ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenade

提供:MTG Wiki

2017年11月14日 (火) 08:18時点におけるブラー (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Goblin Grenade / ゴブリンの手投げ弾 (赤)
ソーサリー

ゴブリンの手投げ弾を唱えるための追加コストとして、ゴブリン(Goblin)を1体生け贄に捧げる。
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ゴブリンの手投げ弾はそれに5点のダメージを与える。


フォールン・エンパイアの優良コモンの1つ。追加コストゴブリン1体が必要だが、たったそれだけでなんと1マナ5点火力という破格の性能。

ソーサリーであるために除去対応して生け贄に捧げる使い方はできないが、それでもこのダメージは強烈。攻撃の終わったゴブリンを戦闘後メイン・フェイズで飛ばせば無駄がない。1マナでほとんどのクリーチャーに対処可能であり、最後の一押しとしても役立つ。ゴブリンの選択肢が豊富な今ならば相対的に価値も上がったと言える。

その高い破壊力を買われて、黎明期のゴブリン・バーンデッキで重宝された。基本セット2012再録時にも、ゴブリンを中心としたスライにおいて活躍している。

  • フォールン・エンパイア版ではコモンであり絵柄が3種類あるため、少ないパックで必要な枚数を揃えることができた。トーラックへの賛歌/Hymn to Tourachもそうだが、こういう強力なカードの入手が容易だったおかげで大量にパックを買う必要性が生まれず、フォールン・エンパイアがあまり売れなかった、と言われている。
  • フォールン・エンパイア版の3種類のイラストの内、イラストのゴブリンの槍にはちょっとした秘密があり、よく見れば槍の棘にMikeの綴りが隠されている。イラストレイターのRon Spencerの相棒の名前で、彼がよくやるちょっとしたお遊びとのこと[1]

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

追加コストとして何かを生け贄に捧げる単体火力には、後にいくつかの亜種が作られている。

起動型能力として同種の効果を持つパーマネントゴブリンの砲撃/Goblin Bombardmentの項を参照。

[編集] ストーリー

ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenadeは可燃性混合物を収めた容器や爆弾の一種。手投げ弾とは名ばかりでゴブリンの手によって直接目標まで運ばれそのまま爆発させたり、ゴブリンと一緒に目標に投げつけられる。

サーペイディア/Sarpadia暗黒時代の兵器として登場した。

小説And Peace Shall Sleepでは、リーオッド・ダイ/Reod Daiがサーペイディアのゴブリンへ製造法を伝えた兵器の一つ。別名Goblin Eggゴブリンの卵)。使用者自身も爆死する自殺的な武器であるが、リーオッドは、作動を確実なものとするため持ち運ぶ必要があるとゴブリンに説明、納得させている。

漆黒の手教団/Order of the Ebon HandGenkr Nik(ジェンカ・ニク)はリーオッドを拷問にかけゴブリンの卵の製造法を聞き出そうとした。

[編集] 登場作品

[編集] 参考

  1. Goblin Grenade Secret(Arcana 2004年12月29日)
QR Code.gif