ティシャーナ/Tishana

提供:MTG Wiki

2018年1月13日 (土) 17:36時点におけるAE (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

ティシャーナ/Tishanaイクサラン・ブロックのキャラクター。カードとしてはイクサラン轟く声、ティシャーナ/Tishana, Voice of Thunderが初出。

目次

[編集] 解説

イクサラン/Ixalanマーフォーク集団、川守り/The River Heralds形成師/Shaper。女性(イラスト)。

最年長かつ最も強大な力を持つ形成師で、何代にもわたり、多くの形成師の師匠となってきた。

彼女の声は張り上げずとも大きく響き、その気になれば囁きだけでも木々を薙ぎ倒すことができる。このことから轟く声/The Voice of Thunderの二つ名がある。

[編集] 経歴

[編集] 形成師/The Shapers

原初の水源/The Primal Wellspringで弟子のコパラ/Kopalaとともに瞑想を行っていたティシャーナのもとに、最も苦い思いをさせられてきた弟子、クメーナ/Kumenaが現れた。彼は捕虜としていた太陽帝国/The Sun Empireの兵に、先程吐かせた情報を繰り返させた。鉄面連合/The Brazen Coalitionからは新たに2人の船長、牛頭の男と、不思議なコンパスを持つ蔓のような髪の女オラーズカ/Orazcaを目指している。さらに太陽帝国にも、黄金の都を幻視した者がいると。クメーナは訴えた――このままではいずれオラーズカは発見され、不滅の太陽/The Immortal Sunが敵の手に渡り、この地に破滅が訪れるだろう。そうなる前に、我ら川守りが不滅の太陽の力を使わなければならないと。

ティシャーナは従来の川守りの考え方を繰り返した。不滅の太陽の恐ろしい力は、オラーズカを守護する川守り自身を含めて、何人たりとも使ってはならないのだと。クメーナはコパラに賛同を求めたが、彼は迷いながらもティシャーナの側に付いた。覚悟を決めたクメーナが捕虜を水に沈めて始末し、実力行使に打って出ようとしたその瞬間、海岸に近づく船団の気配が全員の手を止めた。クメーナは自分が侵略者を対処すると告げ、その場を去った。

ティシャーナも、オラーズカが発見されるのは時間の問題だという点についてはクメーナと同じ意見だった。彼女はコパラに、川守り全員に万一の事態への備えをさせておくよう言い残し、自らクメーナを追った。彼を止められる力を持つのは自分だけだろうから。

ティシャーナが追いついたとき、クメーナはすでに嵐を起こしていた。彼女はクメーナの呪文を乗っ取り、船団の対処に当たりながら、オラーズカの探索をやめるよう説得を続けた。魔法の腕では師に敵わないことを素直に認めたクメーナは、彼女の弱点を――老いを――指摘すると、その顔面に拳を見舞い、気絶させた。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

イクサラン
ティシャーナの道探し/Tishana's Wayfinder

[編集] フレイバー・テキストに登場

イクサランの相克
川の急航者/River Darter冠羽の群れ使い/Crested Herdcaller覚醒した融合体/Awakened Amalgam

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif