コントロール (デッキ)

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(記事の内容的にもデッキパターンよりもゲームでの立ち回りの意味で使っているため内容をゲーム用語に移動)
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
9行: 9行:
  
 
と定義される。
 
と定義される。
 
また、「いずれがビートダウンか」によれば、
 
コントロールデッキ同士の対決、ビートダウンデッキ同士の対決のように、類似するデッキで対戦する場合、
 
 
相対的にビートダウン・コントロールが決まるともされており、
 
 
自分のデッキと相手のデッキを見比べて、
 
# ダメージ源がより多い方がビートダウン(より少ない方がコントロール)
 
# 除去がより多い方がコントロール(より少ない方がビートダウン)
 
# 打消しとドローがより多い方がコントロール(より少ない方がビートダウン)
 
とも定義されている。
 
  
 
*「[[黒コントロール]]」「[[けちコントロール]]」のように、デッキの[[色]]や[[キーカード]]を冠した呼び名が付く場合が多い。さらにそれを略し、「○○コン」(黒コン、けちコンなど)という呼び方をする事もある。
 
*「[[黒コントロール]]」「[[けちコントロール]]」のように、デッキの[[色]]や[[キーカード]]を冠した呼び名が付く場合が多い。さらにそれを略し、「○○コン」(黒コン、けちコンなど)という呼び方をする事もある。

2020年2月20日 (木) 19:28時点における最新版

コントロール(Control)とは、相手の行動を妨害し、ゲームの流れを支配して勝利することを目指すデッキの総称。

公式コラム「Philosophy of Control/コントロールの理念」によれば、

  1. 打ち消し呪文除去呪文で対戦相手よりも長く生き延び、相手よりも強力な何かをすることでゲームに勝とうとするデッキ
  2. 序盤は自分の身を守り、対戦相手のリソースが枯渇したあとで、強力な遅いゲームの勝ち手段をプレイして、そのゲームを迅速に終わらせるデッキ

と定義される。

[編集] 参考

QR Code.gif