よろめくゴブリン/Shambling Goblin

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
6行: 6行:
  
 
*[[ただれたイモリ/Festering Newt]]から[[泥沼煎じの魔女/Bogbrew Witch]]によるボーナスが削られた[[下位互換]]。ただし、こちらは[[ゴブリン]]・[[ゾンビ]]とクリーチャー・タイプに恵まれている。
 
*[[ただれたイモリ/Festering Newt]]から[[泥沼煎じの魔女/Bogbrew Witch]]によるボーナスが削られた[[下位互換]]。ただし、こちらは[[ゴブリン]]・[[ゾンビ]]とクリーチャー・タイプに恵まれている。
 +
*[[テーロス還魂記]]では[[同型再版]]の[[残酷な医師/Grim Physician]]が登場した。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:タルキール龍紀伝]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:タルキール龍紀伝]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:コンスピラシー:王位争奪]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:コンスピラシー:王位争奪]] - [[コモン]]

2020年2月15日 (土) 05:11時点における最新版


Shambling Goblin / よろめくゴブリン (黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) ゴブリン(Goblin)

よろめくゴブリンが死亡したとき、対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは-1/-1の修整を受ける。

1/1

ただれたゴブリン/Festering Goblinとよく似たカードで、味方を弱体化させない上位互換クリーチャー・タイプも一致している。

単体でも2/2の裏向きクリーチャー戦闘で相打ちできるので、リミテッドでは最序盤のブロッカーとして便利な一枚。濫用と組み合わせることで能動的に能力誘発させることができるのも環境的に恵まれている。

[編集] 参考

QR Code.gif