スラムの巧技/Sram's Expertise

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
13行: 13行:
 
==ルール==
 
==ルール==
 
===サイクル共通のルール===
 
===サイクル共通のルール===
*2つ目の[[効果]]は単に[[手札]]から[[カード]]を[[唱える|唱えて]][[スタック]]に置くだけで、それの[[解決]]は巧技とは別個に行う。手札のカードを唱えて巧技の解決が終了したあと、[[状況起因処理]]のチェックと[[優先権]]のやり取りを行い、何もなければ唱えた[[呪文]]が解決される。
+
*2つ目の[[効果]][[解決中に呪文を唱える]]ことを許可するので、[[カード・タイプ]]による唱えるタイミングとは関係なく唱えることができる。それの[[解決]]は巧技とは別個に行う。手札のカードを唱えて巧技の解決が終了したあと、[[状況起因処理]]のチェックと[[優先権]]のやり取りを行い、何もなければ唱えた[[呪文]]が解決される。
 
*唱えるカードの[[点数で見たマナ・コスト]]は、手札にある状態で判断する。唱えたあとスタック上でいくつになるかは関係ない。
 
*唱えるカードの[[点数で見たマナ・コスト]]は、手札にある状態で判断する。唱えたあとスタック上でいくつになるかは関係ない。
 
**[[マナ・コスト]]に[[X]]が含まれるカードは、X=0で条件を満たしていれば唱えられる。逆に、唱える場合はX=0でしか唱えられない。(→[[マナ・コストを支払うことなく唱える]])
 
**[[マナ・コスト]]に[[X]]が含まれるカードは、X=0で条件を満たしていれば唱えられる。逆に、唱える場合はX=0でしか唱えられない。(→[[マナ・コストを支払うことなく唱える]])

2019年9月14日 (土) 12:01時点における最新版


Sram's Expertise / スラムの巧技 (2)(白)(白)
ソーサリー

無色の1/1の霊気装置(Servo)アーティファクト・クリーチャー・トークンを3体生成する。
あなたは、あなたの手札から点数で見たマナ・コストが3以下のカード1枚を、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。


上級建設官、スラム/Sram, Senior Edificerの巧技は、霊気装置トークン生成

同じく1/1のトークンを3体生成する隊長の号令/Captain's Callと比較すると、色拘束が強くなっただけで3マナ以下の呪文マナ・コストを踏み倒せる呪文能力が追加されており、コスト・パフォーマンスは高い。トークンがアーティファクトでもあることはメリットにもデメリットにもなり得るが、カラデシュ・ブロックにはアーティファクトの大規模な除去手段は多くなく、逆に即席を始めとしたアーティファクト・シナジーが豊富であるため、メリットとして働くことの方が多いだろう。

幸いにも登場時のスタンダードでは、マナ・コストが3以下の呪文にいくつかの全体強化が存在する。小物作りの達人/Master Trinketeer鋳造所の隊長/Chief of the Foundry集団的努力/Collective Effortなどを唱えれば、4マナにして6点以上ものクロックを用意できる。の選択肢を広げればゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikarも良い相方になるだろう。

ただし霊気紛争の登場時点のスタンダードにおいて、トークン戦略を用いたデッキの同マナ域には、頭数の確保・全体強化・単独でのフィニッシャーとしての役割を全てこなすゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikarという強力なライバルが存在することが逆風。こちらを使うなら、アーティファクトを1枚で3つ戦場に出せることや、3マナ以下の呪文を踏み倒せることによるテンポ・アドバンテージの利を生かしたい。

ローテーションが進みイクサラン・ブロック期になると、トークン戦略と相性の良い軍団の上陸/Legion's Landingイトリモクの成長儀式/Growing Rites of Itlimocが登場。これらと組み合わせたデッキが結果を残している。

[編集] ルール

[編集] サイクル共通のルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

霊気紛争の巧技サイクル。いずれもレアソーサリーで各に1枚ずつ存在し、同時に収録された同色の伝説のクリーチャー・サイクルの名を冠する。解決時に元の呪文より点数で見たマナ・コストが1つ小さいカード1枚をマナ・コストを支払うことなく唱えることができる。

[編集] 参考

QR Code.gif