イクサランの相克

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(概要)
 
(9人の利用者による、間の25版が非表示)
1行: 1行:
{{新製品}}
 
 
{{情報ボックス/エキスパンション
 
{{情報ボックス/エキスパンション
 
|英語名=Rivals of Ixalan
 
|英語名=Rivals of Ixalan
 
|日本語名=イクサランの相克
 
|日本語名=イクサランの相克
|シンボル=
+
|シンボル=オラーズカの神殿
 
|略号=RIX
 
|略号=RIX
 
|コードネーム=Eggs
 
|コードネーム=Eggs
 
|発売日=2018年1月19日
 
|発売日=2018年1月19日
|セット枚数=全196種類
+
|セット枚数=全196+9種類
 
}}
 
}}
 
'''イクサランの相克'''/''Rivals of Ixalan''は、[[イクサラン・ブロック]]の第2セット。[[2018年]]1月19日発売。キャッチコピーは「'''領有を告げ、敵対者を制圧し、都市を支配しましょう。'''/''Stake your claim. Dominate the opposition. Rule the city.''」。
 
'''イクサランの相克'''/''Rivals of Ixalan''は、[[イクサラン・ブロック]]の第2セット。[[2018年]]1月19日発売。キャッチコピーは「'''領有を告げ、敵対者を制圧し、都市を支配しましょう。'''/''Stake your claim. Dominate the opposition. Rule the city.''」。
  
 
==概要==
 
==概要==
 +
ついに[[イクサラン/Ixalan#オラーズカ/Orazca|オラーズカ/Orazca]]は暴かれた。黄金都市と[[不滅の太陽/The Immortal Sun (ストーリー)|不滅の太陽/The Immortal Sun]]を巡る4つの陣営の争いは佳境を迎える。
 +
 +
新メカニズムは、[[パーマネント]]を10個以上[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]することで、オラーズカの力を得て[[カード]]の[[効果]]が増す[[昇殿]]。
 +
 +
[[イクサラン]]の主メカニズムはすべてが引き継がれ、[[部族 (俗称)|部族]]は[[ローウィン]]からの[[再録]]である[[銀エラの達人/Silvergill Adept]]を始めとする[[手札]]から部族カードを[[公開する]]ことで[[軽い|軽く]][[唱える|唱えられる]][[呪文]][[サイクル]]や[[キスキンの先触れ/Kithkin Harbinger|先触れサイクル]]を想起させる[[軍団の先駆け/Forerunner of the Legion|先駆けサイクル]]が登場している。各部族が属する[[色]]は変わらないが、[[恐竜]]のみ5[[色]]にまたがる[[エルダー]]・恐竜サイクルが収録されている。[[探検]]、[[強襲]]、[[激昂]]、[[宝物]]、[[土地]]に[[変身]]する[[両面カード]]も引き続き登場する。
 +
 +
[[猛竜の相棒/Raptor Companion]]、[[巨大な戦慄大口/Colossal Dreadmaw]]などイクサランから連続で収録された[[コモン]]が多く存在するのも特徴。これは大型セットで収録されたカードと同系統のカードを小型セットに収録する場合、大型セットのカードの[[劣化版]]となってしまう事が多く<ref>例として、[[テーロス・ブロック]]における[[雨雲のナイアード/Nimbus Naiad]]と[[ニクス生まれのトリトン/Nyxborn Triton]]、[[イニストラードを覆う影ブロック]]における[[マウアー地所の双子/Twins of Maurer Estate]]と[[不気味な吸血鬼/Weirded Vampire]]などが挙げられる。[[上位互換]]・[[下位互換]]の関係にこそならないものの、同じメカニズムを扱った[[コモン]]でも後に登場したカードの方が性能が低い。</ref>、結果として[[ドラフト]]に悪影響を与えていたというデータからとられた方針。
 +
 +
*大型セットとそれを拡張する小型セットという[[ブロック (総称)|ブロック]]の概念が廃止され、さらに従来までの[[デザイン・チーム]]、[[デベロップ・チーム]]による開発体制から、展望デザイン、セット・デザイン、[[プレイ・デザイン・チーム|プレイ・デザイン]]による開発体制<ref>[http://mtg-jp.com/reading/mm/0019813/ 展望デザイン、セット・デザイン、プレイ・デザイン]</ref>への移行期間にデザインされた。新しい開発システムは小型セット向きの体制ではなかったため、旧来のデザインとデベロップを統合した展望/セット・デザイン・チームを立ち上げ、1チームでデザインされた。
 +
*位置情報ゲーム「[https://www.geocaching.com/play Geocaching]」と協同で、4つの陣営のトラッカブルの移動距離によってストーリーでどの陣営が勝利するか決まるという企画が行われた。
 +
**結果は[[太陽帝国/The Sun Empire]]の勝利。それに従ってストーリーの上のエンディングは太陽帝国がフィーチャーされたもの[https://magic.wizards.com/ja/articles/archive/magic-story/20180214]が採用された。また、後日に正史ではない前提で他陣営の勝利エンディング[https://magic.wizards.com/ja/articles/archive/magic-story/20180221]も公開されている。
  
 
==イベント==
 
==イベント==
27行: 37行:
  
 
===[[プロツアー]]===
 
===[[プロツアー]]===
2018年2月2日に開催。(→[[プロツアー「イクサランの相克」]])
+
2018年2月2~4日にスペイン、ビルバオで開催。(→[[プロツアー「イクサランの相克」]])
  
 
===[[ストアチャンピオンシップ]]===
 
===[[ストアチャンピオンシップ]]===
 
2018年4月7日、8日に開催される。
 
2018年4月7日、8日に開催される。
<!--
+
 
 
==[[構築済みデッキ]]==
 
==[[構築済みデッキ]]==
 
===[[プレインズウォーカーデッキ]]===
 
===[[プレインズウォーカーデッキ]]===
 +
*[[ゴルゴンの陰謀家、ヴラスカ/Vraska, Scheming Gorgon (プレインズウォーカーデッキ)]]
 +
*[[ミノタウルスの海賊、アングラス/Angrath, Minotaur Pirate (プレインズウォーカーデッキ)]]
  
 
==パッケージ・イラスト==
 
==パッケージ・イラスト==
 +
*[[エリマキ死吐き/Frilled Deathspitter]]
 +
*[[渇望の時/Moment of Craving]]
 +
*[[太陽の歩哨/Sun Sentinel]]
 +
*[[炎鎖のアングラス/Angrath, the Flame-Chained]]
 +
*[[川識の占い師/Riverwise Augur]]
  
 
==[[注目のストーリー]]==
 
==[[注目のストーリー]]==
 +
#[[想起横溢/Flood of Recollection]]
 +
#[[誘導記憶喪失/Induced Amnesia]]
 +
#[[首謀者の収得/Mastermind's Acquisition]]
  
 
==主な開発スタッフ==
 
==主な開発スタッフ==
*'''[[デザイン・チーム]]''' - 、
+
*'''[[デザイン・チーム]]''' - 、[[Ben Hayes]](リード)、[[Alexis Janson]]、[[Eli Shiffrin]]、[[Glenn Jones]]、[[Mark Gottlieb]]、[[Melissa DeTora]]、[[Shawn Main]]、[[Yoni Skolnik]]、[[Cynthia Sheppard]](協力)
*'''[[デベロップ・チーム]]''' -
+
 
-->
+
 
==公式特集ページ==
 
==公式特集ページ==
 
===製品情報===
 
===製品情報===
 
*[http://magic.wizards.com/ja/products/rivals-ixalan 『イクサランの相克』](マジック英語公式日本語版  セット特設サイト)
 
*[http://magic.wizards.com/ja/products/rivals-ixalan 『イクサランの相克』](マジック英語公式日本語版  セット特設サイト)
<!--
+
*[http://mtg-jp.com/publicity/0030056/ 『イクサランの相克』のプロモカード、各種製品のパッケージなど](News 2017年12月11日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/translated/0030116/ 『イクサランの相克』のメカニズム](Feature 2018年1月1日)
 +
*[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/news/tokens-rivals-ixalan-2018-01-04 The Tokens of Rivals of Ixalan](News 2018年1月4日)
 +
*[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/feature/rivals-ixalan-release-notes-2018-01-05 Rivals of Ixalan Release Notes]/[http://mtg-jp.com/rules/docs/faq_rix_j.html 『イクサランの相克』リリースノート](Feature 2018年1月5日)
 +
*[http://mtg-jp.com/publicity/0030137/ 『イクサランの相克』プレインズウォーカーデッキ・デッキリスト](News 2018年1月11日)
 +
*[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/news/rivals-ixalan-update-bulletin-2018-01-11 Rivals of Ixalan Update Bulletin](News 2018年1月11日)
 +
*[https://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/rivals-of-ixalan/ カードイメージギャラリー]
 +
 
 
===開発コラム===
 
===開発コラム===
 
[[Mark Rosewater]]によるコラム、Making Magic -マジック開発秘話-。
 
[[Mark Rosewater]]によるコラム、Making Magic -マジック開発秘話-。
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/mm/0030115/ 『イクサランの相克』の時刻](2018年1月1日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/mm/0030128/ 他ならぬ『相克』 その1](2018年1月8日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/mm/0030146/ 他ならぬ『相克』 その2](2018年1月15日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/mm/0030161/ 他ならぬ『相克』 その3](2018年1月22日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/mm/0030176/ こぼれ話:『イクサランの相克』](2018年1月29日)
  
[[Sam Stoddard]]によるコラム、Latest Developments -デベロップ最先端-。
+
[[Melissa DeTora]]によるコラム、Play Design -プレイ・デザイン-。
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/pd/0030159/ 『イクサランの相克』プレ・プレリリースでの発見](2018年1月12日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/pd/0030174/ 『イクサランの相克』のプレインズウォーカーをデザインする](2018年1月19日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/pd/0030264/ 『イクサランの相克』フューチャー・フューチャー・リーグへの最初の調査](2018年1月26日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/pd/0030290/ Mファイル『イクサランの相克』編・白青黒](2018年2月2日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/pd/0030313/ Mファイル『イクサランの相克』編・赤から土地](2018年2月9日)
  
===広報===
+
その他。
 +
*[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/card-preview/journey-eternity-2018-01-01 Journey to Eternity](Card Preview 2018年1月1日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/translated/0030119/ 『イクサランの相克』のデザインをする](Card Preview 2018年1月2日)
 +
*[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/card-preview/huatli-radiant-champion-2018-01-02 Huatli, Radiant Champion](Card Preview 2018年1月2日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/translated/0030122/ 法をもたらす者、アゾール](Card Preview 2018年1月3日)
 +
*[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/card-preview/polyraptor-2018-01-03 Polyraptor](Card Preview 2018年1月3日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/bb/0030124/ 昇殿のすべて](Beyond Basic 2018年1月4日)
 +
*[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/card-preview/tapping-azors-gateway-2018-01-04 Tapping into Azor's Gateway](Card Preview 2018年1月4日)
 +
*[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/how-play-limited/rivals-ixalan-first-pass-limited-2018-01-09 Marshall Rivals of Ixalan First Pass for Limited](How to Play Limited 2018年1月98日)
 +
*[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/feature/rivals-ixalan-art-descriptions-2018-02-13 Rivals of Ixalan Art Descriptions](Feature 2018年2月13日)
  
 +
===広報===
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/kochima/0030121/ こちらマジック広報室!!:物語を紡ぐのはキミだ!ジオキャッシング&Magic Story投票](2018年1月3日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/kochima/0030126/ こちらマジック広報室!!:領有を告げよ!来週末開催『イクサランの相克』プレリリース&オープンデュエルに参加しよう!](2018年1月5日)
 +
*[http://mtg-jp.com/reading/translated/0030129/ 『イクサランの相克』プレリリース入門](2018年1月8日)
 
===動画===
 
===動画===
 
マジック:ザ・ギャザリングYoutube公式チャンネル
 
マジック:ザ・ギャザリングYoutube公式チャンネル
-->
+
*[https://www.youtube.com/watch?v=ABUBfZ3fR1k Pro Tour Rivals of Ixalan Inside R&D: The Tribes](英語)
 +
*[https://www.youtube.com/watch?v=xVp4E2V9Nak Pro Tour Rivals of Ixalan Inside R&D: The Golden City](英語)
 +
*[https://www.youtube.com/watch?v=pNktMrnJsT4 Inside R&D Rivals of Ixalan - Dinosaurs!](英語)
 +
 
 +
==脚注==
 +
<references />
  
 
==参考==
 
==参考==
<!--*[http://whisper.wisdom-guild.net/cardlist/RivalsofIxalan/ カードリスト](Wisdom Guild)-->
+
*[http://whisper.wisdom-guild.net/cardlist/RivalsofIxalan/ カードリスト](Wisdom Guild)
 
*[[カード個別評価:イクサランの相克]]
 
*[[カード個別評価:イクサランの相克]]
 
*[[プロツアー「イクサランの相克」]]
 
*[[プロツアー「イクサランの相克」]]

2018年6月7日 (木) 05:18時点における最新版

イクサランの相克/Rivals of Ixalan
シンボル オラーズカの神殿
略号 RIX
コードネーム Eggs
発売日 2018年1月19日
セット枚数 全196+9種類

イクサランの相克/Rivals of Ixalanは、イクサラン・ブロックの第2セット。2018年1月19日発売。キャッチコピーは「領有を告げ、敵対者を制圧し、都市を支配しましょう。/Stake your claim. Dominate the opposition. Rule the city.」。

目次

[編集] 概要

ついにオラーズカ/Orazcaは暴かれた。黄金都市と不滅の太陽/The Immortal Sunを巡る4つの陣営の争いは佳境を迎える。

新メカニズムは、パーマネントを10個以上コントロールすることで、オラーズカの力を得てカード効果が増す昇殿

イクサランの主メカニズムはすべてが引き継がれ、部族ローウィンからの再録である銀エラの達人/Silvergill Adeptを始めとする手札から部族カードを公開することで軽く唱えられる呪文サイクル先触れサイクルを想起させる先駆けサイクルが登場している。各部族が属するは変わらないが、恐竜のみ5にまたがるエルダー・恐竜サイクルが収録されている。探検強襲激昂宝物土地変身する両面カードも引き続き登場する。

猛竜の相棒/Raptor Companion巨大な戦慄大口/Colossal Dreadmawなどイクサランから連続で収録されたコモンが多く存在するのも特徴。これは大型セットで収録されたカードと同系統のカードを小型セットに収録する場合、大型セットのカードの劣化版となってしまう事が多く[1]、結果としてドラフトに悪影響を与えていたというデータからとられた方針。

  • 大型セットとそれを拡張する小型セットというブロックの概念が廃止され、さらに従来までのデザイン・チームデベロップ・チームによる開発体制から、展望デザイン、セット・デザイン、プレイ・デザインによる開発体制[2]への移行期間にデザインされた。新しい開発システムは小型セット向きの体制ではなかったため、旧来のデザインとデベロップを統合した展望/セット・デザイン・チームを立ち上げ、1チームでデザインされた。
  • 位置情報ゲーム「Geocaching」と協同で、4つの陣営のトラッカブルの移動距離によってストーリーでどの陣営が勝利するか決まるという企画が行われた。
    • 結果は太陽帝国/The Sun Empireの勝利。それに従ってストーリーの上のエンディングは太陽帝国がフィーチャーされたもの[1]が採用された。また、後日に正史ではない前提で他陣営の勝利エンディング[2]も公開されている。

[編集] イベント

[編集] マジック交流会

2018年1月6、7日に開催される。発売に先駆けて銀エラの達人/Silvergill Adeptのテキストボックスレスカードが配布される。

[編集] プレリリース

2018年1月13日、14日に開催される。

[編集] ドラフト・ウィークエンド

2018年1月20日、21日に行われる。

[編集] スタンダード・ショーダウン

2018年1月27日より行われる。

[編集] プロツアー

2018年2月2~4日にスペイン、ビルバオで開催。(→プロツアー「イクサランの相克」

[編集] ストアチャンピオンシップ

2018年4月7日、8日に開催される。

[編集] 構築済みデッキ

[編集] プレインズウォーカーデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 注目のストーリー

  1. 想起横溢/Flood of Recollection
  2. 誘導記憶喪失/Induced Amnesia
  3. 首謀者の収得/Mastermind's Acquisition

[編集] 主な開発スタッフ

[編集] 公式特集ページ

[編集] 製品情報

[編集] 開発コラム

Mark Rosewaterによるコラム、Making Magic -マジック開発秘話-。

Melissa DeToraによるコラム、Play Design -プレイ・デザイン-。

その他。

[編集] 広報

[編集] 動画

マジック:ザ・ギャザリングYoutube公式チャンネル

[編集] 脚注

  1. 例として、テーロス・ブロックにおける雨雲のナイアード/Nimbus Naiadニクス生まれのトリトン/Nyxborn Tritonイニストラードを覆う影ブロックにおけるマウアー地所の双子/Twins of Maurer Estate不気味な吸血鬼/Weirded Vampireなどが挙げられる。上位互換下位互換の関係にこそならないものの、同じメカニズムを扱ったコモンでも後に登場したカードの方が性能が低い。
  2. 展望デザイン、セット・デザイン、プレイ・デザイン

[編集] 参考

QR Code.gif