クラークのもう一本の親指/Krark's Other Thumb

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Krark's Other Thumb / クラークのもう一本の親指 (2)
伝説のアーティファクト

あなたがサイコロを1個振るなら、代わりにそのサイコロを2個振り、その出目の1個を無視する。


クラークの親指/Krark's Thumbのパロディにしてリメイクコイン投げではなく、Unstableらしくサイコロに干渉する。

本家と比較して、表か裏かの二択であるコイン投げに比べ、ダイスは2個振っても狙った出目が出てくれない可能性が高くなっている。またUnstableにはこれ以外にもサイコロの出目などに介入できるカードがちらほら存在するため、珍しさや突飛さの面でも多少色あせている感が否めない。

とはいえ、組み合わせる意義があるカードが多数共存しているという一点において、本家とは比べ物にならないほど恵まれている。ある程度自由に出目を選択できることから、特に出目の差を参照するからくりとの相性がよい。

[編集] ルール

  • 無視されたダイスは、他のカードから見ても振られていないものとして扱う。運良く/As Luck Would Have Itなどは無視されたダイスの結果を数えない。
  • 一度に複数のダイスを振る場合、それぞれについてダイスを2個振っていずれか一方を無視する。
    • 例えば「2個のダイスを振る」とある場合、「4個のダイスを振ってそのうち好きな2個を選ぶ」のではなく、「ダイスAに対応する2個と、ダイスBに対応する2個を振り、それぞれから1個ずつ選ぶ」。
    • 色違いのダイスを複数用意しておいて区別できるようにするか、1個ぶんずつ分けて処理をするのが望ましい。
  • 6面ダイスに限っていないので、次元ダイス4面20面のダイスを振る際にも効果を発揮する。
  • 当然ながら、コイン投げのコインの代用や、無作為に選択する際の手段としてダイスを使う際は、これの影響を受けない。

[編集] ストーリー

賭けに負け、切り落とされたクラーク/Krarkのもう一本の親指が、どういうわけだかバブロヴィア/Babloviaに流れ着いてしまった。

アン元宇宙/Un-iverseの物品や物語は黒枠世界とは基本的に無関係なのだが、親指なしのクラーク/Krark, the Thumblessの登場により、この親指は黒枠世界の本人のものであり、フレイバー・テキストも正史であることが判明した。

Krark was the kind of goblin who'd lose his thumb in a wager and come right back with "Double or nothing!"
クラークは賭け事で親指を失い、すぐに「倍か0かだ!」と言って戻ってきたゴブリンだ。
  • Mark Rosewaterは、もう一本の親指がいかにしてバブロヴィアにたどり着いたのかはいつか話すとしている[1]
  • クラークの親指は本人が首から下げていたためかボロボロなのだが(イラスト)、もう一本の親指はそれほど損傷を受けていない(イラスト)。切り落とされたのが比較的最近か、切られてから程なくしてバブロヴィアに飛んだのかもしれない。

[編集] 参考

  1. かなりの人物
QR Code.gif