オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Brimaz, King of Oreskos / オレスコスの王、ブリマーズ (1)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 猫(Cat) 兵士(Soldier)

警戒
オレスコスの王、ブリマーズが攻撃するたび、警戒を持つ白の1/1の猫(Cat)・兵士(Soldier)クリーチャー・トークン1体を攻撃している状態で生成する。
オレスコスの王、ブリマーズがクリーチャーをブロックするたび、警戒を持つ白の1/1の猫・兵士クリーチャー・トークン1体をそのクリーチャーをブロックしている状態で生成する。

3/4

戦闘に参加するたびに部下の兵士を連れてくる伝説のクリーチャー。加えて本人もトークン警戒持ち。

トークンは攻撃またはブロックに参加した状態で出てくるので、攻防において3/4+1/1分の働きを見せてくれる。さらに警戒で攻撃と防御を両立でき、序盤の地上戦においては隙がない。特に対戦相手の立ち上がりが遅く、ブロッカー除去をろくに構えていない状況で攻撃し始めることができると、そのまま戦場を制圧しかねない。

除去耐性がない点、攻撃かブロックをしなければトークンが生成されない点、そしてトークンがサイズが小さい割に強制戦闘であるため死亡しやすい点が弱点である。特に2番目・3番目は対戦相手がブリマーズおよびトークンをまとめて踏み潰せるような大型クリーチャーコントロールしているときに顕著になる。とはいえあくまで弱点を強いて挙げればの話で、それもプレイングやデッキ構築で補える範囲である。3マナのクリーチャーにしては破格の性能であることは間違いない。

スタンダードでは登場直後よりエスパー・ミッドレンジ白単信心アブザンアグロなど、白絡みの様々なデッキで採用され活躍した。モダンレガシーではスタンダード当時ほどの存在感はないものの、Death & Taxesヘイトベアーなどの白単ないしが濃いクリーチャーに重点を置いたデッキで使われる。

リミテッドでもボムレアと呼んで差し支えないカードパワー除去されなければ攻防隙のないフィニッシャーとなるので、授与などで強化して暴れさせたい。

[編集] ルール

[編集] ストーリー

ブリマーズ/Brimazテーロス/Therosレオニン/Leoninの王。アジャニ/Ajaniとは古くからの友人であり、エルズペス・ティレル/Elspeth Tirelを探してテーロスを訪れた彼を手助けした。

詳細はブリマーズ/Brimazを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif