ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
9行: 9行:
 
*[[スタック]]ルールの導入で強さが増したカードの1つ。スタックルール導入以前は、[[タップ]]状態の時に[[粉砕/Shatter]]などを[[唱える|唱え]]られた際、[[ぐるぐる/Twiddle]]などで「[[対応して]][[アンタップ]]する」ことまではできても「[[起動]]する」ことはできなかった。ぐるぐるの[[解決]]にはいると[[呪文]]や[[能力]]が全て解決されるまで新たに呪文を唱えたり能力を[[起動]]したりできなかったため。もちろん現在のスタックルール下では呪文や能力が1つ解決するごとに[[優先権]]を得られるので、問題なく起動できる。
 
*[[スタック]]ルールの導入で強さが増したカードの1つ。スタックルール導入以前は、[[タップ]]状態の時に[[粉砕/Shatter]]などを[[唱える|唱え]]られた際、[[ぐるぐる/Twiddle]]などで「[[対応して]][[アンタップ]]する」ことまではできても「[[起動]]する」ことはできなかった。ぐるぐるの[[解決]]にはいると[[呪文]]や[[能力]]が全て解決されるまで新たに呪文を唱えたり能力を[[起動]]したりできなかったため。もちろん現在のスタックルール下では呪文や能力が1つ解決するごとに[[優先権]]を得られるので、問題なく起動できる。
 
*[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]が存在する現在では、万能性はかつてより相対的に落ちている。「自分のプレインズウォーカーが巻き込まれない」ということでもあるが。
 
*[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]が存在する現在では、万能性はかつてより相対的に落ちている。「自分のプレインズウォーカーが巻き込まれない」ということでもあるが。
*[[From the Vault:Relics]]に{{Gatherer|id=212637|新規イラスト}}で収録された。[[統率者2013]]に収録された際もこの[[絵|イラスト]]が使われている。
+
*[[From the Vault:Relics]]に{{Gatherer|id=212637|新規イラスト}}で収録された。[[統率者2013]]以降の[[特殊セット]]に収録された際もこの[[絵|イラスト]]が使われている。
  
 
==利用==
 
==利用==

2020年3月25日 (水) 21:56時点における最新版


Nevinyrral's Disk / ネビニラルの円盤 (4)
アーティファクト

ネビニラルの円盤はタップ状態で戦場に出る。
(1),(T):すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。


マジック黎明期から活躍していた、大量のパーマネント破壊が可能な優秀リセットボタンアーティファクトゆえ色拘束を気にする必要がなく、そのため多色デッキで使われる傾向が強いが、黎明期はの弱点を補えるということから、単色デッキでの使用が主だった。

アイスエイジ発売後はネクロポーテンス/Necropotenceとの凶悪な相性のよさを以てネクロディスクを創り出し、悪名高いネクロの夏を生み出した元凶となった。

エターナルランドスティルでは除去の主軸となる。ただ、メタによって色をタッチし、破滅的な行為/Pernicious Deedが使用されることも多い。

[編集] 利用

基本的にはすぐに全体除去として使うのが普通だが、「一度戦場に出さなければ使用できない」という奇襲性のなさを逆手に取り、すぐに使うつもりがなくても戦場に出しておくことで対戦相手の行動を抑止し、その間に自分のパーマネントを揃えるというテクニックもある。

  • それと同時期の格言「ディスクは寝ているうちに割れ」。実際これを破壊するためだけに解呪/Disenchantをタッチで入れる人もいたほど。当時の単色デッキでの使用率の高さを物語るエピソードである。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

パーマネント全体除去能力を持ったアーティファクト。

その他

[編集] その他

[編集] 参考

QR Code.gif