サバンナ・ライオン/Savannah Lions

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
12行: 12行:
 
*第8版に再録された際、[[アンリミテッド]]からの再録として紹介されている。ただし、[[リバイズド]]や[[第4版]]の再録経験がある。
 
*第8版に再録された際、[[アンリミテッド]]からの再録として紹介されている。ただし、[[リバイズド]]や[[第4版]]の再録経験がある。
 
*第9版での再録時に、[[クリーチャー・タイプ]]再編により[[ライオン]]から[[猫]]へ変更された。
 
*第9版での再録時に、[[クリーチャー・タイプ]]再編により[[ライオン]]から[[猫]]へ変更された。
*[[マスターズ25th]]に新規{{Gatherer|id=442022}}と新規[[フレイバー・テキスト]]で[[再録]]された。
+
*[[マスターズ25th]]に新規{{Gatherer|id=442271}}と新規[[フレイバー・テキスト]]で[[再録]]された。
 
*[[中村聡]]の著書「[[中村聡のマジック:ザ・ギャザリング五輪の書]]」によると、黎明期にこのカードは中村の周囲では「[[コモン]]以下の[[紙|ゴミクズ]]扱い」をされていたらしい。当然、[[甲鱗のワーム/Scaled Wurm]]の方が人気であった。このクリーチャーの真の強さが分かるようになれば初心者脱却であろう。
 
*[[中村聡]]の著書「[[中村聡のマジック:ザ・ギャザリング五輪の書]]」によると、黎明期にこのカードは中村の周囲では「[[コモン]]以下の[[紙|ゴミクズ]]扱い」をされていたらしい。当然、[[甲鱗のワーム/Scaled Wurm]]の方が人気であった。このクリーチャーの真の強さが分かるようになれば初心者脱却であろう。
 
*ペナルティや条件無しの1マナパワー2は長らく白にしか存在しなかったが、[[イニストラードを覆う影]]で[[赤]]の[[ファルケンラスの過食者/Falkenrath Gorger]]が、[[異界月]]で[[緑]]の[[ケッシグをうろつくもの/Kessig Prowler]]が登場した。
 
*ペナルティや条件無しの1マナパワー2は長らく白にしか存在しなかったが、[[イニストラードを覆う影]]で[[赤]]の[[ファルケンラスの過食者/Falkenrath Gorger]]が、[[異界月]]で[[緑]]の[[ケッシグをうろつくもの/Kessig Prowler]]が登場した。
34行: 34行:
 
*'''[[空渡りの野心家/Skymarcher Aspirant]]''' - [[昇殿]]で[[飛行]]を持つ。([[イクサランの相克]])
 
*'''[[空渡りの野心家/Skymarcher Aspirant]]''' - [[昇殿]]で[[飛行]]を持つ。([[イクサランの相克]])
 
*'''[[不屈の護衛/Dauntless Bodyguard]]''' - 戦場に出る際に他のクリーチャーを選び、自身を[[生け贄に捧げる]]とそれに[[破壊不能]]を付与する。([[ドミナリア]])
 
*'''[[不屈の護衛/Dauntless Bodyguard]]''' - 戦場に出る際に他のクリーチャーを選び、自身を[[生け贄に捧げる]]とそれに[[破壊不能]]を付与する。([[ドミナリア]])
*'''[[尊い騎士/Venerable Knight]]''' - [[死亡]]したときに[[騎士]]クリーチャーに+1/+1カウンターを1個置く。([[エルドレインの王権]])
+
*'''[[尊い騎士/Venerable Knight]]''' - [[死亡]]したときに[[騎士]]に[[+1/+1カウンター]]を1個置く。([[エルドレインの王権]]
  
 
==参考==
 
==参考==

2020年3月25日 (水) 23:07時点における最新版


Savannah Lions / サバンナ・ライオン (白)
クリーチャー — 猫(Cat)

2/1

1マナながら、パワーが2かつペナルティ能力も持たないという破格のコスト・パフォーマンスを誇るクリーチャー小型クリーチャーが優秀という色の役割を象徴するかのようなカード

バニラなので一見すると地味だが、2ターン目から2点のクロックをかけられるのは非常に強力。後述の通り同レベルの性能のカードは長らく存在しておらず、レアであることも納得できる。

第8版で久々に再録され、話題を総ざらいに。さらに第9版でも続けて収録。登場直後こそ白ウィニーの力不足により活躍できなかったが、神河ブロック参入後はその高い性能を発揮し、ボロスウィニーZooといった高速ビートダウンの隆盛を支えた。

時代が下った現在では、上位互換を含めこれより優れた性能を持つカードが多数登場している(→#関連カード)。同型再版先兵の精鋭/Elite Vanguardアンコモンで登場し、これ自身もマスターズ25thではついにコモンとしての収録になったということもあり、黎明期から続いた「ウィニーのスター」としての役割を終えたと言えよう。

[編集] 関連カード

[編集] 同型再版

[編集] 主な上位互換・変形版

1マナパワー2の白のクリーチャー。常在型能力によりパワーが上がるものも含めるが、飛行を持つものは除外してある。太字のものは上位互換

[編集] 参考

QR Code.gif