スフィンクスの命令/Sphinx's Decree

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
8行: 8行:
  
 
*[[法をもたらす者、アゾール/Azor, the Lawbringer]]は[[ETB]][[能力]]としてこれを内蔵している。
 
*[[法をもたらす者、アゾール/Azor, the Lawbringer]]は[[ETB]][[能力]]としてこれを内蔵している。
 +
*[[多人数戦]]においては各対戦相手それぞれの次ターンの妨害になるという独自の強みが出てくる。しかし禁止できるカード・タイプが少なすぎる弱点はやはり如何ともしがたい。
 
*どちらかというと{{Gatherer|id=439681}}中の[[アゾール/Azor]]の勇姿を楽しむカードと言えるだろう。ただし、この呪文で[[ファートリ/Huatli]]を沈黙させるイラストの場面は背景ストーリーでは現実のものとしては描かれておらず、[[ニコル・ボーラス/Nicol Bolas (ストーリー)|ニコル・ボーラス/Nicol Bolas]]を謀るために[[ジェイス・ベレレン/Jace Beleren (ストーリー)|ジェイス・ベレレン/Jace Beleren]]が捏造した[[ヴラスカ/Vraska]]の記憶の中の場面となっている。
 
*どちらかというと{{Gatherer|id=439681}}中の[[アゾール/Azor]]の勇姿を楽しむカードと言えるだろう。ただし、この呪文で[[ファートリ/Huatli]]を沈黙させるイラストの場面は背景ストーリーでは現実のものとしては描かれておらず、[[ニコル・ボーラス/Nicol Bolas (ストーリー)|ニコル・ボーラス/Nicol Bolas]]を謀るために[[ジェイス・ベレレン/Jace Beleren (ストーリー)|ジェイス・ベレレン/Jace Beleren]]が捏造した[[ヴラスカ/Vraska]]の記憶の中の場面となっている。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:イクサランの相克]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:イクサランの相克]] - [[レア]]

2019年9月13日 (金) 00:05時点における最新版


Sphinx's Decree / スフィンクスの命令 (1)(白)
ソーサリー

各対戦相手は、次の自分のターンの間、インスタントかソーサリーである呪文を唱えられない。


対戦相手インスタントソーサリー唱えることを制限するソーサリー。

先輩である中断/Abeyanceと違いキャントリップがなく、唱えたこのカードの分だけカード・アドバンテージを失ってしまう、唱えたそのターンには影響しないため、マストカウンター呪文を通すために先に使うことができず、対戦相手のターンの間に決める特殊なコンボでもなければ防御的な使い方しかできない。妨害目的としても影響するカード・タイプ、効果時間ともに狭く、沈黙/Silenceに比べて確実性に欠ける。戦場手札に一切影響を与えないためリミテッドでも使い道に困る。これでいてレアであり、カスレアの一枚。

一応、次のターン全体除去副陽の接近/Approach of the Second Sunが唱えられることがわかっている、といった特殊な状況であれば有効だが、どのみち時間稼ぎにしかならず否認/Negate強迫/Duressの汎用性に比べると月とすっぽんである。その使いづらさは蒼ざめた月/Pale Moonを彷彿とさせる。

[編集] 参考

QR Code.gif