スタング/Stangg

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
20行: 20行:
 
==関連カード==
 
==関連カード==
 
===本体と同性能のトークンを生成するカード===
 
===本体と同性能のトークンを生成するカード===
[[ドミナリア]]まで。いずれも相互を道連れにする能力は持たない。
+
[[モダンホライゾン]]まで。いずれも相互を道連れにする能力は持たない。
  
 
{{サイクル/アポカリプスの暗影クリーチャー}}
 
{{サイクル/アポカリプスの暗影クリーチャー}}
31行: 31行:
 
*[[落とし悶え/Spawnwrithe]] - これが[[戦闘ダメージ]]を与えるたびに自身のコピーであるトークンを生成する。(2)(緑)。([[シャドウムーア]])
 
*[[落とし悶え/Spawnwrithe]] - これが[[戦闘ダメージ]]を与えるたびに自身のコピーであるトークンを生成する。(2)(緑)。([[シャドウムーア]])
 
**[[巨大オサムシ/Giant Adephage]] - これが戦闘ダメージを与えるたびに自身のコピーであるトークンを生成する。(5)(緑)(緑)。([[ギルド門侵犯]])
 
**[[巨大オサムシ/Giant Adephage]] - これが戦闘ダメージを与えるたびに自身のコピーであるトークンを生成する。(5)(緑)(緑)。([[ギルド門侵犯]])
 +
**[[霧組のナーガ/Mist-Syndicate Naga]] - これが戦闘ダメージを与えるたびに自身のコピーであるトークンを生成する。(2)(青)[[忍術]](2)(青)。([[モダンホライゾン]])
 
*[[若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon]] - ETBで[[飛行]]を持つ[[赤]]の4/4の[[ドラゴン]]・トークンを生成する。(3)(黒)(赤)(緑)。([[アラーラの断片]])
 
*[[若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon]] - ETBで[[飛行]]を持つ[[赤]]の4/4の[[ドラゴン]]・トークンを生成する。(3)(黒)(赤)(緑)。([[アラーラの断片]])
 
**[[先駆のゴーレム/Precursor Golem]] - ETBで無色の3/3[[ゴーレム]]・トークンを'''2体'''生成する。[[本体]]が[[戦場]]に存在する場合のみ、ゴーレム1体のみを[[対象]]とする[[インスタント]]・[[ソーサリー]][[呪文]]を、他のすべてのゴーレムへ[[放射/Radiate]]する。(5)。([[ミラディンの傷跡]])
 
**[[先駆のゴーレム/Precursor Golem]] - ETBで無色の3/3[[ゴーレム]]・トークンを'''2体'''生成する。[[本体]]が[[戦場]]に存在する場合のみ、ゴーレム1体のみを[[対象]]とする[[インスタント]]・[[ソーサリー]][[呪文]]を、他のすべてのゴーレムへ[[放射/Radiate]]する。(5)。([[ミラディンの傷跡]])
39行: 40行:
 
**[[冠羽の群れ使い/Crested Herdcaller]] - ETBでトランプルを持つ緑の3/3[[恐竜]]・トークンを生成する。(3)(緑)(緑)。(イクサランの相克)
 
**[[冠羽の群れ使い/Crested Herdcaller]] - ETBでトランプルを持つ緑の3/3[[恐竜]]・トークンを生成する。(3)(緑)(緑)。(イクサランの相克)
 
**[[刃の翼ヴェリックス/Verix Bladewing]] - [[キッカー]]しているとETBで飛行を持つ赤の4/4の[[伝説の]][[ドラゴン]]・トークンを生成する。(2)(赤)(赤)。([[ドミナリア]])
 
**[[刃の翼ヴェリックス/Verix Bladewing]] - [[キッカー]]しているとETBで飛行を持つ赤の4/4の[[伝説の]][[ドラゴン]]・トークンを生成する。(2)(赤)(赤)。([[ドミナリア]])
 +
**[[ゴブリンの扇動者/Goblin Instigator]] - ETBで赤の1/1[[ゴブリン]]・トークンを生成する。(1)(赤)。([[基本セット2019]])
 +
**[[凛々しい騎兵隊/Gallant Cavalry]] - ETBで[[警戒]]を持つ白の3/3[[騎士]]・トークンを生成する。(3)(白)。(基本セット2019)
 +
**[[変容の軍勢/Irregular Cohort]] - ETBで[[多相]]を持つ無色の3/3[[多相の戦士]]・トークンを生成する。(2)(白)(白)。(モダンホライゾン)
 +
**[[双子絹蜘蛛/Twin-Silk Spider]] - ETBで[[到達]]を持つ緑の1/2[[蜘蛛]]・トークンを生成する。(2)(緑)。(モダンホライゾン)
 
*[[鏡印章の兵長/Mirror-Sigil Sergeant]] - [[青]]の[[パーマネント]]を[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]しているなら、[[あなた|自身]]の[[アップキープ]]の開始時にこれのコピであるトークンを生成する。(5)(白)。([[コンフラックス]])
 
*[[鏡印章の兵長/Mirror-Sigil Sergeant]] - [[青]]の[[パーマネント]]を[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]しているなら、[[あなた|自身]]の[[アップキープ]]の開始時にこれのコピであるトークンを生成する。(5)(白)。([[コンフラックス]])
 
*[[マイアの繁殖者/Myr Propagator]] - 起動コスト(3)の[[タップ能力]]で自身のコピーであるトークンを生成する。(3)。(ミラディンの傷跡)
 
*[[マイアの繁殖者/Myr Propagator]] - 起動コスト(3)の[[タップ能力]]で自身のコピーであるトークンを生成する。(3)。(ミラディンの傷跡)

2019年6月14日 (金) 17:10時点における最新版


Stangg / スタング (4)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)

スタングが戦場に出たとき、《スタングの双子/Stangg Twin》という名前の赤であり緑である3/4の伝説の人間(Human)・戦士(Warrior)クリーチャー・トークンを1体生成する。スタングが戦場を離れたとき、そのトークンを追放する。そのトークンが戦場を離れたとき、スタングを生け贄に捧げる。

3/4

「双子の勇者」のイメージでデザインされた伝説のクリーチャー戦場に出ると同時にもう1体、運命を共にする同性能のクリーチャートークン生成するETB能力を持つ。

P/Tの合計サイズボード・アドバンテージの面で見れば悪くないコスト・パフォーマンスなのだが、どちらかが戦場を離れるともう一方も道連れになるというペナルティが重い足枷となっている。一方が死亡すると被害がもう一方にも及ぶため、コンバット・トリック単体除去に滅法弱く、ボード・アドバンテージが取れる能力でありながら除去耐性は無いに等しい。どころか、これは「戦場を離れたとき」にも誘発するため、トークン対象バウンス明滅されるだけでも本体もろとも除去されてしまうなど、マイナスの相互作用によって、通常のクリーチャー以上に脆弱さが際立ってしまっているのが実情。

試みそのものは意欲的で、のちに幾種類か作られる「本体と同性能のトークンを生成するカード」の元祖となった(#関連カード)。これ以降の「道連れ制約」を取り払った亜種の中には、トーナメントシーンで活躍するカードパワーを持ったものも登場している。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] 本体と同性能のトークンを生成するカード

モダンホライゾンまで。いずれも相互を道連れにする能力は持たない。

アポカリプスの暗影クリーチャーサイクル。アポカリプスの各に存在するサイクルの版。死亡すると、自身と同じP/Tクリーチャー・タイプキーワード能力を持つ、であるクリーチャートークンが出る。

また、時のらせんで同様の能力を持った暗影の蜘蛛/Penumbra Spiderが登場した。

[編集] 参考

  1. 『マスターズ25th』のトークン(Feature 2018年3月2日)
QR Code.gif