ハンス・エリクソン/Hans Eriksson

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hans Eriksson / ハンス・エリクソン (2)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) スカウト(Scout)

ハンス・エリクソンが攻撃するたび、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。それがクリーチャー・カードであるなら、それをタップ状態かつ、防御プレイヤーかそのプレイヤーがコントロールしているプレインズウォーカー1体を攻撃している状態で戦場に出す。そうでないなら、そのカードをあなたの手札に加える。これによりあなたがクリーチャー・カードを戦場に出したとき、それはハンス・エリクソンと格闘を行う。

1/4

ルアゴイフ/Lhurgoyfフレーバー・テキストで有名なハンス/Hans伝説のクリーチャーとして登場。攻撃するたび、ライブラリーの一番上クリーチャーなら攻撃した状態で戦場へ、それ以外なら手札に加える伝説の人間スカウト。ただし、出てきたクリーチャーはハンスに襲い掛かってくる。

未評価カードです
このカード「ハンス・エリクソン/Hans Eriksson」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。
  • 「これによりあなたがクリーチャー・カードを戦場に出したとき、~」以降は再帰誘発型能力である。クリーチャーを戦場に出した後一旦能力の解決は終わり、ハンスと戦場に出たクリーチャーが格闘を行う能力が改めてスタックに置かれる。プレイヤーはそれに対応して呪文能力を使用できる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者レジェンズレアの2伝説のクリーチャーサイクル

[編集] ストーリー

ハンス・エリクソン/Hans Erikssonは、氷河期末期のドミナリア/Dominariaに住むバルデュヴィア/Balduvia人間ルアゴイフ/Lhurgoyfの襲撃を告げるサッフィー・エリクスドッター/Saffi Eriksdotterの叫びを耳にするが……。

詳細はハンス・エリクソン/Hans Eriksson (ストーリー)を参照。

「こんなに素敵な日が台無しになるはずはないよ、サッフィー。」

[編集] 参考

QR Code.gif