ハダーナの登臨/Hadana's Climb

提供:MTG Wiki

2018年6月13日 (水) 22:24時点における053 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Hadana's Climb / ハダーナの登臨 (1)(緑)(青)
伝説のエンチャント

あなたのターンの戦闘の開始時に、あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。その後、そのクリーチャーの上に+1/+1カウンターが3個以上置かれているなら、ハダーナの登臨を変身させる。

Winged Temple of Orazca / オラーズカの翼神殿
伝説の土地

(《ハダーナの登臨/Hadana's Climb》から変身する。)
(T):好きな色1色のマナ1点を加える。
(1)(緑)(青),(T):あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは飛行を得るとともに+X/+Xの修整を受ける。Xはそれのパワーに等しい。


伝説の両面カードサイクル緑青あなた戦闘フェイズ開始時に自軍クリーチャー1体に+1/+1カウンターを置く第1面から、修整飛行を付与する起動型能力を持った第2面へと変身する。

第1面の効果は3マナエンチャントとしては地味な部類。元々+1/+1カウンターが乗っているクリーチャーを育てるなり、巻きつき蛇/Winding Constrictorを併用するなど、強力な第2面に手際よく変身させたい。の噛み合うマーフォークには+1/+1カウンターのシナジーを持つカードや探検持ち、回避能力を持つクリーチャーなど、相性の良いカードが多い。

変身後は実質4マナで回避能力と大幅なパンプアップが繰り返し使えるようになる。起動型能力の対象は第1面で+1/+1カウンターを置いたクリーチャーに限らないため、ファッティに対して起動することで一撃必殺級のフィニッシャーに仕立て上げることも可能。

自軍のクリーチャーに大きく依存するという弱点こそあるが、エンドカードとしてのポテンシャルは充分。除去の薄いリミテッドにおいては裏面はもちろん、表面を維持するだけでも強力である。

構築でもマーフォークを始め、先述した巻きつき蛇とのシナジーを見込んでスゥルタイ・エネルギーに採用される例が見られる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イクサランの相克伝説の両面カードサイクル。すべてレア

第1面対抗色伝説のエンチャント第2面伝説の土地で、好きなマナ1点を生み出すマナ能力に加え、何らかの起動型能力を持つ。

[編集] 参考

QR Code.gif