ジアン・ヤングー/Jiang Yanggu

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ジアン・ヤングー(姜旸谷)/Jiang YangguGlobal Series: Jiang Yanggu & Mu Yanlingのキャラクター。カードとしてはGlobal Series: Jiang Yanggu & Mu YanlingのJiang Yangguが初出。

目次

[編集] 解説

山海経をモチーフとする次元/Plane(名称不明)出身のプレインズウォーカー/Planeswalker。男性。年齢は十代で、身長は165cm(イラスト)。愛らしい姿から三尾の巨大な姿に化ける猟犬モーウー(默武)/Mowuを連れている(イラスト)。

彼は記憶喪失であり、本当の名前も、過去も、家族も――家族がいたのかさえも――覚えていない。ヤングー(旸谷)という名は自ら付けたもので、「太陽が昇る谷」を意味する。これは彼が思い出せる最初の地名、東の果ての谷/The Easternmost Valleyに因んだものである。

プレインズウォーカーは通常、他の生物を連れて次元を渡ることはできないが、ヤングーはモーウーとともにプレインズウォークすることができる。これは彼の魔法能力の一部である[1][2]

[編集] 経歴

[編集] ヤンリンとの出会い

ヤングーは忠犬モーウーとともに旅を続け、強大な九黎氏族/The Jiuli Clanの住まう村に辿り着いた。ようやく平穏を見出した彼はこの地に定住し、彼らの中で生きることを決めた。炎の踊り手の赤优/Chiyouという同年代の友人もできた。

だがあるとき、奇妙な疫病が村を襲った。九黎氏族の力をもってしてもそれは止められず、すぐに氏族そのものの存亡に関わる事態となった。ヤングーはその病の原因が水源の汚染にあることに気づいたが、彼一人の力ではどうすることもできなかった。新たな故郷を救おうという必死の思いで、彼は名高い霊薬を求めて謎に包まれた十巫山/The Ten Wizards Mountainへ向かい、そこで罠に遭遇した。それは見たこともない魔術を操る、神秘的で悪戯好きな女性、ムー・ヤンリン/Mu Yanlingが仕掛けたものだった。少々の小競り合いを経て、二人は言葉を交わし、やがて互いを信頼するようになった。

水を操る力を持つヤンリンの協力を得て、ヤングーは水源を浄化し、村を救うことに成功した。村人たちは感謝し、ヤングーを長に迎えたいと申し出たが、彼はそれを断った――ヤングーはその水使いとともに、自身の過去の真実を探す旅に出る決心を固めていたのだ。

[編集] War of the Spark: Ravnica

次元間の標/Interplanar Beaconによってラヴニカ/Ravnicaに呼び出されたプレインズウォーカーの一人。モーウー、ヤンリンとともにニコル・ボーラス/Nicol Bolasの軍団と戦った。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

Global Series: Jiang Yanggu & Mu Yanling
Dragon's PresenceReckless PangolinFerocious ZhengEarthshaking SiAggressive InstinctConfidence from StrengthJourney for the Elixir
灯争大戦
巨大化/Giant Growth忠実な相棒、モーウー/Mowu, Loyal Companion

[編集] イラストに登場

Global Series: Jiang Yanggu & Mu Yanling
Confidence from Strength、Journey for the Elixir
灯争大戦
巨大化/Giant Growth、忠実な相棒、モーウー/Mowu, Loyal Companion

[編集] 登場作品・登場記事

ラヴニカのギルド灯争大戦

[編集] 脚注

  1. More War Games/さらなる大戦のゲームMaking Magic 2019年4月29日 Mark Rosewater著)
  2. Constraints and Defaults/強制と標準(Making Magic 2019年7月15日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif