たい肥/Compost

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
5行: 5行:
 
黒の[[除去]]や[[手札破壊]]は1対1の交換を強いるカードが多く、このカードが出されると黒の[[呪文]]を使えば使うほど[[アドバンテージ]]を喪失してしまい、最終的にガス欠に陥る羽目になってしまう。
 
黒の[[除去]]や[[手札破壊]]は1対1の交換を強いるカードが多く、このカードが出されると黒の[[呪文]]を使えば使うほど[[アドバンテージ]]を喪失してしまい、最終的にガス欠に陥る羽目になってしまう。
  
しかし何よりやっかいだったのは、これが2[[マナ]]の[[エンチャント]]という点である。黒はエンチャントを全くと言っていいほど[[破壊]]できず、通常は手札破壊によって処理するのだが、2マナのこれは[[強迫/Duress]]などといった一部の手札破壊以外では処理が間に合わないことが多いのである。一旦[[戦場]]に出されると厳しい戦いを強いられ、2枚出されようものなら他の[[色]]で打開策を頼らない限り敗北は必至。
+
しかし何よりやっかいだったのは、これが2[[マナ]]の[[エンチャント]]という点である。当時の黒はエンチャントを全くと言っていいほど[[破壊]]できず、通常は手札破壊によって処理するしかなかったのだが、2マナのこれは[[強迫/Duress]]などといった一部の手札破壊以外では処理が間に合わないことが多いのである。一旦[[戦場]]に出されると厳しい戦いを強いられ、2枚出されようものなら他の[[色]]で打開策を頼らない限り敗北は必至。
 +
 
 +
[[スタンダード]]落ち後も最強の[[対黒カード]]の座は揺らがず、[[エクステンデッド]]や[[エターナル]]で活躍した。
  
 
*[[第7版]]に収録された際に、[[トーメント]]で強化された[[黒コントロール]]を、[[メタゲーム|メタ]]の中心からはじき出した張本人。
 
*[[第7版]]に収録された際に、[[トーメント]]で強化された[[黒コントロール]]を、[[メタゲーム|メタ]]の中心からはじき出した張本人。
 
*どこの[[領域]]から[[墓地]]に置かれたのかを問わない点に注意。クリーチャー除去などで戦場から[[墓地]]に置かれた場合、[[手札破壊]]で[[手札]]から墓地に置かれた場合、[[嘘か真か/Fact or Fiction]]や[[心の傷跡/Traumatize]]、[[石臼/Millstone]]や[[発掘]]などにより[[ライブラリー]]から墓地に置かれる場合、[[道化の王笏/Jester's Scepter]]などで[[追放]]領域から墓地に置かれる場合、[[解決]]された[[インスタント]]・[[ソーサリー]]呪文が[[スタック]]上から墓地に置かれる場合などがあり得る。
 
*どこの[[領域]]から[[墓地]]に置かれたのかを問わない点に注意。クリーチャー除去などで戦場から[[墓地]]に置かれた場合、[[手札破壊]]で[[手札]]から墓地に置かれた場合、[[嘘か真か/Fact or Fiction]]や[[心の傷跡/Traumatize]]、[[石臼/Millstone]]や[[発掘]]などにより[[ライブラリー]]から墓地に置かれる場合、[[道化の王笏/Jester's Scepter]]などで[[追放]]領域から墓地に置かれる場合、[[解決]]された[[インスタント]]・[[ソーサリー]]呪文が[[スタック]]上から墓地に置かれる場合などがあり得る。
 
**相手が[[フリゴリッド]]だとすごい枚数のカードが引ける。
 
**相手が[[フリゴリッド]]だとすごい枚数のカードが引ける。
 +
**ドローは任意であるため[[ライブラリーアウト]]の心配がないのもこのカードの強み。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:ウルザズ・デスティニー]] - [[アンコモン]]
 
*[[カード個別評価:ウルザズ・デスティニー]] - [[アンコモン]]
 
*[[カード個別評価:第7版]] - [[アンコモン]]
 
*[[カード個別評価:第7版]] - [[アンコモン]]

2019年9月13日 (金) 00:15時点における最新版


Compost / たい肥 (1)(緑)
エンチャント

黒のカード1枚がいずれかの領域から対戦相手の墓地に置かれるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。


地味に見えるが、おそらくの対における最強クラスの色対策カード

黒の除去手札破壊は1対1の交換を強いるカードが多く、このカードが出されると黒の呪文を使えば使うほどアドバンテージを喪失してしまい、最終的にガス欠に陥る羽目になってしまう。

しかし何よりやっかいだったのは、これが2マナエンチャントという点である。当時の黒はエンチャントを全くと言っていいほど破壊できず、通常は手札破壊によって処理するしかなかったのだが、2マナのこれは強迫/Duressなどといった一部の手札破壊以外では処理が間に合わないことが多いのである。一旦戦場に出されると厳しい戦いを強いられ、2枚出されようものなら他ので打開策を頼らない限り敗北は必至。

スタンダード落ち後も最強の対黒カードの座は揺らがず、エクステンデッドエターナルで活躍した。

[編集] 参考

QR Code.gif