ハイドラ

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
15行: 15行:
 
ハイドラ・[[トークン]]を[[生成]]する[[カード]]に[[ハイドラの繁殖主/Hydra Broodmaster]]がある。
 
ハイドラ・[[トークン]]を[[生成]]する[[カード]]に[[ハイドラの繁殖主/Hydra Broodmaster]]がある。
  
[[伝説の]]ハイドラは[[基本セット2020]]現在5体存在する([http://whisper.wisdom-guild.net/search.php?supertype%5B%5D=legendary&subtype%5B%5D=Hydra 「伝説の(Legendary)・ハイドラ(Hydra)」でWHISPER検索])。
+
[[伝説の]]ハイドラは[[テーロス還魂記]]現在6体存在する([http://whisper.wisdom-guild.net/search.php?supertype%5B%5D=legendary&subtype%5B%5D=Hydra 「伝説の(Legendary)・ハイドラ(Hydra)」でWHISPER検索])。
  
 
*複数の首、というと日本の[[wikipedia:ja:ヤマタノオロチ|ヤマタノオロチ]]が思い浮かぶが、[[神河ブロック]]にハイドラのカードは登場していない。[[大口縄/O-Kagachi]]がその要素を有するものの、カード化された[[復讐の神、大口縄/O-Kagachi, Vengeful Kami]]は[[ドラゴン]]・[[スピリット]]である。
 
*複数の首、というと日本の[[wikipedia:ja:ヤマタノオロチ|ヤマタノオロチ]]が思い浮かぶが、[[神河ブロック]]にハイドラのカードは登場していない。[[大口縄/O-Kagachi]]がその要素を有するものの、カード化された[[復讐の神、大口縄/O-Kagachi, Vengeful Kami]]は[[ドラゴン]]・[[スピリット]]である。
 
*もともとギリシャ神話の怪物で、そこでは「『複数の首を持つ[[蛇]]』という姿で、そのすべての首を失わないかぎり死なず、しかも強力な生命力で次々と新しい首を増やす能力を持つ」という、不死身の怪物として描かれている。「ヒュドラ」や「ヒドラ」などと訳されることもある。(→[[Wikipedia:ja:ヒュドラー]]参照)
 
*もともとギリシャ神話の怪物で、そこでは「『複数の首を持つ[[蛇]]』という姿で、そのすべての首を失わないかぎり死なず、しかも強力な生命力で次々と新しい首を増やす能力を持つ」という、不死身の怪物として描かれている。「ヒュドラ」や「ヒドラ」などと訳されることもある。(→[[Wikipedia:ja:ヒュドラー]]参照)
**ギリシャ神話では「[[沼]]に住む大蛇」として扱われているが、[[黒]]を含むハイドラは[[大祖始/Progenitus]]と[[死体起こし、ジャイラス/Gyrus, Waker of Corpses]]の2枚のみ。
+
**ギリシャ神話では「[[沼]]に住む大蛇」として扱われているが、[[黒]]を含むハイドラは[[大祖始/Progenitus]]と[[死体起こし、ジャイラス/Gyrus, Waker of Corpses]]と[[鎖を解かれしもの、ポルクラノス/Polukranos, Unchained]]の3枚のみ。
 
**唯一[[憎悪の種、ウラシュト/Ulasht, the Hate Seed]]のみは上記の伝説上の多頭の蛇ではなく、実在する刺胞動物のヒドラ(Hydra)がモチーフとなっている。詳細は[[憎悪の種、ウラシュト/Ulasht, the Hate Seed]]の項を参照。
 
**唯一[[憎悪の種、ウラシュト/Ulasht, the Hate Seed]]のみは上記の伝説上の多頭の蛇ではなく、実在する刺胞動物のヒドラ(Hydra)がモチーフとなっている。詳細は[[憎悪の種、ウラシュト/Ulasht, the Hate Seed]]の項を参照。
  

2020年1月16日 (木) 16:09時点における版

ハイドラ/Hydraは、クリーチャー・タイプの1つ。


Rock Hydra (X)(赤)(赤)
クリーチャー — ハイドラ(Hydra)

Rock Hydraはその上に+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。
Rock Hydraに与えられるダメージ1点につき、その上に+1/+1カウンターが置かれている場合、それから+1/+1カウンターを1個取り除き、その1点のダメージを軽減する。
(赤):このターン、Rock Hydraに与えられる次のダメージを1点軽減する。
(赤)(赤)(赤):Rock Hydraの上に+1/+1カウンターを1個置く。この能力は、あなたのアップキープの間にのみ起動できる。

0/0


Primordial Hydra / 始源のハイドラ (X)(緑)(緑)
クリーチャー — ハイドラ(Hydra)

始源のハイドラは、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。
あなたのアップキープの開始時に、始源のハイドラの上に置かれている+1/+1カウンターの数を2倍にする。
始源のハイドラは、それの上に+1/+1カウンターが10個以上置かれているかぎりトランプルを持つ。

0/0


Polukranos, World Eater / 世界を喰らう者、ポルクラノス (2)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — ハイドラ(Hydra)

(X)(X)(緑):怪物化Xを行う。(このクリーチャーが怪物的でないとき、これの上に+1/+1カウンターをX個置く。これは怪物的になる。)
世界を喰らう者、ポルクラノスが怪物的になったとき、あなたの対戦相手がコントロールする、望む数のクリーチャーを対象とする。世界を喰らう者、ポルクラノスはそれらにX点のダメージをあなたの望むように分割して与える。それらの各クリーチャーは、それぞれのパワーに等しい点数のダメージを世界を喰らう者、ポルクラノスに与える。

5/5

初出はリミテッド・エディションRock Hydra古代のハイドラ/Ancient Hydraネメシスで登場してからしばらく新種は登場していなかったが、ラヴニカ・ブロックでは3種が、続く時のらせんブロックでも1種が登場。アラーラの断片ブロックでも3種登場し、その後基本セット2010からは天使スフィンクスデーモンドラゴンに並ぶ象徴的クリーチャーと位置付けられ[1]順調に数を増やしている。ギリシャ神話をモチーフにしたテーロス・ブロックでは人間を脅かす怪物の筆頭として英雄vs怪物世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eaterが先行収録。特殊セットとしてチャレンジ・デッキハイドラとの対峙」が発売されている。

初期は赤のクリーチャーであったが、ラヴニカ・ブロック以降は緑を象徴するクリーチャーとして位置づけられた。数少ない5色クリーチャーである大祖始/Progenitusも擁する。

「複数の首を持つ怪物」のイメージを受けつぎ、+1/+0+1/+1などのカウンターを使って「」を表現するように作られているものがほとんどである。赤のハイドラはカウンターを消費してダメージ与える能力を持つものが多いが、これは元ネタのハイドラにはない能力。

部族カードとして、ハイドラのマナ・コスト軽くする凶暴な見張り、ガーゴス/Gargos, Vicious Watcherがある。

ハイドラ・トークン生成するカードハイドラの繁殖主/Hydra Broodmasterがある。

伝説のハイドラはテーロス還魂記現在6体存在する(「伝説の(Legendary)・ハイドラ(Hydra)」でWHISPER検索)。

脚注

  1. Building a Better Monster/よりよい怪物の作り方(Making Magic 2013年11月11日 Mark Rosewater著)

参考

QR Code.gif