コーマ/Koma

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

コーマ/Komaカルドハイムのキャラクター。カードとしてはカルドハイムの星界の大蛇、コーマ/Koma, Cosmos Serpentが初出。

目次

[編集] 解説

カルドハイム/Kaldheim星界の怪物/Cosmos monstersの一体で、巨大な。二つ名は星界の大蛇/The Cosmos Serpent

星界の怪物の中でも最初に生まれた、最も古い存在である。その真の大きさは知られていない――コーマは自身をいくつもの小さな断片に分割でき、それぞれが世界樹/The World Treeの周囲を独立して動き回っているからだ。

コーマは古き神々アイニール/The Einir、およびその子孫であるエルフ/Elfの崇拝対象である。エルフはその崇敬を外見に反映させている――蛇の鱗のように編んだ髪から、織物のデザイン、本物の蛇の皮の使用に至るまで。タイヴァー・ケル/Tyvar Kellの刺青も、コーマを模したものである。

星界の怪物のほとんどは、どの領界/Realmへも自由に侵入することができる。だが新たな神々スコーティ/The Skotiがアイニールを打ち倒した際、彼らはアイニールが崇拝していたコーマがどの領界へ入ることも禁じた。もしかしたらスコーティは、コーマがスケムファー/Skemfarに入り、投獄されたアイニールを解放することを危惧したのかもしれない。あるいはこの大蛇がいつか、どの領界にも収容できないほどの大きさに成長することを恐れたのかもしれない。いずれにせよ、コーマへの崇拝を続けるエルフは、その追放が世界樹に危害を加えると信じている。コーマは領界の外では落ち着くことができず、その興奮が世界樹を不安定にし、ドゥームスカール/Doomskarの増加という危険な事態の原因になっていると。この大蛇が領界を自由にうろつけるようにならないかぎり、世界樹は確実に枯れるだろう――そしてそれとともにすべての領界が滅びるだろう――エルフはそう信じている。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

カルドハイム
大蛇の餌/Feed the Serpent(大蛇として)、コーマの信者/Koma's Faithful

[編集] フレイバー・テキストに登場

カルドハイム
古牙の信奉者/Elderfang Disciple(偉大なる大蛇として)、大蛇の餌/Feed the Serpent(大蛇として)、コーマの信者/Koma's Faithful(偉大なる大蛇として)、ヤスペラの歩哨/Jaspera Sentinel(星界の大蛇として)、森林の地割れ/Woodland Chasm(星界の大蛇として)、蛇孔の小道/Slitherbore Pathway(星界の大蛇として)

[編集] イラストに登場

カルドハイム
大蛇の餌/Feed the Serpentコーマの信者/Koma's Faithful(像)

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] その他

[編集] 参考

QR Code.gif