インガ/Inga

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

インガ/Ingaカルドハイムのキャラクター。カードとしてはカルドハイムのルーン目のインガ/Inga Rune-Eyesが初出。

目次

[編集] 解説

カルドハイム/Kaldheimブレタガルド/Bretagard人間氏族の一つ、領界路探し/The Omenseekersの指導者。女性。両目は白く濁っている。

領界路探したちが航海で収集したすべての知識を保有する予見者である。肉体的には盲目だが、実際にはほぼすべての定命の者を超えた視界を持ち、このことからルーン目のインガ/Inga Rune-Eyesと呼ばれる。多くのものが見えるためか、常に気が散っているように見え、誰かと話す際にはまるでもっと切迫したものから注意を引き剥がしているかのようであるとケイヤ/Kayaは評している。

[編集] 経歴

[編集] 旅人たち/Travelers

ケイヤがカルドハイムで最初に出会った人物がインガだった。インガ率いる領界路探しは、客人として迎えたケイヤとともに、セヴァルグ/Sevalgrの村を訪れた。この村で相次ぐ謎の失踪事件を調査するためだ。アルダガルド/The Aldergardの森で怪物を目撃したという証言をもとに、インガは助言者の老人アーシ/Asiに、森に向かう戦団をまとめるよう指示を出した。

一行は血の痕が残る洞窟に辿り着いた。インガは武器すら持たず、ランタンだけを掲げて中へと進んだ。その奥にいた、獲物に腕をうずめて融合する奇怪な怪物との戦闘で、ケイヤはインガが丸腰ではないことに気づいた。ランタンから放たれる青い光が束縛呪文となり、怪物の動きを鈍らせたのだ。そしてアーシがアールンド/Alrundとしての正体を現すと、怪物は壁の金属面に沈むようにして逃げ去った。

領界路探したちは、インガですらもかつての助言者、アーシことアールンドに畏怖を示した。アールンドは星界/The Cosmosを渡る扉を開き、最後にインガとケイヤに警告を残して去った。あの怪物の到来は、かつてない規模のドゥームスカール/Doomskarの前兆かもしれないと。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

カルドハイム
樹皮路の小道/Barkchannel Pathway - 潮水路の小道/Tidechannel Pathway

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif