アンフィン/Amphin

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アンフィン/Amphinは、サンショウウオの特徴を持つ人型種族。シャンダラー/Shandalarに棲息する。

目次

[編集] 解説

その生態は、アンフィン学者のゴー・ムルドラク/Gor Muldrakがまとめた書物「秘史/Cryptohistories」に詳しい。曰く、水陸両棲のアンフィンは海の深みで何世代も平和に暮らしてきたが、人口が急激に増加し、アンモナイトの寺院洞窟にはもはや入り切らなくなった。アンフィンの司祭は陸地に目を向け、アンフィンの狩人は戦争の準備を進めているという。

またその一方で、アンフィンの記憶魔道士/Mnemomageが大都市の下水道に侵入し、精神操作魔法を用いて人間の精神から自分たちの存在に関する知識をすべて消し去っているという。アーデスタン/Ardestanからレシュ/Leshに至るまでの主要な大学すべてにおいて、アンフィンについてはほとんど知られていないが、ゴー・ムルドラクによれば、それこそがむしろ彼らの力と邪悪な意図の証拠なのだ。

  • 名前の由来は"amphibia"(両生類)と思われる。

[編集] ゲームでの特徴

サラマンダークリーチャー・タイプを持つ。いずれも単色

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

基本セット2012
アンフィンの殺し屋/Amphin Cutthroat
基本セット2015
アンフィンの抜け道魔道士/Amphin Pathmage
統率者レジェンズ
アンフィンの反逆者/Amphin Mutineerアンフィン学者、ゴー・ムルドラク/Gor Muldrak, Amphinologist

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif