スランのゴーレム/Thran Golem

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
3行: 3行:
 
[[オーラ#オーラ強化計画|オーラ強化計画]]の一環で作られた[[アーティファクト・クリーチャー]]。[[エンチャント (キーワード能力)|エンチャント]]されていれば、最低でも5/5で[[飛行]]、[[先制攻撃]]、[[トランプル]]まで付いた[[クリーチャー]]になる。
 
[[オーラ#オーラ強化計画|オーラ強化計画]]の一環で作られた[[アーティファクト・クリーチャー]]。[[エンチャント (キーワード能力)|エンチャント]]されていれば、最低でも5/5で[[飛行]]、[[先制攻撃]]、[[トランプル]]まで付いた[[クリーチャー]]になる。
  
[[トーナメント]]でもよく見かけられた[[怨恨/Rancor]]を[[つける|つけれ]]ば7/5飛行・先制攻撃・トランプルという[[怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath]]並みの強力クリーチャーが誕生するため一見強そうに見えるが、どこまでいってもこのカードは「[[たられば]]」の域を出ることはできない。なぜなら、これ自身が[[重い]]上、アーティファクト・クリーチャーであることと[[オーラ]]の特性も相まって、[[除去]]されやすく、除去されると一気に[[アドバンテージ]]を失ってしまうディスアドバンテージの塊だからである。「たられば」にかけるにはリスクが大きすぎる。
+
[[トーナメント]]でもよく見かけられた[[怨恨/Rancor]]を[[つける|つけれ]]ば7/5飛行・先制攻撃・トランプルという[[怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath]]並みの強力クリーチャーが誕生するため一見強そうに見えるが、どこまでいってもこのカードは「[[たられば]]」の域を出ることはできない。なぜなら、これ自身が[[重い]]上、アーティファクト・クリーチャーであることと[[オーラ]]の特性も相まって、[[除去]]されやすく、除去されると一気に[[アドバンテージ]]を失ってしまう[[ディスアドバンテージ]]の塊だからである。「たられば」にかけるにはリスクが大きすぎる。
  
 
この重大な欠点のため、当初の[[ウィザーズ・オブ・ザ・コースト|WotC]]の思惑とは異なりトーナメントレベルの活躍は無いままに終わった。[[第9版]]に[[再録]]され、続く[[ラヴニカ・ブロック]]では強力な[[オーラ]]がいくつか出たが、それでも状況は変わらなかった。
 
この重大な欠点のため、当初の[[ウィザーズ・オブ・ザ・コースト|WotC]]の思惑とは異なりトーナメントレベルの活躍は無いままに終わった。[[第9版]]に[[再録]]され、続く[[ラヴニカ・ブロック]]では強力な[[オーラ]]がいくつか出たが、それでも状況は変わらなかった。

2022年1月20日 (木) 12:25時点における最新版


Thran Golem / スランのゴーレム (5)
アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

スランのゴーレムは、自身がエンチャントされているかぎり、+2/+2の修整を受けるとともに飛行と先制攻撃とトランプルを持つ。

3/3

オーラ強化計画の一環で作られたアーティファクト・クリーチャーエンチャントされていれば、最低でも5/5で飛行先制攻撃トランプルまで付いたクリーチャーになる。

トーナメントでもよく見かけられた怨恨/Rancorつければ7/5飛行・先制攻撃・トランプルという怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath並みの強力クリーチャーが誕生するため一見強そうに見えるが、どこまでいってもこのカードは「たられば」の域を出ることはできない。なぜなら、これ自身が重い上、アーティファクト・クリーチャーであることとオーラの特性も相まって、除去されやすく、除去されると一気にアドバンテージを失ってしまうディスアドバンテージの塊だからである。「たられば」にかけるにはリスクが大きすぎる。

この重大な欠点のため、当初のWotCの思惑とは異なりトーナメントレベルの活躍は無いままに終わった。第9版再録され、続くラヴニカ・ブロックでは強力なオーラがいくつか出たが、それでも状況は変わらなかった。

[編集] 参考

QR Code.gif