オパールのモックス/Mox Opal

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
14行: 14行:
 
*[[電結の荒廃者/Arcbound Ravager]]や[[エイトグ/Atog]]との相性がよい。戦場に出ているこれを[[生け贄に捧げる]]ことで打撃力を上昇、手札で持て余していた二枚目を出すことで[[マナ加速]]、そしてさらにそれを生け贄に捧げて……と、非常に爆発力のある動きが可能になる。
 
*[[電結の荒廃者/Arcbound Ravager]]や[[エイトグ/Atog]]との相性がよい。戦場に出ているこれを[[生け贄に捧げる]]ことで打撃力を上昇、手札で持て余していた二枚目を出すことで[[マナ加速]]、そしてさらにそれを生け贄に捧げて……と、非常に爆発力のある動きが可能になる。
  
[[2020年]]1月14日より、[[モダン]]において[[ウルザ (デッキ)|ウルザデッキ]]が支配的となり、それを弱体化させるため禁止カードに指定される<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/news/january-13-2020-banned-and-restricted-announcement January 13, 2020 Banned and Restricted Announcement]/[https://mtg-jp.com/reading/publicity/0033630/ 2020年1月13日 禁止制限告知]</ref>
+
[[2020年]]1月14日より、[[モダン]]において[[禁止カード]]に指定される<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/news/january-13-2020-banned-and-restricted-announcement January 13, 2020 Banned and Restricted Announcement]/[https://mtg-jp.com/reading/publicity/0033630/ 2020年1月13日 禁止制限告知]</ref>。支配的であった[[ウルザ (デッキ)|ウルザ・デッキ]]の主要パーツであるだけでなく、伝統的に様々なデッキの高速化に貢献しており、将来的にも問題を引き起こす可能性が高いため。
  
==参考==
+
==脚注==
 
<references />
 
<references />
 +
 +
==参考==
 
*[http://www.wizards.com/magic/magazine/article.aspx?x=mtg/daily/activity/700 壁紙] ([[WotC]])
 
*[http://www.wizards.com/magic/magazine/article.aspx?x=mtg/daily/activity/700 壁紙] ([[WotC]])
 
*[[カード個別評価:ミラディンの傷跡]] / ミラディン陣営 - [[神話レア]]
 
*[[カード個別評価:ミラディンの傷跡]] / ミラディン陣営 - [[神話レア]]
 
*[[カード個別評価:モダンマスターズ2015]] - [[神話レア]]
 
*[[カード個別評価:モダンマスターズ2015]] - [[神話レア]]
 
*[[Kaladesh Inventions]]
 
*[[Kaladesh Inventions]]

2020年1月16日 (木) 19:34時点における版


Mox Opal / オパールのモックス (0)
伝説のアーティファクト

金属術 ― (T):好きな色1色のマナ1点を加える。この能力は、あなたがアーティファクトを3つ以上コントロールしているときにのみ起動できる。


ミラディンの傷跡で新登場したMox金属術により好きな色マナを出せるようになるマナ・アーティファクト

従来のMoxと違い伝説であるため、複数枚入れると手札腐る可能性が高くなってしまう。しかし、調整版Moxの先輩であるモックス・ダイアモンド/Mox Diamond金属モックス/Chrome Moxと違いカード・アドバンテージを失わずにマナ加速ができる点が大きく、速やかにアーティファクトを揃えられる様にデッキを組めば、本家と比べても遜色ない活躍ができる。

スタンダードでは登場後しばらくはあまり表舞台に立つことはなく、初期青黒テゼレットゴブナイト辺りに採用されているに留まっていたが、ミラディンの傷跡ブロック構築では白単鍛えられた鋼の爆発力を高めるために使用され、プロツアー名古屋11でそれが大成功する。それがスタンダードにも逆輸入され、活躍するようになる。複数枚引く手札腐るため3枚投入が適正と言われていたが、日本選手権11の優勝者のデッキには4枚投入されていた。

もちろんエターナルでも、アーティファクト主体のデッキに投入できるだけの力を持っている。アーティファクト・土地とはとりわけ相性がよく、レガシーではマナ加速・色マナ安定のために親和MUDに投入され、これらを大幅強化した。SoloMoxenを使えるヴィンテージでは多くのデッキに自然に採用できる。

2020年1月14日より、モダンにおいて禁止カードに指定される[1]。支配的であったウルザ・デッキの主要パーツであるだけでなく、伝統的に様々なデッキの高速化に貢献しており、将来的にも問題を引き起こす可能性が高いため。

脚注

  1. January 13, 2020 Banned and Restricted Announcement/2020年1月13日 禁止制限告知

参考

QR Code.gif