ガラク/Garruk

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
72行: 72行:
 
ジェイスと別れ休息を取るガラクの前に、[[氷男/Icy|もう一人別のプレインズウォーカー]]が現れる。ヴロノスの協力者である彼もまた、ガラクを捕獲するのが目的だった。一緒にイニストラードへと来るようにと脅されたが、ガラクの返答はジェイスへのそれと同じだった。ガラクは獲物ですらないプレインズウォーカーを殺す必要はもうなかったが、力のない者が怪物を脅かした時点でその死は決まっていた。ガラクは斧を振り下ろし、次の目的地へと向かった。
 
ジェイスと別れ休息を取るガラクの前に、[[氷男/Icy|もう一人別のプレインズウォーカー]]が現れる。ヴロノスの協力者である彼もまた、ガラクを捕獲するのが目的だった。一緒にイニストラードへと来るようにと脅されたが、ガラクの返答はジェイスへのそれと同じだった。ガラクは獲物ですらないプレインズウォーカーを殺す必要はもうなかったが、力のない者が怪物を脅かした時点でその死は決まっていた。ガラクは斧を振り下ろし、次の目的地へと向かった。
  
===野生語りの帰還/Return of the Wildspeaker===
+
===[[エルドレインの王権]]===
騎士とおとぎ話の次元エルドレインで、ガラクは[[オーコ/Oko]]と戦闘になるが、魔力の茨を用いて捕らえられた。その後オーコは洗脳したガラクを手駒として、エルドレインの次元に騒乱を巻き起こすため蠢動する。
+
ヴェールの呪いは未だ根深く、プレインズウォーカー狩りの衝動が再び顔を出し、ガラクを突き動かしていた。名を知られていないとある[[次元/Plane]]を訪れていたガラクは、プレインズウォーカー・[[オーコ/Oko]]を仕留め損ない、逆に魔力の茨を用いて捕らえられてしまう。ガラクは催眠魔法をかけられ、オーコが[[エルドレイン/Eldraine]]で騒乱を巻き起こすための「忠犬/Dog」として下僕にされてしまう。
  
しかし王家の双子[[ローアン・ケンリス/Rowan Kenrith]]と[[ウィル・ケンリス/Will Kenrith]]の協力により、ガラクは正気を取り戻す。[[面晶体/Hedron]]は摘出され、エルドレインの王国五宮廷の一つロークスワインの秘宝[[永遠の大釜/The Cauldron of Eternity]]によって呪いを清められ、ついにガラクは呪いから完全に開放された。
+
エルドレインの地でオーコに隷従するガラクだったが、そんな中で彼の助けとなる二人組が現れる。王家の双子、[[ローアン・ケンリス/Rowan Kenrith (ストーリー)|ローアン・ケンリス/Rowan Kenrith]]と[[ウィル・ケンリス/Will Kenrith (ストーリー)|ウィル・ケンリス/Will Kenrith]]だ。彼らの父[[アルジェナス・ケンリス/Algenus Kenrith]]王もまた、オーコの手によって[[ケンリスの変身/Kenrith's Transformation|大鹿へと変えられてしまっていた]]のだ。彼らの協力により[[面晶体/Hedron]]が摘出されると、ガラクはオーコの支配を脱した。しかしその一方で、面晶体によって押し留められていた呪いが再びガラクを蝕み始め、彼自身をいよいよ食らい尽くそうとしていた。
探索と戦いの末オーコをエルドレイン次元から退けた後、王家の双子はプレインズウォーカーとして覚醒し故郷から旅立った。ガラクは二人の両親である[[アルジェナス・ケンリス/Algenus Kenrith]][[リンデン・ケンリス/Linden Kenrith]]に約束する。
+
  
「俺の呪いは解けた。行きたい所へどこへでも行ける。だから約束しよう、アルジェナス・ケンリスとリンデン・ケンリス。俺が二人を追いかけて、見守ろう」
+
衰弱したガラクは巨大な川の獣に襲われ、これを退けるものの、力尽きて水底へと沈んでしまう。ウィルが川に飛び込み決死の救出を試みるも、意識を失ったガラクの巨体はあまりにも重い。絶体絶命と思われたその時、不意に奇妙な光が二人を持ち上げた。何か固い縁を掴み水面に出ると、そこは大きな器の上だった。それは長らく隠されていた[[ロークスワイン/Locthwain]]の秘宝、[[永遠の大釜/The Cauldron of Eternity#ストーリー|永遠の大釜/The Cauldron of Eternity]]。偶然にも彼らはそれを発見したのだ。大釜はガラクの呪いを吸い上げ、遂にガラクは[[野生語りの帰還/Return of the Wildspeaker#ストーリー|呪いから完全に開放された]]。――物言わぬ屍を残して。ガラクの死に涙を流すウィルだったが、大釜から響く声を耳にする。「相応しき者よ」と。気が付くと彼らは川岸に横たわっており、ガラクも生きていた。相応しき者に生命を与えるとされる大釜は、その伝説通りガラクを蘇らせたのだ。
「なぜ、そのような?」
+
「あの二人が俺を助けてくれた。だから俺もそうするつもりだ」
+
  
 +
ガラクはローアンとウィルと共にオーコを追い詰めるものの、彼はプレインズウォークしてエルドレインから逃れた。ケンリス王は大鹿の呪いから開放されたが、その過程で明らかとなった真実は双子の[[プレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Spark]]を灯らせ、彼らを別の[[次元/Plane]]へと旅立たせた。父親として双子の安否を案じるケンリス王に、自らの父を――息子のためにその身を投げ出した父を――重ね合わせたガラクは、目に熱いものを感じるのだった。そして、双子を追いかけ、見守ることを約束する。''「あの二人が俺を助けてくれた。だから俺もそうするつもりだ」''と。
  
 
==登場==
 
==登場==

2020年1月16日 (木) 14:54時点における最新版

ガラク/Garrukローウィンで初めてのプレインズウォーカー・カード野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker)として登場したキャラクター。ストーリーではいくつかのウェブコミックのほか、イニストラード・ブロックから本格的に登場した。また基本セット2015ではゲーム的にもストーリー的にも大きく取り上げられた。

目次

[編集] 解説

次元/Planeを渡り、より強大かつ凶悪な獲物を追い求める狩人。人間男性のプレインズウォーカー/Planeswalkerコンピューターゲームデュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013」によると年齢は36歳、身長249cm、体重216kg。イラスト

彼が多元宇宙/Multiverseのどの次元に生まれ、どの次元に住んでいるのかは知られていない。野生の狩人である彼にとっては、獲物を追い続けることこそが人生のすべてであり、故郷も住処も必要ではないのかもしれない。

「野性語り/Wildspeaker」という名の由来もまた語られていないが、彼自身が己の名を告げる際はこの呼び名を好んで使っている。ローウィンに収録されたプレインズウォーカー・カードはすべて正式名称(フルネーム)で統一されている(参考、最下段)とされており、Mark Rosewaterへ寄せられたファンからの質問で本名が「ガラク・ワイルドスピーカー」である事が確定した。

  • 公式サイトのコラム『Liliana's Mission』では「Muscle-headed nature-mage」と紹介され「脳筋の自然魔道士」と訳された。
  • Mark Rosewaterによると、発音は"GAIR-rick"[1][2]

[編集] 召喚術

ガラクは召喚術の達人であり、その呪文は野生のたちを召喚し、強化する。今まで倒した獲物たちと合体/Connectすることによって彼の力は高まり、まさに千の怪物と化す。

[編集] ゼンディカー/Zendikarでの狩猟

ガラクはかつてゼンディカー/Zendikarに赴いて、変わり樹/The Turntimberのワームを狩猟した経験がある。[3]そのため、異次元間組織が総力を挙げて解読しようと情報を集めてもどこの地図であるかも判らなかった巻物を、一目見ただけでゼンディカーの地図である事を見抜いた。

[編集] 経歴

[編集] The Wild Son(1)

ガラクは知られていない次元で、特務魔道士/Task Mageであった父のラクラン(Raklan)と共に農場で暮らしていた。彼が10歳の時に父から初めての魔法を教わった。その後、その地の支配者フェルダス卿(Lord Faldus)の執行官(Sheriff)の一隊が訪れ、卿の軍隊にガラクを徴兵しようとした。父はガラクに離れていても会話ができるアーティファクトを手渡し、彼を森の奥へ逃げるように言う。

逃走中に超大なベイロス/Enormous Balothと遭遇して転んでしまい追手の兵士に見つかってしまうが、彼らがベイロスに襲われている間にガラクは逃げ延びた。アーティファクトを通じて父の最期の言葉を聞いたガラクは、その教えに従って、彼の魔法によってその場にいたベイロス親子を従える。

「自然はお前の友だ。森とそれが与えてくれるものを信じるのだ。だが、ガラク、最も大切なことを心せよ……人は誰しも嘘をつくことができる。偽りを予期するのだ。息子よ、お前を愛している。」

父の死から7年が経ち、森の中で逞しい青年に成長したガラクはベイロスたちを率いてかつて彼の家であった農場へと向かう。父を殺した執行官への復讐のために。しかし、執行官は彼の父がまだ生きていると告げる。彼は父の教えを思い出し、不審に思いながらも地下牢へついていく。そこには胸に剣が刺さったままの父の亡骸があった。執行官はガラクを地下牢内へ突き飛ばし、召喚したクリーチャーたちは助けに来られまいと嘲笑う。しかし、ガラクはそこに尊大なワーム/Arrogant Wurmを召喚し、復讐を果たして去っていった。その戦利品として、父の形見であるアーティファクトと執行官の兜を手にして。

[編集] ハンターとヴェール/The Hunter and the Veil

シャンダラー/Shandalar次元で、ガラクはウルソス/Ursothという凶暴なクリーチャーを狩り、自らの力の一部として「合体」する。

その後ガラクが召喚したクリーチャーの一匹が偶然居合わせたリリアナ・ヴェス/Liliana Vessによって殺されてしまい、憤慨した彼は彼女を古代の霊廟にて急襲する。しかし、鎖のヴェール/The Chain Veilと呼ばれる古代の強力な魔法遺物を手に入れた彼女によって一蹴され、呪いを享けることとなる。

[編集] ヴェールの呪い/The Veil's Curse

呪いによって自身のみならず、召喚したクリーチャーですら腐敗してしまうようになったガラク。リリアナの居場所の情報を知るであろう人物に会うために、二度とは戻らぬと誓った場所であるラヴニカ/Ravnicaへとプレインズウォークする。

ガラクは、かつてリリアナと愛し合った男であるジェイス・ベレレン/Jace Belerenが支配する無限連合/Infinite Consortiumラヴニカ支部へ強引に押し入る。

呪いによって正気を失っているガラクは、それを見て取ったジェイスの言葉にも耳を貸さずに力づくで脅迫するものの、途中で我に帰って謝罪する。ジェイスに癒し手のイマーラ/Emmaraの元へ行くことを薦められ、その後にリリアナのところへ案内すると提案される。しかしガラクは肉体の病ではないと断り、リリアナの居る次元の名前を教えるように要求する。タヴェリア/Taveliaと告げられたガラクは、ジェイスが研究していた巻物はゼンディカーへの地図であることと、その危険への警告を残して去っていく。

[編集] The Wild Son(2)

恐らくはタヴェリアと推測される次元。その世界の将軍を手土産に、目隠しをしたゴルゴンとリリアナの居場所について交渉するも、彼女は知らないと答えた。彼女に名前を聞かれたガラクは「ジェイス・ベレレン」と答える。危うくゴルゴンの「コレクション」にされそうになったガラクだが、その視線を避けることができた。

ガラクはその場を去るが、ゴルゴンたちの前に置いていった将軍の首から提げた父の形見のアーティファクトを通じて彼女と下僕たちの会話を盗み聞きする。リリアナが彼女を滅ぼそうとしていることや、コソフェッド/Kothophedに関する情報を得たガラクは、リリアナを追うためにプレインズウォークする。

[編集] イニストラード・ブロック

己を呪った屍術師を追ってイニストラード/Innistradを訪れたガラクは、ついにケッシグ/Kessigにてリリアナを捕捉する。戦いは当初、リリアナが鎖のヴェールを使うことを躊躇していた為にガラクが優勢となるものの、呪いによって彼の力は対抗色であるの魔法に乗っ取られて衰弱していた。追い詰められたリリアナはその隙にグール/Ghoulを呼び寄せ、弱ったガラクをその中に置き去りにして逃げ去った。

[編集] 獣/Beast

グールをなんとか始末したものの、ガラクは精神的にも肉体的にも限界だった。正気を失って彷徨い、後は死を待つばかりかと思われたガラクだったが、ガツタフ/Gatstafの地で思わぬ出来事が起こる。獄庫/The Helvaultから解放されたアヴァシン/Avacynによる狼男/Werewolfウルフィー/Wolfirへと生まれ変わらせる呪い黙らせ/Cursemuteの強力な魔法の波が押し寄せ、彼の呪いをも一瞬ではあるが鎮めて正気を取り戻させたのだった。

ガラクはこの次元に呪いを解くことのできる存在があり、リリアナに関わらずに解決できる方法があるかもしれないと考えた。同時に、今ならばまだリリアナの痕跡を追えるとも考えた。分かれ道に立たされた彼は――魔法の波が押し寄せた方角へと背を向け、歩き出した。

[編集] 熟練の戦術家、オドリック/Odric, Master Tactician

リリアナを追跡する道中、トルバク/Torbachの町の外れにてアヴァシン教会/The Church of Avacyn聖戦士/Catharであるオドリック/Odricに狼男と勘違いされて捕らえられる。呪いで衰弱しきったガラクは危うく殺されそうになるもオドリックの副官グレーテ/Greteのとりなしによって、スレイベン/Thrabenのアヴァシンの元へと護送されることとなる。

[編集] ゴルゴンとギルドパクト/The Gorgon and the Guildpact

ラヴニカへの回帰ブロックの後日談にしてデュエルデッキジェイスvsヴラスカの物語「The Gorgon and the Guildpact/ゴルゴンとギルドパクト」において、ヴラスカ/Vraskaはジェイスに対して彼の親友であったカリスト/Kallistや研究仲間のカヴィン/Kavinと並べてガラクについて言及し、ジェイスのために非業の死を遂げた彼らと同じくその運命の破滅を暗示した。ジェイスはすぐさま行動を開始した。

[編集] 狩人は憐れむなかれ/The Hunter Cannot Pity、マジック2015―デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ

呪いは進行し、ついにガラクは完全に正気を失った。狩りの衝動に突き動かされるまま、多元宇宙の各所で「プレインズウォーカー狩り」を繰り返す怪物と化す。鎖のヴェールは破壊のためではなく、破壊者を創り出すためのアーティファクトだったのだ。アヴァシン/Avacynはガラクを捕獲すべく、プレインズウォーカーとして覚醒した審問官のヴロノス/Vronosを派遣するもガラクは彼をあっさりと斃した。次元そのものを標的とする最悪の狩人が誕生するのは時間の問題だった。ガラクを止めるべく、ジェイス・ベレレンと彼に協力する新米プレインズウォーカーは次元を超えた戦いに挑む。

激しく長い戦いの末、新米プレインズウォーカーは世界薙ぎ/Worldslayerと化したガラクを打ち負かす。さらにはオブ・ニクシリス/Ob Nixilisの肉体から摘出された面晶体/Hedronによりヴェールの呪いを押し留めた。ガラクはヴェールの呪いから完全に解放されたわけではなかったが、多元宇宙はガラクとヴェールの脅威から解放されたのだった。

[編集] 怪物/Monster

ガラクは決して戻らないであろうと考えていたシャンダラーの地を再び訪れ、狩りを再開していた。ガラクを掌握する呪いは完全に解けてはいないものの、それは確実に衰えていた。彼は自由を取り戻していた。もはや無差別にプレインズウォーカーを狩ることはなかったが、狩らなければならない獲物を追っていた。

獲物を待つガラクの前にジェイス・ベレレンが姿を現す。彼はガラクがプレインズウォーカー狩りを行わないことを確実なものとしなければならなかった。ジェイスは治療のため一緒にラヴニカへと来るように説得をするが、ガラクはそれを断った。ガラクを傷つけまいと説得を続けるジェイスだったが、戦闘は避けられなかった。ガラクはジェイスの幻影をことごとく破壊し、さらには不可視のジェイスを易々と捕捉し首を締め上げる。殺人狂のまま放っておくことはできないと再三説得を行うジェイスに対し、ガラクは言う。「俺の心を読め、ベレレン」――ガラクの精神は澄み渡っていた。ジェイスは納得し、そして負けを認め、ガラクの追跡はこれで終わりにすると答えた。気が変わったらいつでもラヴニカを訪れるようにと言葉を残し、ジェイスはラヴニカへと去っていった。

ジェイスと別れ休息を取るガラクの前に、もう一人別のプレインズウォーカーが現れる。ヴロノスの協力者である彼もまた、ガラクを捕獲するのが目的だった。一緒にイニストラードへと来るようにと脅されたが、ガラクの返答はジェイスへのそれと同じだった。ガラクは獲物ですらないプレインズウォーカーを殺す必要はもうなかったが、力のない者が怪物を脅かした時点でその死は決まっていた。ガラクは斧を振り下ろし、次の目的地へと向かった。

[編集] エルドレインの王権

ヴェールの呪いは未だ根深く、プレインズウォーカー狩りの衝動が再び顔を出し、ガラクを突き動かしていた。名を知られていないとある次元/Planeを訪れていたガラクは、プレインズウォーカー・オーコ/Okoを仕留め損ない、逆に魔力の茨を用いて捕らえられてしまう。ガラクは催眠魔法をかけられ、オーコがエルドレイン/Eldraineで騒乱を巻き起こすための「忠犬/Dog」として下僕にされてしまう。

エルドレインの地でオーコに隷従するガラクだったが、そんな中で彼の助けとなる二人組が現れる。王家の双子、ローアン・ケンリス/Rowan Kenrithウィル・ケンリス/Will Kenrithだ。彼らの父アルジェナス・ケンリス/Algenus Kenrith王もまた、オーコの手によって大鹿へと変えられてしまっていたのだ。彼らの協力により面晶体/Hedronが摘出されると、ガラクはオーコの支配を脱した。しかしその一方で、面晶体によって押し留められていた呪いが再びガラクを蝕み始め、彼自身をいよいよ食らい尽くそうとしていた。

衰弱したガラクは巨大な川の獣に襲われ、これを退けるものの、力尽きて水底へと沈んでしまう。ウィルが川に飛び込み決死の救出を試みるも、意識を失ったガラクの巨体はあまりにも重い。絶体絶命と思われたその時、不意に奇妙な光が二人を持ち上げた。何か固い縁を掴み水面に出ると、そこは大きな器の上だった。それは長らく隠されていたロークスワイン/Locthwainの秘宝、永遠の大釜/The Cauldron of Eternity。偶然にも彼らはそれを発見したのだ。大釜はガラクの呪いを吸い上げ、遂にガラクは呪いから完全に開放された。――物言わぬ屍を残して。ガラクの死に涙を流すウィルだったが、大釜から響く声を耳にする。「相応しき者よ」と。気が付くと彼らは川岸に横たわっており、ガラクも生きていた。相応しき者に生命を与えるとされる大釜は、その伝説通りガラクを蘇らせたのだ。

ガラクはローアンとウィルと共にオーコを追い詰めるものの、彼はプレインズウォークしてエルドレインから逃れた。ケンリス王は大鹿の呪いから開放されたが、その過程で明らかとなった真実は双子のプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkを灯らせ、彼らを別の次元/Planeへと旅立たせた。父親として双子の安否を案じるケンリス王に、自らの父を――息子のためにその身を投げ出した父を――重ね合わせたガラクは、目に熱いものを感じるのだった。そして、双子を追いかけ、見守ることを約束する。「あの二人が俺を助けてくれた。だから俺もそうするつもりだ」と。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

基本セット2011
ガラクの群れ率い/Garruk's Packleaderガラクの仲間/Garruk's Companion
基本セット2012
ガラクの大軍/Garruk's Hordeガラクの仲間/Garruk's Companion
基本セット2012 発売記念パーティプロモ
ガラクの大軍/Garruk's Horde
基本セット2013
ガラクの群れ率い/Garruk's Packleader
基本セット2014
ガラクの大軍/Garruk's Horde
基本セット2015
ガラクの目覚め/In Garruk's Wakeガラクの群れ率い/Garruk's Packleader
エルドレインの王権
野生語りの帰還/Return of the Wildspeaker(「野生語り」として)

[編集] フレイバー・テキストに登場

基本セット2010
霧の豹/Mist Leopard
ガラクvsリリアナ
調和/Harmonize
基本セット2011
ガラクの群れ率い/Garruk's Packleader帰化/Naturalize
基本セット2012
大蜘蛛/Giant Spider狩人の眼識/Hunter's Insight移し変え/Redirect
イニストラード
茨潰し/Bramblecrush
闇の隆盛
押し潰す蔦/Crushing Vines
アヴァシンの帰還
獰猛さの勝利/Triumph of Ferocity野生の抵抗/Wild Defiance
基本セット2013
ガラクの群れ率い/Garruk's Packleader帰化/Naturalize捕食者の暴力/Predatory Rampage原初の狩猟獣/Primal Huntbeast移し変え/Redirect森林群れの狼/Timberpack Wolf
基本セット2014
茨群れの頭目/Briarpack Alpha帰化/Naturalizeレインジャーの悪知恵/Ranger's Guile
統率者2013
捕食の呪い/Curse of Predation
基本セット2015
ガラクの群れ率い/Garruk's Packleader帰化/Naturalizeレインジャーの悪知恵/Ranger's Guile
エルドレインの王権
野生語りの帰還/Return of the Wildspeaker

[編集] イラストに登場

ガラクvsリリアナ
調和/Harmonize
基本セット2012
ガラクの大軍/Garruk's Horde
アヴァシンの帰還
残虐の勝利/Triumph of Cruelty獰猛さの勝利/Triumph of Ferocity野生の抵抗/Wild Defiance
基本セット2013
ガラクの群れ率い/Garruk's Packleader
基本セット2015
ガラクの目覚め/In Garruk's Wakeガラクの群れ率い/Garruk's Packleader
エルドレインの王権
野生語りの帰還/Return of the Wildspeaker

[編集] 登場デッキ

デュエルデッキ

[編集] 登場作品・登場記事

ローウィン=シャドウムーア・ブロック
プレインズウォーカー・シリーズ
イニストラード・ブロック
基本セット2013
ラヴニカへの回帰ブロック
基本セット2015
マジック・オリジン
エルドレインの王権

[編集] 脚注

  1. Do you like Garruk?Blogatog 2014年7月14日 Mark Rosewater著)
  2. I didn't actually understand the Garruk tales from...(Blogatog 2014年8月1日 Mark Rosewater著)
  3. ヴェールの呪い/The Veil's Curse 第一部

[編集] 参考

QR Code.gif