キャノピーランド

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(ページの作成:「'''キャノピーランド'''(''Canopy Land'')とは、ペインランドに似た1点のライフと引き換えに2のうち好きな色のマナを...」)
 
 
1行: 1行:
'''キャノピーランド'''(''Canopy Land'')とは、[[ペインランド]]に似た1点の[[ライフ]]と引き換えに2[[色]]のうち好きな色の[[マナ]]を出す能力及び、1マナと自身を[[タップ]]することにより[[ドロー]]に置き換えることができる[[土地]]の俗称。
+
'''キャノピーランド'''(''Canopy Land'')とは、[[ペインランド]]に似た1点の[[ライフ]]と引き換えに2[[色]]のうち好きな色の[[マナ]]を出す能力及び、1マナと自身を[[タップ]]することにより[[ドロー]]に置き換えることができる能力を有する[[土地]]の俗称。
 
{{#card:Horizon Canopy}}
 
{{#card:Horizon Canopy}}
  

2019年9月14日 (土) 01:52時点における最新版

キャノピーランド(Canopy Land)とは、ペインランドに似た1点のライフと引き換えに2のうち好きな色のマナを出す能力及び、1マナと自身をタップすることによりドローに置き換えることができる能力を有する土地の俗称。


Horizon Canopy / 地平線の梢
土地

(T),1点のライフを支払う:(緑)か(白)を加える。
(1),(T),地平線の梢を生け贄に捧げる:カードを1枚引く。


[編集] 解説

初出は未来予知で登場した地平線の梢/Horizon Canopyであるが、この時のタイムシフト友好色土地サイクルはそれぞれが特徴的な異なる能力を有しており、このカードと同じ能力を持つ土地は存在しなかった。そのため、時にはの片方しか使用しないデッキでもドロー能力目当てで投入されることがあった。しかしモダンホライゾンにて待望の同じ能力を持つ対抗色サイクルが収録され、現在では様々なデッキに投入されている。

アンタップインできる2色地形である上に、中盤以降に土地が余り出してからはドローに変換できるため非常に使い勝手が良く、特にライフ支払うことに対するリスクが小さくマナフラッドを避けたいアグレッシブなデッキにおいて有用である。とはいえペインランドとは異なり無色マナを出すことができない、またマナを出す際には必ずライフを支払うことになる、といった弱点も存在する。

[編集] キャノピーランド一覧

QR Code.gif