完全に[[腐る]]という、強化呪文全般が抱える問題が解消されているのも嬉しいところ。
  
登場時点の[[スタンダード]]では[[白ウィニー]]の新たな戦力となったほか、[[白緑]]型[[出来事 (デッキ)|出来事デッキ]]で採用されている。
+
登場時点の[[スタンダード]]では[[白ウィニー]]の新たな戦力となったほか、[[緑白]]型[[出来事 (デッキ)|出来事デッキ]]で採用されている。
  
 
[[リミテッド]]では序盤の[[クロック]]としても、最後の一押しとしても役立つ、序盤から終盤まで無駄になりにくい良[[コモン]]。[[白緑]]のテーマである出来事関連との[[シナジー]]は勿論のこと、[[オーラ]]や[[装備品]]の強化先としても悪くない。
 
[[リミテッド]]では序盤の[[クロック]]としても、最後の一押しとしても役立つ、序盤から終盤まで無駄になりにくい良[[コモン]]。[[白緑]]のテーマである出来事関連との[[シナジー]]は勿論のこと、[[オーラ]]や[[装備品]]の強化先としても悪くない。

2019年10月13日 (日) 04:32時点における版


Faerie Guidemother / フェアリーの導母 (白)
クリーチャー — フェアリー(Faerie)

飛行

1/1
Gift of the Fae / フェイの贈り物 (1)(白)
ソーサリー — 出来事(Adventure)

クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+2/+1の修整を受け飛行を得る。(その後、このカードを追放する。あなたは後で追放領域からこのクリーチャーを唱えてもよい。)


クリーチャーに不思議な魔法をかけ、一時的に戦場という名の舞踏会の主役にしてくれる存在を描いた当事者カード単体強化ソーサリー出来事を持つフェアリー

クリーチャーとしては最小サイズながらも飛行を持ち、ウィニーの先鋒としてはまずまずの性能。強化呪文としては小型版天使の祝福/Angelic Blessingといったところで、コンバット・トリックとして使えないながらもマナ・コスト軽くパワー寄りの修整回避能力という組み合わせは攻め気のあるデッキとよくマッチしている。どちらも単独では若干見劣りする性能で、特にソーサリーの単体強化呪文はよほど性能が高くなければ構築水準に満たないことが多いが、カード1枚で両方が使えるのであれば十分に評価できる。クリーチャーを引かないと完全に腐るという、強化呪文全般が抱える問題が解消されているのも嬉しいところ。

登場時点のスタンダードでは白ウィニーの新たな戦力となったほか、緑白出来事デッキで採用されている。

リミテッドでは序盤のクロックとしても、最後の一押しとしても役立つ、序盤から終盤まで無駄になりにくい良コモン白緑のテーマである出来事関連とのシナジーは勿論のこと、オーラ装備品の強化先としても悪くない。

開発秘話

モチーフは、童話『シンデレラ』に登場する、主人公シンデレラを不思議な力で助ける存在[1]。この存在が何であるかは伝承によって様々だが、ペロー版のシンデレラやそれを原作とするディズニー映画『シンデレラ』では、「フェアリー・ゴッドマザー」と呼ばれる妖精で、シンデレラに魔法でカボチャの馬車ガラスの靴を与え、この魔法は午前零時に解けてしまうと忠告した上で城の舞踏会へと送り出す。

展望デザインでは、自身が戦場を離れるまで自軍クリーチャー1体を4/4にするETB能力瞬速を持つフェアリーで、だった。これは魔法でクリーチャーを変身させるが、それがいつまで持続するかは分からないというフレイバーである。しかしながらプレイテストでは青の巨大化/Giant Growthのように扱われ、望んだような雰囲気にはならなかったので一度はファイルから削除された。その後、セット・デザイン当事者カードを作る際に同じフレイバーが再び採用され、このカードとなった[2]

脚注

  1. Eldraine or Shine/何があってもエルドレインMaking Magic 2019年9月9日 Mark Rosewater著)
  2. Eldraine Check, Part 2/エルドレイン・チェック その2(Making Magic 2019年9月30日 Mark Rosewater著)

参考

QR Code.gif