さまよう噴気孔/Wandering Fumarole

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
11行: 11行:
 
*[[サイクル]]の他の4枚は[[クリーチャー化]]した際に同じ[[色の組み合わせ]]の[[魔鍵]]と同じ[[キーワード能力]]を得るが、これと[[イゼットの魔鍵/Izzet Keyrune]]はどちらもキーワード能力を持たない。
 
*[[サイクル]]の他の4枚は[[クリーチャー化]]した際に同じ[[色の組み合わせ]]の[[魔鍵]]と同じ[[キーワード能力]]を得るが、これと[[イゼットの魔鍵/Izzet Keyrune]]はどちらもキーワード能力を持たない。
 
**青赤には共通するクリーチャー向けのキーワード能力が長い間存在しなかった([http://mtg-jp.com/reading/translated/mm/004009/ 参考])。[[タルキール覇王譚]]で[[果敢]]が加わったが、クリーチャー化に[[マナ]]を費やさなくてはいけないミシュラランドとは相性が悪い。
 
**青赤には共通するクリーチャー向けのキーワード能力が長い間存在しなかった([http://mtg-jp.com/reading/translated/mm/004009/ 参考])。[[タルキール覇王譚]]で[[果敢]]が加わったが、クリーチャー化に[[マナ]]を費やさなくてはいけないミシュラランドとは相性が悪い。
*“Wandering”は、土地や地形を形容している場合は「[[蛇行する川/Wandering Stream|曲がりくねった]]」と解釈するのが普通だが、ここでは生物風に「[[さまようもの/Wandering One|さまよう]]」と訳している。ミシュラランドであることを踏まえたダブルミーニングだろう。
+
*“Wandering”は、土地や地形を形容している場合は「[[蛇行する川/Wandering Stream|曲がりくねった]]」と解釈するのが普通だが、ここでは生物風に「[[さまようもの/Wandering Ones|さまよう]]」と訳している。ミシュラランドであることを踏まえたダブルミーニングだろう。
  
 
==関連カード==
 
==関連カード==

2020年3月26日 (木) 22:04時点における最新版


Wandering Fumarole / さまよう噴気孔
土地

さまよう噴気孔はタップ状態で戦場に出る。
(T):(青)か(赤)を加える。
(2)(青)(赤):ターン終了時まで、さまよう噴気孔は「(0):ターン終了時まで、このクリーチャーのパワーとタフネスを入れ替える。」を持つ青であり赤である1/4のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。これは土地でもある。


青赤ミシュラランド回れ右/About Face内蔵。

1/4または4/1として攻防に柔軟に働けるのが特長。特に、精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragonなどのリセット後に4点の打点を確保できるのは中盤以降の攻防において大きな意味を持つ。ただ、一見すると能力によって火力除去に強そうだが、解決時のパワー/タフネス入れ替え効果は強制のため、能力に対応して火力を打たれるとどうしようもないことには注意。

スタンダードはもちろん、モダンでも残酷コントロールなどの青赤を含むコントロールデッキで使われている。ただしを含む場合は天界の列柱/Celestial Colonnadeの方が勝るだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

戦乱のゼンディカー・ブロック対抗色ミシュラランドサイクルタップインデュアルランドでもあり、対応する2マナ支払うことでクリーチャー化する。

[編集] 参考

QR Code.gif