ウィザード

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
9行: 9行:
 
初出は[[リミテッド・エディション]]の[[放蕩魔術師/Prodigal Sorcerer]]。[[オンスロート・ブロック]]にて、[[マーフォーク]]に替わる[[青]]の代表的[[クリーチャー]]としてその数を増やした。[[クリーチャー・タイプ#ローウィン時の大再編|クリーチャー・タイプ大再編]]でクリーチャー・タイプが種族+職業の形で表されるようになり他のタイプと競合する事はなくなったため、剣と魔法の世界観である限りこのタイプは数を増やし続けるだろう。また、[[部族 (俗称)|部族]]をテーマにした[[統率者2017]]や、[[ドミナリア]]でもフィーチャーされた。
 
初出は[[リミテッド・エディション]]の[[放蕩魔術師/Prodigal Sorcerer]]。[[オンスロート・ブロック]]にて、[[マーフォーク]]に替わる[[青]]の代表的[[クリーチャー]]としてその数を増やした。[[クリーチャー・タイプ#ローウィン時の大再編|クリーチャー・タイプ大再編]]でクリーチャー・タイプが種族+職業の形で表されるようになり他のタイプと競合する事はなくなったため、剣と魔法の世界観である限りこのタイプは数を増やし続けるだろう。また、[[部族 (俗称)|部族]]をテーマにした[[統率者2017]]や、[[ドミナリア]]でもフィーチャーされた。
  
青に最も多いが全[[色]]に満遍なく存在する。[[ギルド魔道士]]など5色クリーチャー・[[サイクル]]を成す事も多い。
+
青に最も多いが全[[色]]に満遍なく存在する。[[ギルド魔道士]]など[[サイクル]]を成す事も多い。
  
 
[[コスト]]の割に[[パワー]]と[[タフネス]]が低く、青得意の[[飛行]]を持つものもほとんどいない。[[戦闘]]向きでない代わりに[[打ち消す|カウンター]]・[[引く|ドロー]]・[[バウンス]]といった[[コントロール (ゲーム用語)|コントロール]]要素のある[[能力]]を持つ[[システムクリーチャー]]が多い。
 
[[コスト]]の割に[[パワー]]と[[タフネス]]が低く、青得意の[[飛行]]を持つものもほとんどいない。[[戦闘]]向きでない代わりに[[打ち消す|カウンター]]・[[引く|ドロー]]・[[バウンス]]といった[[コントロール (ゲーム用語)|コントロール]]要素のある[[能力]]を持つ[[システムクリーチャー]]が多い。
17行: 17行:
 
ウィザードを含むクリーチャー・[[トークン]]を[[生成]]する[[カード]]には[[ベンティコア/Benthicore]]、[[石ころ川の群れ長/Stonybrook Schoolmaster]]、[[アンクスの死者の王/Lich Lord of Unx]]、[[完成態の講師/Docent of Perfection]](およびその[[第2面]]である繰り返しつくしたもの/Final Iteration)がある。
 
ウィザードを含むクリーチャー・[[トークン]]を[[生成]]する[[カード]]には[[ベンティコア/Benthicore]]、[[石ころ川の群れ長/Stonybrook Schoolmaster]]、[[アンクスの死者の王/Lich Lord of Unx]]、[[完成態の講師/Docent of Perfection]](およびその[[第2面]]である繰り返しつくしたもの/Final Iteration)がある。
  
[[伝説の]]ウィザードは[[反転カード]]も含めると[[ラヴニカのギルド]]現在、94体存在する([http://whisper.wisdom-guild.net/search.php?supertype%5B%5D=legendary&subtype%5B%5D=Wizard 「伝説の(Legendary)・ウィザード(Wizard)」でWHISPER検索])。
+
[[伝説の]]ウィザードは[[反転カード]]も含めると[[ラヴニカの献身]]現在、96体存在する([http://whisper.wisdom-guild.net/search.php?supertype%5B%5D=legendary&subtype%5B%5D=Wizard 「伝説の(Legendary)・ウィザード(Wizard)」でWHISPER検索])。
  
 
*かつては[[クォムバッジの魔女/Cuombajj Witches|魔女(Witch)]]もウィザードとして扱われていた(→[[クリーチャー・タイプ#過去のルール]])。
 
*かつては[[クォムバッジの魔女/Cuombajj Witches|魔女(Witch)]]もウィザードとして扱われていた(→[[クリーチャー・タイプ#過去のルール]])。

2019年1月16日 (水) 23:10時点における最新版

ウィザード/Wizardは、職業を表すクリーチャー・タイプの1つ。魔法の扱いに長ける者がこのタイプに属する。


Prodigal Sorcerer / 放蕩魔術師 (2)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(T):クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。放蕩魔術師はそれに1点のダメージを与える。

1/1


Azami, Lady of Scrolls / 巻物の君、あざみ (2)(青)(青)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

あなたがコントロールするアンタップ状態のウィザード(Wizard)を1体タップする:カードを1枚引く。

0/2


Snapcaster Mage / 瞬唱の魔道士 (1)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

瞬速
瞬唱の魔道士が戦場に出たとき、あなたの墓地にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とする。それはターン終了時までフラッシュバックを得る。そのフラッシュバック・コストは、それのマナ・コストに等しい。(あなたはあなたの墓地にあるそのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)

2/1

初出はリミテッド・エディション放蕩魔術師/Prodigal Sorcererオンスロート・ブロックにて、マーフォークに替わるの代表的クリーチャーとしてその数を増やした。クリーチャー・タイプ大再編でクリーチャー・タイプが種族+職業の形で表されるようになり他のタイプと競合する事はなくなったため、剣と魔法の世界観である限りこのタイプは数を増やし続けるだろう。また、部族をテーマにした統率者2017や、ドミナリアでもフィーチャーされた。

青に最も多いが全に満遍なく存在する。ギルド魔道士などサイクルを成す事も多い。

コストの割にパワータフネスが低く、青得意の飛行を持つものもほとんどいない。戦闘向きでない代わりにカウンタードローバウンスといったコントロール要素のある能力を持つシステムクリーチャーが多い。

部族カードは主にオンスロート・ブロック、ローウィン・ブロック、ドミナリアを中心に存在する。

ウィザードを含むクリーチャー・トークン生成するカードにはベンティコア/Benthicore石ころ川の群れ長/Stonybrook Schoolmasterアンクスの死者の王/Lich Lord of Unx完成態の講師/Docent of Perfection(およびその第2面である繰り返しつくしたもの/Final Iteration)がある。

伝説のウィザードは反転カードも含めるとラヴニカの献身現在、96体存在する(「伝説の(Legendary)・ウィザード(Wizard)」でWHISPER検索)。

[編集] 参考

QR Code.gif