ナントゥーコの養成者/Nantuko Cultivator

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
 
{{#card:Nantuko Cultivator}}
 
{{#card:Nantuko Cultivator}}
  
[[戦場]]に出たときに[[捨てる|捨てた]][[土地]]の数だけ強くなる[[緑]]の[[クリーチャー]]。その際捨てた分[[カード]]を引けるので[[ハンド・アドバンテージ]]を保持しつつ[[墓地]]を肥やすことができる。
+
[[ETB]][[手札]]から[[土地]][[カード]]を[[捨てる|捨て]]、その枚数だけ強くなる[[緑]]の[[クリーチャー]]。その際捨てた分カードを[[引く|引け]]るので[[ハンド・アドバンテージ]]を保持しつつ[[墓地]]を肥やすことができる。
  
中盤以降で[[手札]]に土地が余っているときに引くと大変ありがたいが、それ以外の場合はただの4[[マナ]]2/2。正直言って効率はかなり悪い。
+
中盤以降で手札に土地が余っているときに引くと大変ありがたいが、それ以外の場合はただの4[[マナ]]2/2。正直言って効率はかなり悪い。
  
[[トーメント]]発売当初に少し注目されたが、これを有効活用できる[[デッキ]]は今のところ登場していない。[[激動/Upheaval]]との相性のよさが話題になったこともあるが、結局[[サイカトグ/Psychatog]]には敵わなかったという事。
+
[[トーメント]]発売当初に[[激動/Upheaval]]との相性のよさが注目され、話題になったこともあるが、結局[[サイカトグ/Psychatog]]には敵わず、[[トーナメント]]レベルで目立つ活躍なく[[スタンダード]]、[[エクステンデッド]]を去った。
  
[[モダンホライゾン]]で[[再録]]され、新規[[イラスト]]と[[フレイバーテキスト]]を得て[[モダン]]で使用可能になった。しかし、[[キーワード能力]]を多く取り扱う同セットでも+1/+1[[カウンター]]、土地、[[部族]]等どれをとっても相性のいいものが無く、少ない再録[[カード]]の中でもかなりパッとしないものになってしまっている。往年のクリーチャーのカードパワーに埋もれたせいか、[[レアリティ]]も下げられている。
+
[[モダンホライゾン]]で[[再録]]され、新規[[絵|イラスト]]と[[フレイバーテキスト]]を得て[[モダン]]で使用可能になった。しかし、[[キーワード能力]]を多く取り扱う同セットでも[[+1/+1カウンター]]、土地、[[部族 (俗称)|部族]]等どれをとっても相性のよいものが無く、再録[[カード]]の中でもパッとしないものになってしまっている。周囲の[[カードパワー]]に合わせて[[レアリティ]]も格下げされている。
  
*[[リミテッド]]では、[[オデッセイ]]の時点で[[春の儀式/Rites of Spring]]がピックできているとプチ[[コンボ]]が成立した。しかし[[レア]]であるため狙ってできるものではなかった。
+
*[[オデッセイ・ブロック]]の[[リミテッド]]では、[[オデッセイ]]の時点で[[春の儀式/Rites of Spring]]が[[ピック]]できているとプチ[[コンボ]]が成立する。しかし[[レア]]であるため狙ってできるものではなかった。
*現在なら[[ムーンフォーク|空民]]や[[掃引]]、[[壌土からの生命/Life from the Loam]]などと組み合わせるのが良いだろうか。[[土地税/Land Tax]]なども良いが、どれも[[カジュアルプレイ|カジュアル]]色が強いのは否めない。
+
*現在なら[[ムーンフォーク|空民]]や[[掃引]]、[[壌土からの生命/Life from the Loam]]などと組み合わせるのがよいだろう。[[土地税/Land Tax]]などもよいが、どれも[[カジュアルプレイ|カジュアル]]色が強いのは否めない。
  
 
==参考==
 
==参考==

2019年6月14日 (金) 17:16時点における最新版


Nantuko Cultivator / ナントゥーコの養成者 (3)(緑)
クリーチャー — 昆虫(Insect) ドルイド(Druid)

ナントゥーコの養成者が戦場に出たとき、あなたは土地カードを望む枚数捨ててもよい。それに等しい数の+1/+1カウンターをナントゥーコの養成者の上に置き、それに等しい枚数のカードを引く。

2/2

ETB手札から土地カード捨て、その枚数だけ強くなるクリーチャー。その際捨てた分カードを引けるのでハンド・アドバンテージを保持しつつ墓地を肥やすことができる。

中盤以降で手札に土地が余っているときに引くと大変ありがたいが、それ以外の場合はただの4マナ2/2。正直言って効率はかなり悪い。

トーメント発売当初に激動/Upheavalとの相性のよさが注目され、話題になったこともあるが、結局サイカトグ/Psychatogには敵わず、トーナメントレベルで目立つ活躍なくスタンダードエクステンデッドを去った。

モダンホライゾン再録され、新規イラストフレイバーテキストを得てモダンで使用可能になった。しかし、キーワード能力を多く取り扱う同セットでも+1/+1カウンター、土地、部族等どれをとっても相性のよいものが無く、再録カードの中でもパッとしないものになってしまっている。周囲のカードパワーに合わせてレアリティも格下げされている。

[編集] 参考

QR Code.gif