ウルザの激怒/Urza's Rage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Urza's Rage / ウルザの激怒 (2)(赤)
インスタント

キッカー(8)(赤)(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたは追加の(8)(赤)を支払ってもよい。)
ウルザの激怒は、呪文や能力によっては打ち消されない。
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ウルザの激怒は、それに3点のダメージを与える。ウルザの激怒がキッカーされていた場合、代わりにウルザの激怒はそれに10点のダメージを与え、そのダメージは軽減されない。


通常状態では3マナ3点の打ち消されない火力。さらに膨大なキッカーコスト支払えば破壊的な威力を得る上に、軽減も不可能となる。

序盤はクリーチャー除去として、終盤はゲームを終わらせるとどめとして、幅広く活躍した。が強力だった当時はキッカーしなくとも強力で、デッキには必須のカードであったといえる。このカードの蔓延により、多くの青いデッキが誤った指図/Misdirectionなどの採用を余儀なくされた。

前後のブロックには誤った指図/Misdirection方向転換/Divertなど、このカードへの対抗策もあったのだが、インベイジョン・ブロック内では苛酷な審判/Harsh Judgmentなど、あまり使い勝手の良くない対策カードしかなかった。そのため、インベイジョン・ブロック構築ではさらに確実な勝利手段であった。

当時は火力を弱めにデザインする傾向があり、そのような状況で登場した珍しく有用な3点火力であったことから、スタンダードの頃は多くのタフネス3のクリーチャー環境から追い払った。ちなみにプレーンシフト以降は火炎舌のカヴー/Flametongue Kavuの登場でタフネス4以下のクリーチャーが駆逐されたのは周知の事実。

[編集] 再録

タイムシフトとして再録が検討されたが、環境には打ち消されない火力として悪魔火/Demonfire突然のショック/Sudden Shockが存在するため、昔ほど強力なカードとして見られず、デッキから抜け落ちていく可能性が高いのではないかと危惧された。最終的には「往年の名カードが(相対的に)弱体化してしまった姿」を目の当たりにするのは誰も望まないだろうとのことで再録は見送られた。(→Not Their Time参照)

ファイレクシアvsドミナリア連合神話レアとしてJim Murrayによる新規イラストで収録された。

[編集] ストーリー

インベイジョン版のイラストタイタン・エンジン/Titan Engineから放たれたウルザ/Urzaの火球魔法。ファイレクシアvsドミナリア連合版のイラストは手から魔法を放つウルザ本人を描いている。

[編集] 参考

QR Code.gif